フェーズ6の作品情報・感想・評価

「フェーズ6」に投稿された感想・評価

かめ

かめの感想・評価

3.7
これは私の女神様のEmily目当てで観ました!
ゾンビものをいっぱい観てきてるのでまあ正直言うと典型的なものかなっていう感じです笑でも普通に面白かったのでオススメです!とりあえずEmilyが可愛い♡
あ

あの感想・評価

2.0
終末世界のロードムービー
1時間半が倍に感じた。 
エンドクレジットで弟が主役だったのを知って思わずつっこんだ

最後のビーチのパインだけが観て良かった点
胸糞悪映画。でも好きです。幼女のパパ役の俳優さんが大好き。
主役がイマイチな演技力だけど。
みーこ

みーこの感想・評価

3.5
“兄弟萌え”のツボをピンポイントで刺激してくる作品でした☆


致死率100%、謎の病原菌により人類の殆どが死滅した世界を放浪するブライアンとダニーの兄弟+GF2人のロードムービー式なシンプルストーリーなのもイイ。


破天荒で能天気、精神年齢お子様ーな兄ブライアンをクリス・パインが演じていて初めはその単細胞ぶりにイライラするんだけど、こんな終末的世界ではHighになった者勝ちかも?ーと思えてしまう。


そんな兄とは正反対で真面目で心優しく敬虔なクリスチャンな弟ダニーをルー・テイラー・プッチが演じてますが、いかにも“弟キャラ”が似合う可愛い人。


しかも吹替え声優はあー様ですよ!
石田彰ボイスで「兄さん」とかもう。
狙ってるとしか思えないよ。笑


自分の為にと兄のしてきた事に最後の最後でようやく気付く弟君の切なすぎる語りに胸がギュンギュンさせられるし(ノД`)


ゾンビはおろか、感染者とのバトルもグロもエロもほぼゼロと地味なうえ、“この状況あなたならどうする?”ーと倫理観に問いかけてくる展開の連続なんで派手なゾンビ映画好きな人にはおススメ出来ないかもですね〜


ーが、綺麗どころとして、
エミリー・ヴァンキャンプとパイパー・ペラーボのスレンダーな下着姿が見られますよ〜♪
需要あるかな?笑
ごじ子

ごじ子の感想・評価

2.0
ぐっと引き込まれ、ヒリヒリした気持ちで観続ける…んだけど唐突に終了。ストーリーに起伏がなく、見世物小屋から出てきたような読後感。ただし陳列されているものは人間の恐怖心とエゴイズムと生物としての脆弱さ。その並べ方にこれといって工夫が感じられない、そんな見世物小屋。
最後に人類がどうなるかわかって終わって欲しかったが人気があれば続きを出すのだろうと思った!

このレビューはネタバレを含みます

アクションは地味だが面白い。
感染した仲間を容赦なく見捨てる割に、いざ己が感染したら見捨てないでとすがりつける図太さ!ゾンビには物足りなさを感じるけどストーリーはよい。
NIRA

NIRAの感想・評価

3.2
致死率100%の謎の病気が世界中で蔓延した世界で、とある兄弟が思い出のビーチを目指す。
特に派手なアクションがある訳でも、ウイルスに感染した人間がゾンビになって襲いかかってくる訳でもありません。
静かに、ただ世界が滅んでいくのを見ていく切なさを感じる映画でした。
momopockle

momopockleの感想・評価

2.5
ハラハラする展開もなく、最初から最後まで淡々としてて結局何を伝えたかったのかよくわからなかった。
せっかくクリス・パインが出てるのに残念。
致死率100%のウィルスが蔓延した世界で、生き残るために非情な決断を下していくC・パイン主演のパンデミックロードムービー。

物語は全編を通して静かに淡々と進んでいく。
普通のゾンビモノやディストピアモノとは違い、多くの人が死んだりするような過激な演出はなく、ただひたすら極限状況下での人間関係が描かれていた。

主人公が弱者を切り捨てるのは、主人公が自らの仲間を守りたいから。
それが感染者である小さな子どもとその父親の親子であろうと、はたまた自分の妻であろうと切り捨てていくしかない。
でもそれは自分が感染してないから取れる行動なわけで、いざ自分が感染したとなれば話は別。
人間の往生際の悪さがよく分かる映画だった。

自らが生き残るために弱者を切り捨てていくというのは合理的でありながら人間性に欠ける。
第三者の視点で観ているこちら側としては切り捨てていくのが最善の策に見えるけど、その選択をする本人たちはとても辛いだろうなぁと思った。
それが親しい人間だったら尚のこと心苦しいものに違いないはず。
その葛藤の描写は割とあっさりしていたけど、それが逆に終末世界での無情な感じを伝えてきて良かったと思う。

ラストは普通だったけど、一人っ子の自分としては兄弟の絆っていいなぁと思いました。
>|