ストロベリーショートケイクスの作品情報・感想・評価

「ストロベリーショートケイクス」に投稿された感想・評価

noe

noeの感想・評価

4.2
どこかにいそうな女子たちのお話。
夜に観るととっても充実感を持って、かつしっとりと観れた

この、日常!って感じがほんと好き
なんだろう、カメラの角度かな
あとはたぶん色合いとかかな
南瓜とマヨネーズみたいやな〜って思ったらやっぱり原作者一緒だった。

ストロベリーショートケイクスってタイトルむっちゃ甘いのに、全く甘くないストーリーとのギャップが凄く良かった。
あとはセリフ、「菊地が触った身体に触んないで」とか「神様なんていらないよ」とか、ストレートかつ強い言葉をサラッと言うあたりカッコいいなあ
最後の海のシーンとか主題歌とか、なんかもろもろタイプだった。

この映画を通して学んだことは、現実甘くないけど、それでも日常のどこかには甘いものが潜んでるんだよってこと にやり
HiNAKO

HiNAKOの感想・評価

3.3
女ってさ、
めんどくせえ生き物なんだよ

そんな自分の面倒臭さも
変なこだわりも、執着も、
全部まとめた自分こそ
やっと自分だって言えるくらいには

捻くれてるし、しょーもないよ。

それでも、
女で生まれてよかったと思うから
また、矛盾だらけだな。

このレビューはネタバレを含みます

池脇千鶴って可愛かったんだ、と。
4人ともきっと自分の中に存在する人物であり、女の子なら誰しも持ち合わせていると思う。

スペシャルな人のスペシャルになりたい。まさに。

秋代、かなり共感、仕事が仕事だけに、好きな人の前だけは絶対に素でいたいんだろう。。好きだったって言えてよかった、1回だけエッチできたのも本当に心から満たされたんだろうな羨ましい!!

里子の実家のトマトを持って帰った秋代が、キクチの家の下で投げ捨て、塔子の絵として昇華されたところが好き。

個人的にはラーメン屋の店主が好きだった(笑)ベランダにブランコ作りたい、、

誰しもがきっと誰かの役に立って世界は周り、目に見えて結果が返ってこなくとも、回り回っていつかふっとそういえば、となるようなことが起こるんじゃないかな~

わかるわかるの気持ちと、変わりばえのしない日々や、うまくいかない毎日も生き抜いていくしかないんだっていう現実と。
かほ

かほの感想・評価

3.5
みんな色々あって、人生そう甘くなくて、それでも日々生きてゆく
好きな人に尽くしすぎちゃったり
食べては吐いて繰り返しちゃったり
体を安売りしちゃったり
やたらと神様頼っちゃったり
男女の友情壊しちゃったり
望まない妊娠しちゃったり
スペシャルな人の
スペシャルになりたくて
みんな必死なんだなあって。
やまなしおちなしいみなし
でも何故か飽きない。常に何か起こりそうで起きないから

池脇ちゃんが実家帰るくだりでコモア四方津出てきたとこはほんとにテンション上がりましたねそこだけ
細かいことを言えばツッコミどころはたくさんあるけどなんで良かったのか不思議な作品
自分の弱いところや、重なるところをえぐられてるようで、一言で言うと病んだ
ui

uiの感想・評価

3.0
世代も立場もビミョーに違う4人の女性の私生活を映すオムニバス的映画。

きっと、女の人ならそれぞれに感情移入してしまうシーンも多いのだとおもうけれど、この映画を見る男性側も作中の女の人達が相手をする男性の方に共感できる部分がありそうだなぁと思いました。

ただ、自分は女性ながら永井の方に共感してしまった部分がとても多くて、それが不思議だった…笑
honomi

honomiの感想・評価

3.5
世の中綺麗事ばかりじゃない
女の人って強く生きてるようで、それぞれいろいろ抱えてて、実は弱いんだよねって映画
>|