What about meの作品情報・感想・評価

「What about me」に投稿された感想・評価

Okuraman

Okuramanの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自由の女神は元ゴスのホームレス少女🗽
リチャード・エドソン良い顔、ニック・ゼットは脳味噌半分は溶けてるしやはり憎たらしい。音楽とちょい役で麗しきジョニー・サンダース。
撃たれて犬死する男の前にリサの十字架が現れたり、リサが犬死する前にリサの人形が目を閉じたり、SCUMに賛同するフェミパンクスだったりキャスト以外にも見所が少しはある。
ミク

ミクの感想・評価

4.0
ノスタルジックなファンタジーだと思い込まないと悲し過ぎる主人公リサの一生。

不運続きでホームレスになってしまった彼女のただ家に住みたいという希望が絶望に近いとき、人は生きることを諦めるしかないのか。絶対にそうではないし、誰もが幸せに生きていける条件が当たり前に揃っておくべきだと思う。
riekon

riekonの感想・評価

3.0
いきなり沢山の不幸に襲われホームレスになってしまうリサが可哀想だったな。
そんなリサを助けてくれるカッコいいパンクス!いいなぁ(笑)
私はリサのお兄ちゃん役のJ.サンダースに助けてもらいたいわぁ(笑)
fatalerror

fatalerrorの感想・評価

2.8
ジョニーがチョイ役過ぎて笑う まぁスクリーン映えするのは確かにヘルの方だもんな…それでもジョニー頑張りました
845cinema

845cinemaの感想・評価

3.5
ホームレスを描きながらも半歩浮いたような浮遊感が漂い、好きな人にはたまらない豪華キャストとともに主人公の不思議な魂のゆくえが綴られる。

93年当時で既に遅れてきた存在だったと思われるが、それゆえ今観ても全く古びないし、10年後でもきっと同じだと思う。こんな小さな映画がちゃんと日本に紹介されていることに感謝。人に薦めるより、ひっそり大事にしたいタイプの映画。
skip

skipの感想・評価

-
写実的ではなく人肌感じる画面描写。さらにいえばホームレスいえど自由の女神にキマる映画らしさ。フィクションたる良さであるからこそノンフィクションというメッセージも素直に受け止められるのでは。
KonaruYuhi

KonaruYuhiの感想・評価

5.0
シンプル・イズ・ベスト‼︎

監督の、慎ましく生きる人々への愛をひしひしと感じます。

すごくシンプルな映画なのに、なぜが目が離せない。鑑賞した後は、ずっと心に残る、そんな映画です。

主人公の事を、そのまま歌ったのかのようなジョニーのラストソングにも感動‼︎
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

4.7
最高の映画が出来たと思うなら、2本3本と創る必要はない。

そんな気にさせるほどレイチェル・アモーディオ自身の表現力は最大限に発揮され、これ以上でもこれ以下でもないのだろう。

悲しく切ないダメな女は、近寄って来る人々にも恵まれない負の連鎖。

しかし、そんなダメ女にも本気で愛するダメ男が現れる。

ダメ女?ダメ男?

いったい何がダメで何が良いの?

いい映画です…(u_u)
ai

aiの感想・評価

3.9
切ない、淋しい、暗い、無機質。
でもなぜか観たあと温かくなる不思議な映画だ。

救いようがないストーリーに似合わないマニア必見の豪華キャスティング。
そんなことから、ストーリー自体の評価は真っ二つに分かれるが、ジム・ジャームッシュ作品みたいな忘れられない後味が個人的にはたまらない。

全編に流れるジョニサンの曲がこれまた切なくカッコいい。というより、ジョニサンの曲あってのこの仕上がりといっても過言ではない。
レイチェル演ずるリサのよくなさとリサのお兄さん役のジョニーサンダースのとにかくのかっこよさがほんと訳分からなくておもしろい。ジョニーサンダース出てくるとこだけ何回も巻き戻して観た。ほんとにほんとにかっこいい
>|