人のセックスを笑うなの作品情報・感想・評価・動画配信

「人のセックスを笑うな」に投稿された感想・評価

山崎ナオコーラの傑作小説の映像化。
原作のリズム感は感じなかったけれど、永作博美と松山ケンイチの作り出す空気は悪くなかった。

ユリが既婚者だと解ってから、みるめの心中は当然穏やかじゃないんだけれど、その後ユリと寝た時に見せた安堵感から来る弱さがユリにとっては別れを決断させるタイミングだったんじゃないかな。
ここで心の機微を顔色一つで演じた永作博美の凄いところです。

みるめは友達に恵まれて良かったよね。
ホント救われたね。
jam

jamの感想・評価

-
真夏に見た冬の映画。フード被りたいな。さっむいところでストーブで温まりたいな。お酒美味しそうだな。ユリは無敵。えんちゃんは綺麗。みるめくんはばか。39歳に19歳は勝てるのかしら。

画良し。
ラストの言葉に「そうだよね」って今なら思えちゃうの、ちょっと悲しかったりする

受験生のときほんとに永作さんみたいな講師いたら死ぬほど感化されて、今頃さらに茨の道へ突き進んでたろうな、あぶないあぶない
いけこ

いけこの感想・評価

3.8
タイトルと中身にギャップがありました。
大学生らしいモラトリアムの空気が存分に漂っていました。永作裕美、松山ケンイチ、蒼井優、それぞれの演技と対話と演出と素晴らしかった。

ただ、言葉数も少なく雰囲気を重視したまま終わったので、何が伝えたかったかはよく分かりませんでした。それで構わない作品なのだろうね。
Momoka

Momokaの感想・評価

3.5
しれっと展示会のお菓子を全部1人で食べてしまう蒼井優かわいい。
大人な映画かと思ったら案外ゆるゆるだった。
なぜこのタイトルなんだ。
タイトルと内容のミスマッチ

年上の女性に大学生が振り回される話、でいいんだろうか
人に紹介してくれと言われてもうまく伝えられる自信がない笑

決してつまらないわけではないけど、内容の重さをコミカルに軽快な音楽で薄めている
かと思いきや間を使ってどこか落ち着かなくさせてくる

なんとも意地悪な映画である
Nove

Noveの感想・評価

3.6
井口奈己監督のリズムなのか、だらっとしているが飽きさせない。やっぱり永作博美に誘われたら付いていくよな➰
ポ

ポの感想・評価

4.0
久しぶりに見た。
フィッシュマンズ見た後だからか、年とったからか前より好きだと思った。

「甘いのがココアです」印象的なセリフ

蒼井優と松山ケンイチがとにかく強かった。
みゆ

みゆの感想・評価

3.8
自由奔放で子どもみたいなのに、サラッとしてて大人の余裕があるユリが魅力的やった。
ユリとみるめの会話が自然でかわいい。

ふわふわゆらゆらした映画で良かった。
ひなこ

ひなこの感想・評価

3.5
みるめが本当にユリのことが好きだということが自然な会話から察せられてよかった。本能のままにふるまう年上の女性、めちゃくちゃ素敵だと思った。
>|