裸の銃を持つ男の作品情報・感想・評価・動画配信

「裸の銃を持つ男」に投稿された感想・評価

ネタの仕込む量に圧倒される。こんなに小ネタびっしり埋め込んでたっけ?
Fisherman

Fishermanの感想・評価

3.5
知ってはいたけど今まで手を出さなかったシリーズ。笑いのツボは似たようなものだと思うが、とにかくボケの連発。
いきなり、アミン、カダフィ、ゴルバチョフ、カストロ、ホメイニが登場してコケにするとこから始まり、車を止める時は必ず何かが起きる。メジャー選手が噛みタバコを吐いて、キ○タマを持ち上げる仕草のシーンが一番笑った。
ニヤニヤとおいおいという感じ。
PeggyMYG

PeggyMYGの感想・評価

3.5
コメディ映画でのレスリー・ニールセンを初めて観た。これが代表作なのに。

シリアスな役の時代よりシワっぽいとは言え堂々としてスマート。たまに変顔も使うけど、基本真面目な顔でヘンなことをするオジサンです。

断然吹き替え版がおすすめ。
これでもかとベタベタにふざけ倒してくる絶妙なセリフ(オリジナルギャグもあり)をベテラン声優で聴けるなんて、もうこれは最高に贅沢。

O・J・シンプソンがかわいそうな3枚目、エルヴィス・プレスリーの奥さんが笑いも取るヒロイン、頼れるイメージのジョージ・ケネディもおとぼけ演技、など見所も満載。

敵役のリカルド・モンタルバンはメキシコ出身で、晩年「スパイ・キッズ」シリーズのおじいちゃん役で楽しませてくれた。亡くなった時は悲しかった。
活動期間の長い俳優さんなので、若い頃の作品も観てみたい。

ちなみに
「裸の〜」公開より10年ほど前「刑事コロンボ」でニールセンとモンタルバンは異なるエピソードに前後して出演しています。(前者は被害者役、後者は犯人役でepisode34と35にそれぞれ出演。ニールセンは遡ってepisode7にも。)
今観るとどうしてもニールセンは真面目な顔してふざけているように見えてしまうな笑
凄くコメディしてて面白い。
隙あらば笑いをぶち込んでくるのでお腹捩れそうになった。

OPの小回り利きすぎパトカー好き。
f

fの感想・評価

3.3
くすくすくすくす
笑わせにくる
外人が大好きなブラックジョーク
詰め込みましたっていうコメディ。
K

Kの感想・評価

5.0
何も考えちゃいけないw

面白いなー と思うまもなく
無理やりにでも笑わせに来る感じ。

多すぎる……ネタが多すぎる!
飽きてくるレベルw
『やるなよ!?』をやりまくる感じw

個人的に カーチェイスが好き!!!
見る前に YouTubeで検索するのがおすすめかも、
小ネタを見てほしい!

もう、それしかない。
方眼

方眼の感想・評価

4.1
1988年”The Naked Gun: From the Files of Police Squad!”。アメリカンギャグに命をかけた真面目な不真面目映画。いったいいくつギャグがあったのか。死体の線が水に浮いてたり、教習車でチェイスをやるとか、クレジットカードのスペアキーとか。
ベタで王道でクダらんけどわろてまう
コメディ映画はこれでいてあるべきだ、
ソ

ソの感想・評価

4.0
芸が細かいわー、画面上に常に何かしらのボケがあるのは凄い。
買収と教習車と勃起チンポに救われるくだりはばり笑ったなー。別れ際の「セックス中のアレ演技やから」もおもろかった。初老がなにゆうとんねん!
ぽち

ぽちの感想・評価

4.2
脳を空にして見よう。
これは見てて楽しいよほんと。
ゴム被ってんのは笑っちゃった、親と見るのはおすすめしないかも笑
>|