プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディングの作品情報・感想・評価

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング2004年製作の映画)

THE PRINCESS DIARIES 2: ROYAL ENGAGEMENT

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.7

「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」に投稿された感想・評価

滝和也

滝和也の感想・評価

3.6
いつの世も変わらぬ夢…
いつか王子様が…(^^)

でもいつかは30日以内?!

今度はラブコメだ(^^)

「プリティ・プリンセス2」

何と王女姿が似合うことか…。現代に蘇るオードリー、アン・ハサウェイ主演の第二弾です。今回はジュノヴィア王国編。

王女となったミアはアメリカで大学を卒業し、戴冠式に望まんとしていた。だがもう一人の王位継承者ニコラス(クリス・パイン)が現れ、その支援者である子爵の主張により、古き法が蒸し返される。女王が王位を継承する為には伴侶が必要であると…。戴冠するには30日以内に伴侶を決め結婚しなければならなくなったミアとクラリス女王たちの運命や如何に…。

前回は恋愛要素控え目にし、ある日王女様にをメインテーマに持って来ていましたが、今回は、ある日白馬の王子様が…がメインです。どちらも女性の夢と言ってよいのでしょうか(^^) 正にディズニーらしいラブコメ、ファンタジーに仕上がっています。

その要素として見合いか、恋愛かと言うテーマを持って来ているのが、一つ。もう一つは優秀で非の打ち所がない方か、少し不良のようだがフィーリングの合う方かと言う、正に少女漫画的な、いや全世界で普遍的な王道パターン。この両方からモテるわけです。これもまぁ夢ですね。ただ普遍的にどちらが、より本当に彼女を思っているかがすべてなんですけどね(^^)

職人監督ゲイリー・マーシャルは正にお得意の恋愛喜劇で卒なく仕上げています。ただ今回…素敵な演出が入っています。

「私は昔、飛んだの」

ジュリー・アンドリュース演じるクラリス女王の台詞。彼女が演じたメリー・ポピンズへのオマージュであり、その後、待望の彼女が歌うシーンが(^^) しかも子どもたちと。穿った見方ですがサウンドオブミュージック的な(^^)往年のファンを喜ばせるシーンでした。

また続編と言う事で上手く活かされた演出があります。所謂ミアの癖なんですが(笑)わかりやすく伝わるシーンです。見たらあぁナルホドと思いますよ。

また今回はジュノヴィアが舞台だけに、王宮やその街並みはディズニーの世界ですし、更にファンタジー色は強まっています。

そのファンタジーの中、アン・ハサウェイは正に輝かんばかりの美しさ。また相変わらずクルクル表情が変わる楽しさを提供してくれます。特にあの変顔は最高でした(^^) 

ミア王女は恋愛を通してまた少しだけ成長していきます。それを助ける?方にクリス・パインが登場。デビュー作ですか。彼のヤンチャなイメージが似合いますね。

また今回は明確な敵役がいます。意地悪子爵演ずるはジョン・リス・デイビス。見た瞬間にあ、007ファンならわかる方。リビングデイライツのソ連高官役ですね。

ティーン向けのファンタジーですが、ラブコメとしても王道を行く作りですし、素敵な夢を魅せてくれます。アン・ハサウェイの姫様としての輝きを見たい方は是非見てほしいですね。

追伸
アン・ハサウェイはここで姫様から卒業しています。次の作品ではオードリーが出来なかったことにチャレンジして行きますから。彼女は彼女としての道を行くんですね(^^)
はるか

はるかの感想・評価

3.2
プリンセスになったミアが奮闘してる姿がよかった!
ハッピーエンドでほっこり!
mariko

marikoの感想・評価

-
ディズニーなのに最後綺麗に結ばれなくてあれっ👀ってなった。

美しいドレスを着ただけでは本当のプリンセスにはなれない。ってメイキングか何かで言っていたけど、うわべだけステキな人間ではいけないと改めて思った。

ぜひ3も作っていただきたい😌
suu

suuの感想・評価

4.4
恋してえ〜!!ってなる!!
婚約した男の人(名前忘れた)が普通にタイプのイケメンで好きだった
Penspol

Penspolの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

A queen is never late. Everyone else is simply early.

Being married is about being yourself, only with someone else.
nanami

nanamiの感想・評価

4.0
1より断然良かった!
ミアがプリンセスになるために意思も志も高くなって1の時より前向きで一生懸命に奮闘しているところが良かった!
Lily

Lilyの感想・評価

3.3
アンハサウェイが綺麗&おばあちゃんと孫の関係が素敵。
1と違って女子高生ではなく、お姫様として自国の未来と自分の幸せの間で葛藤する姿がなかなか良い。
プリティプリンセス2作目。前作はアメリカの女子高生感が強かったのと打って変わって、今回は1国のプリンセスとしてしっかり国民の事とかを考えててミアの成長を感じた。
クリスパイン出てるの知らなかったから出てきた時びっくりした。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.3
2は好きだった。なんでか考えてみたら原因が2つ。

・1はアメリカが舞台の上に、高校生キャラがうるさかった。今回は架空の王国とはいえ欧州風漂う登場人物&場所多しでスッキリしてる。

・前回より断然いいヒロインのパートナー。カッコいい英国王子様風。

執事さんと女王さまのロマンスも絵になってたしね。和んだ。
Haruka823

Haruka823の感想・評価

2.8
別に続編は作らなくても良かったんじゃないかなと思いました。
でもアンハサウェイはさらに綺麗になってて目で楽しむ分には良かったです。
>|