キャビン・フィーバーの作品情報・感想・評価

「キャビン・フィーバー」に投稿された感想・評価

ユテシ

ユテシの感想・評価

3.7
まあまあ面白かった!
作られた怪物とか幽霊がいっぱい出てくるどこかゲームって感じで楽しめたし、スカッとした!
けど、神とかよくわからない笑
最高だった。イーライ・ロスの映画見てるなって感じが最高潮で、表面的な登場人物たちが腐りゆく体とともに本音をむき出しにして行く悪意とほんの少しの人間性を描くのがうますぎる。クライマックスの容赦ない皮肉の連べ打ちには感動してしまったくらい。
奈

奈の感想・評価

2.3
散らかり過ぎててまとまりがなく、見終わった後に、何だこれ…と思ってしまいました。

作り手側には、差別とか病気とか人間の本質とか、伝えたいことがあったのかもしれないけど…
mkomadori

mkomadoriの感想・評価

2.5
火あぶりって一番きついやつやん・・・って突っ込みたくなった。
199x

199xの感想・評価

3.0
詰め合わせるとこんな感じになるのねって感じなので(コメディなので)そもそもホラーとして見てはいけないし話に論理性を求めたり矛盾点だとかを指摘してはいけない。気楽に見れるのでみんなでワイワイ見るのがいいかも。
人里離れた山小屋に遊びに来た男女5人。
夜になって突然血まみれの男が助けを求めに来る。皮膚がただれているわ血を吐くわで気持ち悪いので追い返してしまう。次の日になると5人のうち1人が同じような症状を発症する…。
感染元は何!?…。というストーリー。
みんなバカばっかだけどそこそこ楽しめましたよ。
王道とは言い難く、割と変化球のホラー映画。そうきますか、みたいな。

このレビューはネタバレを含みます

 若者が山小屋でばか騒ぎしてたら、身体が溶けていく伝染病に感染して大騒ぎの話。

 スラッシャー映画のフォーマットに乗っ取って行われる序盤から中盤で、バカ騒ぎに裸にと若者たちがどうでもいいことをする序盤でした。そこに襲ってくるのが悪霊や殺人鬼ではなく、伝染病というのがフレッシュな設定でした。1人また1人と感染していって自己保身にはしったりしてさあ大変という。
 血を吐いて弱っていく人たちの特殊メイクを愛でる作品で良い感じに血みどろになっていってくれました。そこに地元のサイコパスな住人達も襲ってきてくれたりして、そこらへんも楽しかったです。

 ただ起こることはジャンル映画の型から飛び出ることはないので、頭の悪い若者が急にHしたりするのを突っ込んで楽しむタイプの作品だとは思いますが、スラッシャー映画の笑いとかをそれ以上でも以下でもない楽しみ方しか感じられない映画でした。

 とはいえ、差別主義者の店がラストで判明するオチが最高の映画でした。
パグレ

パグレの感想・評価

1.1
【レシピ】
・アメリカ
・若者たち
・山奥のロッジで休暇を過ごす

何も起こらないわけがなく・・・


予想通り若者たちはIQが低く
困難な状況を自爆式アプローチで次々と悪化させていく
そして例にもれず性欲の優先順位が異常に高い

「この素材を混ぜ合わせてこういう料理にしてきたか、予想外だぜ!」みたいなのは一切なくて、レシピをただひたすら忠実に遵守した映画だと思います
ある意味では完成形なのかな?特に掘り下げて語るような部分はありません
Woohee

Wooheeの感想・評価

1.3

このレビューはネタバレを含みます

謎なことが多すぎてついていけなかった。
保安官なんなの?
犬もよくわからんし
あのロッジに泊まりにきてるっていったら
急に態度かわるばーさんも謎だった
そんなハラハラもないし
しかも感染者の洋服とか
湖に捨てるってやばくね??
バカなのか

え、しかもそこでヤる?
頭おかしいんじゃないかw
バカばっかりだな
なんだかんだ最初の感染者が一番
しぶとかったw

久しぶりに駄作にあたったかなあw

2018.10.21
>|