パンとバスと2度目のハツコイの作品情報・感想・評価・動画配信

「パンとバスと2度目のハツコイ」に投稿された感想・評価

バシ

バシの感想・評価

4.2
健二郎さんがなー。
ひねくれた恋愛観はなんか今泉作品ぽい。
こののんびりとした雰囲気も好き。
結論好き。
Hokkaido

Hokkaidoの感想・評価

3.0
小さな日常を描いた作品で、大きな事件が起きる訳でもなく、かつ凝った作りではありませんが、逆にプレーンで奇を衒った所が無く観やすい作品でした。
メリハリを好む方には物足りないかもしれません。
ストーリーに加え、台詞にも変にこねくり回したソフィスト系哲学臭漂う表現を使わない所も好ましく思えました。

以下どうでも、、、
・以前観たのをすっかり忘れて、お~このバス車庫、良く撮影で使われるんだなあ、前に観たのはどんな作品だっけ?等と呆けた事を考えてしまいました。
・確かに硬いバゲットは結構硬いかもしれませんが、流血沙汰まではどうでしょう、意外に凶器性高かったりして。
・大室山とか懐かし過ぎです。
友二朗

友二朗の感想・評価

5.0
【Alone Again】

たぶん、永遠に好き。
自分はこれが好き。

『孤独の発明』
ポール・オースター

『付き合ったり結婚したりしてないから、ずっと居られるんだと思う』

なるほどな〜。

『好きだった人のこと、付き合わないで嫌いになれる?なれないよ。だって嫌いになる程よく知らないんだから』

最高の作品。
ここまで心に刺さる作品、それを毎度作り出す監督は他に存在しないだろう。

いやパン屋さんにこんな人おったら0秒で恋します。可愛いが過ぎる。

パン屋さんで働いてる人ってさ、パン屋さんの外でもパン屋さんみたいやよね。意味分からん事言うてるけど。

フランスパンで殴るのおもろ。
意外と痛そう。

その時私は、2人の愛情を羨ましく思っていた。どうしてそんなに深く人を愛せるのだろうかと。

結婚が絶対だと思わない。

じゃあふみは、俺の事ずっと好きでいられるか分かんないってこと?

そりゃそうやろ。

私は今までの彼女と何が違うの?なんでその人達とは別れたのに、私とは別れないって言い切れるの?
そんな事言ったら世の中の人は誰も結婚できないじゃん。
でしょ?
でしょ?じゃなくて!

自信がないの。私の事ずっと好きでいてもらえる自信もないし、柏木さんの事をずっと好きでいられる自信もないの。

緑内障、なるものを初めて知った。
自分が恥ずかしい。

てか深川麻衣可愛いすぎる。
流石にもう"まいまい"とは呼ばない。

「持ち歩いてないんだよね携帯」
好き〜〜

「携帯だよ?携帯してよ〜」
笑笑

気になる?
ううん。てゆうか、お姉ちゃんに彼氏いる方が驚いたから。

この、圧倒的可愛さを誇るビジュアルで、なのにモテてなさそうな演出が上手い。

バスの洗車見ながら食うパン。
ルーティン。

あぁ、仕事中ごめんね。今度良かったらメシでも。はいこれ、連絡先。

んーーーー、俺こんなイケメンな流れできへんよ。かっこいいな。

はい気をつけ、おやすみ

こっちがにやけちまうわ。
なんじゃこのハートフルKAWAII

若い女が、いっつもパン食いながらバスの洗車見てるって。

なんでパン屋になったの?
パンが好きだから?

だから多くないと思うよ?
美大からパン屋。

台詞のセンスまじでツボに刺さる。

でさ、これいっつも観ながらスマホに打ってるんやけどさ、そのシーン見ながら思ったこと打つスタイルなんよ。今これ居酒屋のシーンなんやけど。

何回目か分からんけど、
深川麻衣可愛いすぎる。

俺の好きが分からない。私を思う気持ちが分からない。不安だよって。

子供ができていいってことが、愛情表現になればなって思っちゃったんだよね。それで伝わればなって。すごい情けない話だけどね。

洗車中のバスに乗ってみたいの
可愛い〜〜笑笑

山下健二郎の演技、この作品にすっごくよく合ってて大好きになれる。

目薬が泣いてるみたいで綺麗。

うわー、丁寧な暮らしや。素敵。

それでも描くんだ。
うーん、なんで描いてるのかよく分かんないけど。
それで描けるのが1番強いよ。

え?それパジャマでしょ?
は?パジャマじゃないから。
パジャマシャツだから。

お姉ちゃんが好きだった人と、
お姉ちゃんを好きだった人。

でもリコいつ家にいるか分かんないし、私が選んだらパジャマシャツで行っちゃうからさ。

服選びシーン可愛いすぎんだろ。
心が浄化されてゆく。

え"ー!伊藤沙莉!?
今泉作品出てたんや。

そう。星サトミから石田サトミ。結婚して、星が輝きを失って、石ころになりました。

え深川麻衣の髪型かっわい。

えなんで泣くの!?泣かないでよ!?
えへへなんでだろ。

ふみちゃん結婚してないのー?
してないよ?
モテないのー?
モテないのかな?どうだろ
好きな人はいるの?
どうかなー?今はいないかな。
好きな人がいない人なんているんだ。

すごいよね。浮気されたのに、相手のしたいようにしてあげるって。

ダメだよ。タモツに惚れたら。
惚れないよ。いつの話よ。

私やっぱりふみの事好きだなって思うよ。いや変な意味じゃなくて。だってもう一生会えないって思ってたから。

バスの洗車に乗るって、
シュールすぎる笑

こんなにシュールなのに、なんでこんなに美しいシーンなんだろう。なんでこんなに現実を忘れられるんだろう。

ううん。楽しかったよ?
そっか。ま俺にとったらただの日常だけどなー。慣れって嫌だな。

「何?聞くよ?」
この台詞かっちょいーーー。

「ずっと」が分からなくなっちゃって。

私はたぶん1人になりたくなっちゃう人なんだと思う。1人の時間が欲しいとかじゃなくて、付き合ってても物理的に1人の時間はあるじゃん?そうじゃなくて、寂しくなりたい人なんだと思う。あと人から好かれるとなんか引いちゃうんだよね。
へー、贅沢な悩みだな。じゃあ俺がふみの事好きになったら、俺らの関係も終わりなんだ。
そう。だから、お願いだから好きにならないで。
なんで上から目線なんだよ笑
好きにならないくせに。

素晴らしい台詞回し。
ほんとに素晴らしい台詞回し。

どうやったら、そんなにずっと1人の人を好きでいられるのかなと思って。
うーん、分かんない。だって、普通に好きだから。
なんかすっごいムカつく。
なんでだよ笑

コインランドリーのカット。
美しすぎる。この映画やばい。

『孤独なの?』

「ねえ、孤独って何?」

ここには孤独と名の付いた本が沢山あるけど、それは本当の孤独じゃないんだって。この空間が孤独なんだって。そのおじいさんが言ってた。皆壊れた時だけここに来て、治ったらいなくなるからって。

洗濯機とは、新しい恋。

お姉さんももう来なくていいよ?
大丈夫。孤独は俺が守るから。

私はたまに来るよ。
私には必要だから。

絵ってさ、完成がないじゃんか。

その瞬間に分かるってゆうか、最初から最後が見える訳じゃなくて、あぁ終わるなー、もう終わりだーって気づくというか。

でもたまに、あーあの時が終わりだったんだーって後々気づく時があって、その時はもう蛇足というか、もう良くなる事はないって分かってるのに、ダラダラ描き続けちゃうって事はあったかも。

私今の絵そうなってるかも。
そういう時は、驚くほど雑な所で終わらせたらいいんだよ?
なんで?
自分で思った最高の終わりは、もうやってこないんだから。
そっか。

おお。それはそれは。
じゃ時間とか決まったらまた教えて。

ありがとう。
持つべきものは、友達だな。
「友達だな」

いやなんか、泥棒みたいだね。
なんでだよ笑 なんも盗るなよ?

いやほんまに、あんまないで?
家主おらん家に入るの。

あ、クッキーとかも簡単?
アイコにもなんか作ろうかなと思って。

んあー?結構それ複雑やぞ?

「うん。結婚しよ」
このシーン、グッと来るなあ。

唇が可愛い深川麻衣。
なんともいえん唇してる。

木の枝にジャンプしてドン引きする2人。

一つ一つのセンスが光ってる。

「どうでもいいよ。ホントかどうかなんてどうでもいいよ。今私は感じたよ?甘い匂い」
はい私今この瞬間、惚れました。

「好きだった人のこと、付き合わないで嫌いになれる?なれないよ。だって嫌いになるほど知らないんだから」

その気がないなら、それをちゃんと
伝えてあげて。

なんで私を描こうと思ったの?
なんで?なんでたろ。興味があるからかな?知りたいって思ったのかも。お姉ちゃんの時間を。

私は、私にしか描けないものなんかないって思っちゃったんだよね。それだけよ。なんか自分の存在が恥ずかしくなっちゃったの。だから描いてくれてありがと。

中学の同期か〜。今会ってもこんな関係にはならんなーたぶん。

なんかフミにも見せたいなーと思って。

んあ!思わせぶりやないか。

なんかなんでも忘れちゃうね。
でも来たら思い出すんだね。

男は皆くるりの「東京」が好きだからって

フミと付き合うなら結婚して
結婚できないなら付き合わないで

ごめんなさーーーーい!
俺は今でも愛子が好きだー!
だからフミとは付き合えなーーーい!!

あん時は俺もフミの事が好きだったー!
再会した今もフミは魅力的で、だいぶ惹かれてる自分がいるーー!!

でも、昔とフミと、今のフミの間に出逢った愛子の方が好きだー!でも愛子は別の男の事が好きで!そいつと一緒になりたいらしい!どうしたらいいんだー!!

ルクセンブルク

なのに突然初恋の人が現れて、しかも相変わらず魅力的だー!

前には、なんでタモツが1人の人をずっと好きでいられるか分からないって言ったでしょ?今分かったよ。片想いだからだよ。愛子さんは全然アンタの事好きじゃないんだよ。

アンタが思ってるほど愛子さんはアンタの事思ってないんだよ。自分でも分かってるでしょ!?

どうでもいい好きだーーー!!!!!!

なあにこの関係。
どうしたらいいの。

フミに見せたくて連れて来たんじゃない。俺、ここで愛子にプロポーズしたんだよね。もう一度ここでしようとして、断られて、それで1人で来れなくて、

それこそどうでもいいよ。
実際気持ちよかったし。

そいつすっごいいい奴でさ。

こうゆうのを、さっきの山の上から見れたら良かったんじゃない?
そうだな。ずっとどこかズレてんだよな。
愛子さんと見れたら良かったね。
そうだね。
ルクセンブルク。
お前、いじわるだな。

ありがとね。
ん?
寝ないでくれて。
そこ?
今日一日付き合ってくれてじゃないの?
ああ、それも。
それも笑

見たい?
見たい
今日 うちに泊まれる?

ヒェッ

何アンタ、異性の友達とかいないの?
お姉ちゃん知ってた?異性の友達ってどっちかがどっちかのことを好きなんだよ?

めっちゃ良い長回しやな。
流石です監督。

めちゃくちゃ上手いのに、
なんで辞めちゃったんだろ?

なんか、この青の感じ?
あと、なんか美術館に飾ってあります、
みたいな。ほらこのボコボコしてる感じ

へぇ、凄いね。
寂しいね。なんか。

何をきっかけにこうゆうの描こうってなるのかな。俺の人生にそんな瞬間なかったもんな。

タモツさん馬鹿ですね笑

俺なんかが絶対分かんない理由で、
辞めちゃったんだろうね。

あ、お風呂どうする?
着替え貸すけど。

ヒェッ

やっぱパジャマだね。

うん。すごく良い絵やな。

いやめっっちゃ綺麗やな。
青の世界。だんだん染まりゆく青の世界。
全ての人が観れるの。早起きするだけで。

パン屋で働く理由。

「これが、私の日常」

「分かるか。大人よりも」

付き合う?俺達、付き合う?
いいよ。その代わり、絶対私の事好きにならないでね。
じゃあ、やめとこ。

『その魅力の本質を知ってしまっても、憧れ続ける事ができるのであれば』
たまに朝番組で見かける山下健二郎さんの演技を見るのは初めてでしたが、彼の起用は面白いと思いました。

主人公の再会した彼に惹かれる気持ちが自然に感じたので、二人のキャラクター設定は成功していたと思います。

ただ、ゆったりとしたテンポは、この作品の良さでもあるかもしれませんが私には遅すぎて、ストーリーも一回観ただけで十分の内容。
記憶に残るとしたら、一度訪れたことがある大室山のシーンだけになりそうです。
太

太の感想・評価

3.5
タイトルまんますぎて笑ったネ。登場人物が少ないからか今泉力哉感はあまりないかな〜。結婚しないから、付き合わないから、異性でも一緒に居続けることが出来るというのはなんかわかるな。付き合わなかった人って好きだった思い出しかないし、嫌いになる理由もないから久々に出会っても良いなって惹かれちゃうんだよね。緑内障と孤独もなるほどねってね。
suzu

suzuの感想・評価

4.2
ポップなのに哀しくて、これは孤独についての物語だ。セリフが良くて色々と刺さりすぎた。初恋の人は付き合わない限り嫌いになれないとか。最高の終わりの瞬間を通り過ぎちゃったら、驚くほど雑なところで終わればいいとか。バスの洗車を車内から見るシーン良かったな。時間は止まって、静かに情緒が溢れて。
たかし

たかしの感想・評価

3.3
まあ、タイトル通り♪
ちょっと今泉節は、控えめだったかなぁ~

好きって気持ち、ややこしいですよね。

洗車機にかかってるの、車の中から見たいのわかります♪(^-^)
Furuyama

Furuyamaの感想・評価

3.2
生活感、日常感が漂う全体の雰囲気やテーマは良かったけれど、少しのっぺりし過ぎているとも思った。
ma

maの感想・評価

3.8
中盤までちょっとダレていたような感じがあったのだけど、伊藤沙莉が出てきた瞬間「沙莉、、沙莉じゃないか!」とテンション爆上がり。なんなんだろうね彼女の安定感。

片想いの多い人生を送ってきたわたしには、ところどころやわらかく刺さった。
もっとも長く続く恋は片想い。ほんとうにそう思う。
片想いはひとりで見る夢。心と心が向き合って触れ合うと、見たくないところまで見えてしまうことがあるからね。

わたしには数年前にすごく好きだった人がいたのだけど叶うことなく、今はその恋が愛に昇華してお互いにとって大切な親友になっている。
恋の感情はもうないけれど、もし付き合っていたとしたらこの空気感ではいられないだろうなとよく考える。
そういう風に、何かを諦めることで心地よく続いていく関係がたくさんあるのだろうなと思った。
2047本日。落ち着いた雰囲気で、ゆったり見られました。私の好みとしては、もっとドラマが欲しいと感じました。それでも、日常のエピソードを上手に切り取って、恋の不確かなもどかしさをよく描いています。女優さんたちの自然な演技もいい味を出していると思いました。
>|

あなたにおすすめの記事