知らなすぎた男の作品情報・感想・評価

「知らなすぎた男」に投稿された感想・評価

Kyosuke

Kyosukeの感想・評価

4.2
よくある設定のパロディだけど、ビル・マーレイが演じるだけで最高に面白くなる。特に90年代の彼は神懸かっていて、細かい所作も全てツボ。作品としては、さらっと観れるテンポと、B級感のあるシンプルな笑いがとても良い。
楽しい楽しい!
設定が斬新!
まず、主人公は平凡な雇われビデオ店員のおじさんで、遠くに住んでる弟に会いにいく。(しかも自分の誕生日を祝ってほしいために)笑
でも、弟は夜には仕事があり、兄には家にいて欲しくない!
そこで考えたのは、テレビの企画で視聴者がエキサイティングなドラマに参加できる参加型ドラマに兄を参加させること!(弟の仕事の間の時間潰しで。)
ドラマのスタートは、公衆電話からの電話を取り、指示された住所のところまでいく。
が、しかし、主人公は違う電話を取ってしまうんだよなー。しかもめっちゃ怪しい笑笑
その違う電話を取ったことにより、色々巻き込まれてくんやけど、
なんせ主人公は、電話を取った時点で
ここからはみんな役者なんだなって気分なのよ笑
だから、ナイフを向けられても銃を向けられても、全然平気。笑
みんな演技がうまいな気分で会話する笑
勘違いがずっと続いてるのに、普通に切り抜けてく姿が笑える。
ビル・マーレイやっぱ好きだなー
なんかの拍子に、敵を倒してるのが面白すぎる。主人公は危機感皆無なのに、見てる方がソワソワする笑
ずっと笑いっぱなしだった!

人生は演技だな!笑笑
知らなすぎだろ!
どうやってこの食い違いは繋がっていくのかという面白さで見入ってしまった!

思考がめでたい人の映画www
エキサイティング&ファニーな映画。

間抜けな主人公になんだかほっこり。皆で見れる笑って楽しい映画でした。
主演のビル·マーレイさんはホントに芸達者。ちょっとした仕草や笑顔で笑いを作る演技が素晴らしい。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.8
芝居とかイタズラと勘違いして本物の事件に巻き込まれるというコメディの話型としてはそんな珍しいものではないですが、映画が終わるまで主人公がずっと勘違いしたままというのが面白い(ふつーは途中でバレて、また次の展開があるのですが)。最後まで勘違いしたまま全部がうまくいってしまう(事件が解決のうえに恋人まで手に入れる)という、脚本の豪腕ぶりに感心。

でも本作の一番面白いのは映画タイトル。もちろんヒチコックの「知りすぎた男」(The Man Who Knew Too Much)のパロディ。このタイトルの面白さを超える中身はなかったかも⁈
nakamura

nakamuraの感想・評価

3.6
タイトルに惹かれた( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

カーチェイスでカラーコーン蹴散らしてるシーンは確かにやってみたい!
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

3.7
ビル・マーレイの小芝居を存分に堪能できる“勘違い巻き込まれ系コメディ”。
周りには演じていることがわからない“演じる男”をサラッと演じて笑わせてしまうビル・マーレイのスキル。
ラストシーンはアドリブなのかな? 勘違いが勘違いのままモヤモヤしたまま終わるのも、この作品なら許せる。それもまた偏にビル・マーレイのスキル故なのかと。
邦画のザ・マジックアワーが好きなんですが、たぶんマジックアワーはこの映画を参考にしてるのかな、と思うくらい既視感があって面白かった。

あっちは佐藤浩市が根は真面目だけど演技になるとサイコな感じですごく面白いんですが、今作はビルマーレイがこれまたサイコと呑気なキャラを演じてて面白い。

最後のダンスのシーンが1番面白かった
三谷幸喜のマジックアワーにおける佐藤浩市的な感じ
ホントに何も知らないビルマーレイのラッキーさだけで突き進む姿が最高
さてぃ

さてぃの感想・評価

3.9
ラッキー男!ビルマーレイ見てるだけで笑っちゃう。マトリョーシカダンスのところ長いのにずっと笑ってました。
>|