さよならみどりちゃんの作品情報・感想・評価・動画配信

「さよならみどりちゃん」に投稿された感想・評価

うみ

うみの感想・評価

3.0
あの漫画を実写化すると妙になまなましかった。
スナックに来るおじさんたちとママは楽しい。
つ

つの感想・評価

3.1
おいおいまじかよー、
ユタカにドン引き。でも呆れつつちょっと可笑しかった。どこまでも正直でゲスを貫いてて清々しかった。そうこれ!清々しい感じ。もはやいやらしくないのよね。他の男の人たちより。もはや長所。自分の友達にもいるんだよねこの手の人。笑、

そっけなさ、余裕、優しさ、タイミング。ユタカはバランスがいいのかな。器用というか。自然とできちゃうんよね。そのバランスが上手にゆうこさんを無意識のうちに支配してたりすんのかなーって感じ。んね。

2人の関係をとやかくいう映画ではないかなーって。いろんな形があるだろうしね。 好きなんだから、待てるし耐えれてる。ぷつんと切れてもそれはそれ。そんな危うさと不安定さが魅力だったりもする恋愛でしょ。共感したり、へぇーって思ったり、まじかよ、とも思ったり。流れるままダラーって観てた。

あー、それとベッドのシーンよかったー。ねね!カーテンの柄かわいい。ベッド周りの小物とか。この映画ラブシーン綺麗だ。話の中に不穏なゲスさが蔓延する中で、そのシーンは徹底して綺麗よね。全然いやらしくない。一途な2人のそれにも思えてしまうんだから。ときめくっつーか。それが全てだったりすんじゃない?
スナックでカラオケしてる男性陣とママがとりあえず楽しそうだった、若かったらバイトしたいと思った。
西島さんと星野さん、たくさん絡むシーンあるんだけど、あまり色気が全く感じられない。スミマセン‼️
原作ファン。
星野真里はやっぱり不幸な役が似合ってしまう。どハマり
ダメ男に惹かれる傾向があるから、なんだかわかるなぁなんて、思ってしまうんだ。
こういう日本の映画は私は結構すきだったりする。
かっつ

かっつの感想・評価

2.9
タイトルの意味合いが…

とてつもなく自分勝手なバカ野郎とそれでも好きなアホ女。
くっだらねぇと思って観てたけど、気が付きゃ知らぬ間に腕組みしてた。

結局最後は切なく感じちゃうし…俺って。

14番目の月、か。

《鑑賞:2008/10/28》
rena

renaの感想・評価

3.0
映画としてはかなりつまらない…。
けど西島秀俊がハマり役。原作の設定よりもだいぶおっさんだけど、それがよりリアルなダメ男っぷりを醸し出している。

こういう、常に女にほっとかれない系のダメ男に惹かれたことのない女性には全く共感出来ないであろう映画。
星野真里のヌードばかりが有名だけど、西島秀俊の綺麗な背中とおしりも見れます。

こんな恋愛誰もしたくないけど、こういう魔性の男に出会ってしまったら素通りするのは無理。たしかに14番目の月がちょうどいい。
MAKICO

MAKICOの感想・評価

2.5
原作既読ですが昔すぎてうろ覚え、
映画も10年ぶりくらいに観ましたが…まあクズ男のクズっぷりをひけらかす作品だと、10年後の今でも思いました。

原作のユタカはもう少し清潔感あって中性的だったような感じ。南Q太先生の描く男性って押し並べてそういう印象ありますが。

どこを切り取ってもクズの極みみたいな人間なのに、みんな惹かれていく。本気で恋をする。
危険なものほど魅力的みたいなところあるんでしょうか、女性にとって男性とは麻薬みたいなもの??
西島さん こういうエロい役が多かった印象あって、今とイメージ全然違いますね。今やうっかりシロさんの黒歴史みたいにみえてくる、あぶない。

それにしても、ここまでセックスのことしか考えてない男性って居るのでしょうか。
生活の殆どを性に捧げている。性欲で成り立ってる。暇なのか?
もはや尊敬するレベルだし別に嫌いな作品じゃないのですが、倫理的に終わってるし誰かに勧めるような映画でもないのでスコアは低め。
87

87の感想・評価

2.5
原作通りの胸糞作品。わたしはダメ男が嫌い(というか自分の人生の中でダメ男に構っている時間などない)ので、全く主人公の気持ちに共感できず、なので主人公にも共感できず、他の登場人物もなんかめんどくさい人が多いので、全然楽しくなかった笑
西島秀俊若い…役はクソですが、西島秀俊は良いです。
あと最後だけは好きだよ。あれは、ユーミンの楽曲が良いのか、結局



西島秀俊が悪い男

「こういう関係もいいよな」
は?良くねえよクズ
内容が内容だけに人に勧めづらいけど、好きな部類です。メゾンドヒミコに続き西島さんがチャラい(寧ろ良い)。私もスナックで14番目の月熱唱したい。今度行ってみるか
>|