キャビン・フィーバーの作品情報・感想・評価

「キャビン・フィーバー」に投稿された感想・評価

ペイン

ペインの感想・評価

4.1
タランティーノに“イーライ・ロスはホラー映画の未来そのものだ”と言わしめ

ピーター・ジャクソンに“長年ホラー映画ファンはこんな映画を待っていた”と言わしめたイーライ・ロス監督の記念碑的デビュー作!

イーライ・ロス監督はインタビューで“現実に起こりそうな、現実に基づいたホラーを作っていきたい”と述べている通り本作には下手な幽霊やモンスターは一切出て来ない。

まさに人間の真の恐怖が描けており、それがリアルにじわじわと観ている我々にも伝わってきます。

イーライ・ロス監督作のそういったヒューマン要素が強い作風が私はたまらなく好きです。

エンタメ映画としても非常に巧みに出来た映画。面白いです。
琉太

琉太の感想・評価

3.7
イーライロス監督の長編デビュー作品
先にリメイクを観ました
リメイク版の方がグロ強目です
オリジナルの方がストーリー展開が緩やかに感じる
ストーリーは同じ脚本だけにほぼ一緒
場面転換後の頭の画面構図が似ていたりして間違え探し的な違う楽しみ方が出来ます
先にオリジナル観る事をオススメ
TANEHARU

TANEHARUの感想・評価

4.2
安定のエロとグロ。変なやつ多すぎるし、人間の醜いところが全面に出てた。予想よりグロシーン少なかったなーと個人的な残念感は会ったけど、それでもやっぱりイーライロスは好き。
たえこ

たえこの感想・評価

3.0
イーライロス作品と聞いてレンタル。
中々面白かった!
ありがちなストーリーだけど、楽しめた。
1sugar

1sugarの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

2011.8.31 DVD鑑賞

なんでもいいから、ホラーが観たくなった日に。

やばいし、危険だし、絶望なのに
外で、お気楽に飲んじゃいけないジュース飲んで楽しく過ごしてるとこで終わる。

よくありそうなホラー映画だけど
嘘みたいにキレイに楽しげにルンルンな感じで終わるとこが最高。
おにく

おにくの感想・評価

2.6
リメイク版より後に鑑賞。
保安官がリメイクでは女でしたがこちらオリジナルは男。
森の中のロッジに来た若者達が謎の感染により皮膚は剥け、血を吐き、血みどろになってゆく。
自分は先にリメイク版を観てしまったためリメイク版の方がグロ度が高いと感じましたが、カミソリで皮膚をベロッ…と剥いてしまう描写はこちらの方が強烈でゾワッとしました。
村人もなんだかおかしな人達ばかりですが特に意味はありませんでした。
イーライ・ロス監督デビュー作。『震える舌』を思い出した。90分だけど割と長く感じた。とにかく悪趣味。マリファナ持ってると掌返すくだり好き。カミソリのシーン痛い。
リメイク版から気になった。この作品。リメイク版は監督さんがイマイチ。しかしこの作品は古いわりには、見れる演出。
エロ、グロはリメイク版にくらべたら全くないけど、ストレートに若者たちがうまーく撮れてます。
カメラワークも音楽もまずまずでリメイク版と比較するからなのかよく見えます❗

配役 8
脚本 5
映像 5
演出 5
音楽 6
合計 2.9
まあまあ。展開が遅い。エロ女は良い。セオリーはずしの皮肉笑い。もう一声。

おもろかった
そんなにグロテスクでもないし、ホラーらしいホラーだから初心者におすすめ
>|