パンとバスと2度目のハツコイの作品情報・感想・評価

パンとバスと2度目のハツコイ2017年製作の映画)

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:111分

あらすじ

「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と、独自の結婚観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日偶然再会したところから物語は始まる。 プロポーズされたものの、結婚に踏ん切りがつかず元彼とサヨナラしたふみと、離婚した元妻のことを今でも忘れられないたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキ…

「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と、独自の結婚観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日偶然再会したところから物語は始まる。 プロポーズされたものの、結婚に踏ん切りがつかず元彼とサヨナラしたふみと、離婚した元妻のことを今でも忘れられないたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストーリー。

「パンとバスと2度目のハツコイ」に投稿された感想・評価

さ子

さ子の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

「面白くなかった」
って片付けられることも出来るくらい
なんにも起こらない
起こらないすぎて、なにかこれから待ってるんだって信じるけど、やっぱり最後までなんにも起こらない。


「何も起こらない」
だからこそ日常なんかな?
毎日毎日なんかが起こるわけじゃない
でも細かい部分が見ている人に訴えるものがある。セリフとか、。
「付き合ってないから一緒にいられる」
なんか、共感というか
そうか、確かにそうかも!
ってなる。
気づかせてくれるというか。

山で叫ぶシーンは
こっちまで恥ずかしくなるくらい
見てられんかった

伊藤沙莉はなんかすきやなぁ

評価高めやけど多分これは
元乃木坂の子がかわいかったからやと思う

洗車中を見るのが好きってわかるなあ

あの病気の設定っているん?
だれか教えて欲しいくらいモヤモヤする

1人映画のよさに気づいた

レビューでよくみる「たまにはいいよね」ってそう、そういう感じ
kanozo

kanozoの感想・評価

3.6
久しぶりに誰の血も流れない映画。
まぁたまにはいいよね。
世の中なかなか上手くいかないものである。
さっこ

さっこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

何にも起こらない、という評があったけど
たしかに何にも起こらなかった

ふみとたもつは恋人にならなかったし
たもつは再婚もできなかったし
変わったのはたぶん洗濯機ぐらいだ

孤独とはコインランドリー

必要とされる時を待つ空間 ということだろうか?

片想いだからずっと好きでいられる
本質を知るべきか 触れずにいるべきか

なんでもない関係 という関係は
居心地が悪いけれど 居心地が良いね
katohy

katohyの感想・評価

4.5
なにも起こらないのだけど、いろんな事が詰まっていて、台詞もグサグサきた。
お見事。
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2018.2.19 イオンシネマ海老名

後半やや失速するが、『退屈な日々にさようならを』において、女性が眠りゆく男性に送っていた眼差しのようなものが本作でも再見されたのは良かったし、「パジャマシャツ」を着た深川麻衣が自宅の外に出て電話をするなどの何気ないシーンの撮り方もやはり格別で素晴らしい。今泉力哉が「日本のホン・サンス」と呼ばれていることを真っ向から否定したがるミュージシャンがいるけど、少なくとも、今泉力哉がホン・サンスなどに通底するような演出を施すことが出来る数少ない映画監督の一人であるのは間違いないと思う。
特にハプニングのないストーリー。愛とか恋って何なんでしょうね。
とにもかくにも、「ふ、深川」
Minita

Minitaの感想・評価

4.0
この世界の息遣いに自然に合い、するすると見入ってしまう素晴らしさ。ずっと好きでいるって、非日常が日常になってもどこか孤独の居場所を抱えることかな。幸せで寂しい。いつのまにか混沌としてしまう好きを濾過した上澄みの、始まりの気持ちを思い出すような。

風にまいあがるパンのビニル袋、口元の2つのほくろ、
自分の日常であり相手の非日常である景色。
TaiRa

TaiRaの感想・評価

5.0
乃木坂も三代目もよく知らないけど、主演の二人が凄い魅力的に見えた。女の子の良い香りとか焼き上がったパンの香りとか、そういうのがスクリーン越しに感じられた気がした。

恋愛とか結婚ってそもそもいい加減なものかもしれないけど、そうなると変に真面目な人には大変なんだろうな、愛とか恋とか。人の気持ちって、言葉の発し方や表情の微かな動きや目線なんかに表れたりするけど、そういう瞬間を丁寧に見せてるから今泉監督の演出は好き。涙を流しそうな時は代わりに目薬が流れるのも良い。本当の涙は不意に流れたりする。再会のきっかけは風が強く吹いただけってのも好き。生活のルーティンが少しだけズレた時にドラマが始まる。姉妹のじゃれ合いの可愛さも堪んない。妹は、というか女の子は少しの変化も見逃さない。パジャマのくだりと編集の遊びが良い。女の子の気合いはヘアスタイルに出る。関係ないけど、ああいうのに気付ける男はモテるんだろうな。メール一文でガックリきた時の心の声が聞こえた気がした。バスの洗車は初めて見た。外側からも内側からも。洗車を車内で待つ二人、ちょっと色っぽい。初恋の子は今でも好きだな。嫌いになるきっかけもなかったし。
y

yの感想・評価

3.8
あれ、わたしこれ、結構好きだ。

わたしは「なんかね」を多用しがちで、それがあんまり好きでないんだけど、ふみの「なんかね」は可愛くていいなあって、ぼんやり思った。
「なんかね」「あのね」「ううん」の言い方が好きだった。瞬きをゆっくりする人だ、素敵だ。嗚呼、この人はかわいい人なんだって、思った。

あー、考えること、とても分かるなって、思っちゃった。いつだかにわたしも同じようなことを口にしてたなって、思い出した。意味不明なんかじゃなかった。

孤独って、案外手放せない。わたしは知ってる。
良かった〜。ほのぼのしててちょっと変。まいまい応援してます。
>|