パンとバスと2度目のハツコイの作品情報・感想・評価

パンとバスと2度目のハツコイ2017年製作の映画)

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と、独自の結婚観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日偶然再会したところから物語は始まる。 プロポーズされたものの、結婚に踏ん切りがつかず元彼とサヨナラしたふみと、離婚した元妻のことを今でも忘れられないたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキ…

「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と、独自の結婚観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日偶然再会したところから物語は始まる。 プロポーズされたものの、結婚に踏ん切りがつかず元彼とサヨナラしたふみと、離婚した元妻のことを今でも忘れられないたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストーリー。

「パンとバスと2度目のハツコイ」に投稿された感想・評価

めんち

めんちの感想・評価

3.5
健二郎さんを観に行ったのですが、深川麻衣さんが普通に普通の人の役が上手くてびっくりした。乃木坂の人としか思ってなかったけど、乃木坂感はなくて、普通に女優さんでした。アイドルやったけど、もう女優さんなんやな。健二郎さんはもっさりした男の人の役でもっさりしてました😆
標準語 まだ違和感あるので頑張れ👍です!
舞台挨拶を含めてスコアは5兆点です
女優深川麻衣に一生ついていくことを決めました(ファンになってから1ヶ月)
まさかの一番前の真ん中だったので記念撮影のときに目の前に座られてやばかった
カズマ

カズマの感想・評価

3.8
はじめての舞台挨拶付き上映会。
まいまいはテレビで観てたまんま聖母でした。
美しかったです。

人を好きになるってとっても難しい。
ルクセンブルクってどこだ。

映画はエンドロール終わるまでが映画だと思うので、観ずに帰るなら静かに出てって欲しいし、感想言いたいなら外に出てからにしようね。
たくま

たくまの感想・評価

4.0
物語の流れは終始平行線なんだけれども女優深川麻衣の不思議な魅力にどっぷりはまっている自分がいました。最近見た恋愛映画では一番おすすめです。
skip

skipの感想・評価

4.0
こういうテンポ感は好き。だし雰囲気に終わらない。なんだかとってもふわふわしてる憂鬱な現実はたとえフィクションであると自覚してるからこそ癖になる。とても心地よい空間でした。
かん

かんの感想・評価

-
登場人物の生活が丁寧にシーンに組まれてる映画が好きなのでこの映画も好きな感じでした。日常を好きになるいい映画でした。

刺さる言葉が多いというよりかは、わりと誰もが言われたことあるだろう、とか、あの時こう言われてたら…というような言葉が多いのかも。
自分に重ねて消化するような。

たもつの斜め後ろから見る襟足具合を大画面でみれて幸せでした。あのショット素晴らしい。

ふかふかのパンが食べたいなぁ。

サッドティーも見たくなりました。
lp

lpの感想・評価

4.3
『サッドティー』や『知らない、ふたり』に連なる新たな今泉流恋愛映画の誕生!

開始1分で今泉ワールドが広がる掴みの早さの時点で良い。
今泉監督の哲学が反映された個性的な恋愛観を持つ主人公が、初恋の相手と再会したことで、独創的な話が広がる。散見されるメタファーや寓話から、物語の本質を掴む必要があるため、見応えはバッチリ。

独特な間が支配する巧みな会話劇は今作でも健在。風に舞うビニール袋を皮切りに物語が動き出すシーンや、終盤のロングショットは監督の手腕が遺憾無く発揮されていて舌を巻く。独自の美を掴む主人公を讃えたラストの後味も爽やかで良い。

今泉監督の「変わってるけど、癖になる映画」を撮る才能は本当に稀有なもの。気が早いけど、次回作にも大いに期待!
緋色

緋色の感想・評価

3.0
苦手な監督なのに観ちゃう。2つの黒子が視力検査のドットになり、その瞳に目薬をさす様に家の蛇口から水滴が落ちる。本当は洗車するときに窓硝子を伝う水みたいに涙を流したいのかもしれない。油断していると泣いてしまう。深川麻衣のファッションショーが素晴らしいので3点。
さおり

さおりの感想・評価

3.0
深川麻衣ちゃん目当てで見に行ったけど
寝そうになってしまった
パン屋で働く市川ふみは、結婚に踏ん切りのつかない恋愛こじらせ女子。付き合っていた彼からプロポーズされるも、「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」という独自の結婚観で断ってしまい、そんな彼とも疎遠になってしまった。そんな彼女の趣味は、仕事終わりに職場のパンを食べながら、近くのバス操車場でバスの洗車を眺めることくらい。そんなある日、彼女の中学時代の初恋相手であるたもつが、職場のパン屋にやってきた。彼は離婚した元妻のことを忘れらずにいるモヤモヤとした状態だった。学生時代より忘れていた淡い恋心が、小さくそして確実に再燃していくのだが。。2016年にアイドルグループ『乃木坂46』を卒業した深川麻衣の初主演作。「退屈な日々にさようならを」の今泉力哉監督が映し出した作品。

今年出始めで高評価した「ミッドナイト・バス」に引き続き、同じバスもので高評価した作品に出会えました(笑)。それも味わいとしては、あちらは家族劇で、本作は恋愛劇という違いはあるものの、同じような淡々とした描写の作品になっています。この独特の作品全体流れるゆったりとしたリズム感が、まずのどかでいいんですよね。京都の映画ではないですが、バス社会であり、そして喫茶店(カフェ含む)とパン屋さんの数では日本一といわれる京都に住んでいる者として、美味しそうなパンが出てくるのも楽しい(まぁ、パンだけあまりフューチャーはされていないですけど)。途中、パンやお菓子を作るシーンがあったりと、料理と映画という鉄板の組み合わせを作り出したり、朝活主体の今の自分にとって、パン屋の早い朝のシーンも結構味わい深かったりと、僕自身にとっても「かもめ食堂」的な心の琴線に触れるようなシーンが多くて、それだけでキュンキュンとしてしまう作品であったりするのです。

と、素敵なシーン満載という理由だけではなくて、恋愛映画としても少し独特な世界観を描いています。いわゆる初恋の人との再会から、恋が再び盛り上がるという展開のお話ではあるのですが、それは友情以上恋人未満というか、人を優しく思いやる気持ちというところにとどまっているのが、逆に少し大人な恋愛劇に仕立てられているなと感じるのです。それに主人公ふみの結婚観も独特ですが、いつまでも別れた女房のことを想いながら次の行動に出れない超草食系のたもつであったり、中学時代にふみに告白し、友人以上の感情をいだきながらも、今は子どもに愛情を注ぎまくっているさとみに象徴される同性愛観など、何だか出てくる恋愛のピースがちょっと現代的なのです。それでいて、それぞれのキャラクターがやはり恋に振り回される、すごくナイーブな配置になっており、各人にすごく共感してしまう要素もあるのです。無論、肉食系な人には些細なことでヤキモキしている彼らの行動は野暮ったさ以上なものはないのかもしれませんが(笑)。

それに一番驚いたのは、終盤に出てくるふみがたもつを自宅に誘うところでしょうか。実家から妹が居候できていると分かっていながら、素っ頓狂なまでに誘うふみもそうですが、ひょっこりと一夜を三人で過ごしてしまうたもつにも驚きます。ただ、普通なら出会うはずのない、出会わせるとドギマギするような関係でも同居できてしまう感覚というのが、本作に流れている現代の若者的感覚なのかもしれないな(同時に、自分はオッサンなんだな)と理解できるシーンで、本作の象徴のようにも感じます。この奇妙な3人劇は、「幕が上がる」のアイドルグループの舞台劇であったり、「ハルチカ」での音楽室での長回しシーンであったりと並ぶくらい、日本映画の中で突出した演出シーンの1つになっていると思いました。
>|