パンとバスと2度目のハツコイの作品情報・感想・評価

「パンとバスと2度目のハツコイ」に投稿された感想・評価

アヤコ

アヤコの感想・評価

1.0
人間の「好き」には二種類あって、一つが本能的肉欲的な好き、もう一つがこの人に愛を尽くすと選択するgiveの精神に基づいた愛らしい。
前者は女性で言うとドキドキするとか守られたいっていう気持ちになるが、これはエストロゲンとフェニルエチルアミンっていうホルモンが成している業だとか。
そしてこのフェニルエチルアミンは三年間しか持たないらしい。3年経てば恋愛感情がなくなるってのも最もなことってことだ。

一方本能的な「好き」が一定の期間を過ぎてしまったら、あとはその人に愛を与えるかどうかの選択になる。
たとえばアフリカの飢餓で苦しむこどもに寄付するか、みたいなのは「愛するという選択をすること」である。
となると、そこから人を永く愛し続けられるかどうかは、自分で選択するだけってこと。

好きでいられるか分かんないじゃなくて愛する覚悟を決めよ。
naoshi

naoshiの感想・評価

-
本当に傑作ですね、これは。ダイレクトに切実なテーマです。室内転じて風が吹き抜けるようなショットが気持ち良い。百年の孤独がまた。
題名に惹かれて手に取ってみた
日常的な描き方がすごくリアル
それと主人公の結婚対する思いもリアル笑
画面から落ち着いてて優しい雰囲気が
溢れ出てる
可愛いし、カッコいいし、2人ともお酒が飲めないあたりも良い。
パン屋を始めた理由が、夜明け前のあの青々とした空があるからだと言う。分かる。
片想いの気持ちはそれぞれの節目節目で成仏させなければいけないが、その気持ちが終わってしまうのもまた辛くて、もどかしい。
ただ、観ていて俺はあまりパンが好きじゃないという事を思い出してしまった。
大室山の頂上で好きな子とおにぎり食べたい。
Yま

Yまの感想・評価

3.9
見ながら色々と昔のことを思い出したりして。良い映画だったと思うんだけど上手く書けないので、とりあえずまいまいは最高でした。

元アイドルとかそういう先入観なしで見てほしいと思います。
スノウ

スノウの感想・評価

3.0
日本映画独特のまったりした空気感の映画
まったりしたり、あまり深く考え事をしたくない時に見るのにオススメ!

まいまいの演技力が思った以上に高くてビックリした
細かい演技のうまさが素晴らしい!

ところで主人公の設定の1つが謎だったんだけど、あれは主人公の恋を別のものに置き換えているっていう演出なのかな?
nrt

nrtの感想・評価

3.8
見る人の解釈次第で、色々と考えさせられる絵画みたいな映画だと思った。
最初は退屈だなーって思ってたけど、気づいたらじっくり見てしまっていた。めちゃくちゃエモい。
好き嫌いはっきり別れそうだけど、個人的に好きでほっこりした。
結局はまいまいが可愛い!
クリス

クリスの感想・評価

3.6
恋が面倒臭くなってしまったイマドキなパン屋女子と離婚したのに奥さんに未練が有るバス運転手の爽やかな恋愛が描かれていてなかなか良かった。

孤独で寂しくありたいって感情は何となく分かる気がするし、付き合ってた彼氏から結婚を申し込まれても今後自分が彼の事を好きでなおかつ自分の事を好きでいてもらえるか分からないってのも
真面目か❗ってなるけど納得してしまう部分もある。

まいまいの「お願いだから私の事を好きにならないでね?」って
キュンとする‼️
Ryo

Ryoの感想・評価

3.1
今泉監督の作品にはいつも可愛い女の子がたくさん出てくる。そしてさりげなく可愛いしぐさをじっくりカメラが追う。姉妹のシーンはちょっと男性の妄想が入ってる感じだったけど。現実的にはあんなやり取りするかなぁ?

片想いだからこそ、ずっと好きでいられるっていうのは真理だよなあ。

だからといって、片想いのままでいたいとは思わない。孤独は好きだけど。
作品の空気がとても好きだった。
音が無いシーンだったり、セリフが無いシーンだったり、ふんわりとした軽い雰囲気が良い。
主演の女優さんもとてもナチュラルで自然、ハマり役に見えた。

漠然とした、言葉にするには難しい、孤独を好む人は共感しそう。私は主人公にめちゃくちゃ共感した。
>|