セブンティーン・アゲインの作品情報・感想・評価

「セブンティーン・アゲイン」に投稿された感想・評価

ゆる〜い感じで見ていたら自分の涙腺が決壊!

高校時代スクールカースト最上位のバスケ部のスター選手が、彼女の妊娠をキッカケに苦難の人生へ結婚して二児の父親になる。その後妻からは離婚の申し出子供は、無反応の日々。あることがキッカケで外見だけ17歳に変身して、自分の息子と娘の通う高校に入学するお話です。

◆良い点/注目ポイント
・時代設定が現在。自分の外見だけが若返るというところが新鮮。息子のイジメや娘のアホ彼氏のデート阻止に奔走するところが面白いところ。
・オタクの親友が大金持ちという設定もよくある話ですが、いいと思います。
・主人公が、家族の為だけに全身全霊を捧げるところは父親の見本として見習いたいところ。
・食堂でバスケ部のイジメっ子を主人公が、バスケットボールで挑発するシーンは、スクールカーストのバラモン経験者でないとできない余裕感。悟りのお説教とオーディエンスの反応共に凄い盛り上がります。
・若いザック・エプロンは、そこまで筋肉がついていない為背が高く見えます。カッコ良すぎて女子にはたまらない筈。
・チアリーダーの衣装やダンスが時代と共に変化しているところもポイント。

◆改善点
・おじさん時代の俳優を予算奮発してトム・ハンクスだともっとベター。

◆総括
・この作品を観る前に必ず『ロードオブザリング』三部作を観ておいて下さい。

-2019年53本目-
かずや

かずやの感想・評価

4.0
個人的にすごく好きな映画です。

高校を卒業して数年たった今、その時の友人と話すのはあの頃は良かった、楽しかったという内容が中心になっていてそれは確かではあるんだけど、もっと現在や未来の話に目を向けることも必要ではないかと思った。
主人公のように妻や子供がいる訳では無いけど、今しか出来ないこと歳をとって経験してからしか出来ないことって少なからずあると思う。

過去に後悔すること、過去に囚われるだけでなくもっと前を向いて生きることも重要なことなんだと再認識されられた映画。
愛は変わらない
り

りの感想・評価

3.0
記録
Tsu

Tsuの感想・評価

3.9
アメリカって家でパーティしがち
とうふ

とうふの感想・評価

3.3
タイムスリップものかと思ってたら主人公だけ若返るパターンだった。
妻と離婚裁判中の男が主人公で息子たちと同じ学校に入りなんやかんやする
256

256の感想・評価

3.5
記録
4yer

4yerの感想・評価

3.6
タイトルの通り主人公の年齢が17歳に若返って再び青春を送る映画。
設定としては溢れているが、そのありきたりな設定をバックグラウンドに「家族」というテーマの柱で構成されている。
「家族」というものの大切さ、意味しているものの大きさを改めて実感する。
感動を全面に押し出すことなく、程よいスッキリ感と感動を与えてくれる作品。
ザック・エフロンの肉体美。

ザックさんのキュートさはもちろん王道ストーリーで飽きさせないテンポの良さがリラックスして鑑賞できてよい!
17歳のマイクが男として、父として、『もう一度』大切な気持ちを妻や子どもたちに伝えるシーンはグッときます。

そしてマイクの親友ネッドと校長先生がまさかのオタトークで意気投合しちゃうシーン、ロードオブザリングオタクにはたまらない笑
**
強くてニューゲーム的な、リライフ的な。持つべきものは、金持ちの友達か。ウソ。クッソ泣いて、クッソ笑った。
>|