電柱小僧の冒険の作品情報・感想・評価

「電柱小僧の冒険」に投稿された感想・評価

しゅん

しゅんの感想・評価

3.0
<電柱の生えた少年が鉄人吸血鬼の支配する時代にタイムスリップ。街を救えファンタジー映画>

ぶっ飛びすぎ、自主映画感がものすごい。
雑多な機械の造形は良い、中に捉えられてるイヴ(藤原京)もエッチ。
ストップモーションで高速移動中に戦ったり画的な工夫もある。

でもラストバトルが何が何やらでどうでも良くなっちゃった。あとキャラクター名もどうかと。
ちゃんと冒頭と繋がってる風だし上映時間が短いから観てられるけどね。

製作年ではこの後に『鉄男』。
モモモ

モモモの感想・評価

3.8
なんだこれは…と思ってたら終わっていた。
ボボボーボ・ボーボボの実写化も塚本晋也なら80年代に出来ていたと思う。
ふも

ふもの感想・評価

4.0
塚本晋也監督が『鉄男』以前に監督、出演をした初期の短編。

20代後半で製作したこの作品の時点ですでに独自の塚本ワールドが完成されている。

『鉄男』で主演を務め監督のその後の作品でも幾度となく出演している田口トモロヲもすでにこの作品から出演している。

45分と非常に短いのでサラッと楽しめるのも良い。
のぶ

のぶの感想・評価

4.0
無駄はやめろや
ごめんなさい、オラア!
溶けちゃう、溶けちゃう

狂い咲きサンダーロードがみたくなった
かず

かずの感想・評価

3.5
電柱を背負った男の子が未来にタイムスリップして吸血鬼と戦う、というぶっ飛んだ内容。爽やかな?始まりから、一気に塚本ワールドへ振り切り、最後まで見せてしまう非凡ぶり。普通サイズの怪人とあわせてまさに鉄男の原型。流れで観るととっても面白い。
堊

堊の感想・評価

4.3
僕はアルバムの中で輝いてたとおりの君を
いつまでもいつまでも大事に大事に見つめてあげるんだ
そして君を大事に大事にしてあげる
そうすればサリバ先生のアルバムはぴかぴかのものになるんだ
dude

dudeの感想・評価

3.4
狂っている(褒め言葉)
センチメンタルな場面は退屈だが動きのある場面はかっこいい。というかストーリー以外はほぼ『鉄男』。
yh

yhの感想・評価

3.0
『鉄男』がB級なら、それをさらにシュールにしてZ級にした感じ。
dodo

dodoの感想・評価

5.0
塚本晋也の、鉄男や、普通サイズの怪人も好きだが、これもまた、独特の金属音とあの動き、大好きな田口トモロヲ♪
兎に角明るい、胡散臭い、けれども魅了される。
「うぇいうぇん(永遠)の闇」言い方(笑)
好きなんです!誰がどう思おうと、わたしは、好きなんです!
island

islandの感想・評価

5.0
天才にしか撮れない...

塚本晋也で1番好きと言ってしまいたい。