猿の惑星:創世記(ジェネシス)の作品情報・感想・評価・動画配信

猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011年製作の映画)

Rise of the Planet of the Apes

上映日:2011年10月07日

製作国:

上映時間:106分

3.6
みんなの反応
  • 猿たちの高い知能や社会性の描写が魅力的
  • シーザーの成長が実にリアルに描かれており、感情移入しやすい
  • 猿たちの野生と頭脳のせめぎ合いが切ない
  • モーションキャプチャーがすごくリアルで迫力がある
  • 人間の欲や身勝手さが描かれ、考えさせられる
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』に投稿された感想・評価

コタ

コタの感想・評価

4.4
すっごいかっこよかったけどシーザー頭良いなら主人公の理由くらい汲み取ってやれよ、そもそもさるの檻に入った理由はシーザー自身のせいなんだからとは思ってしまった

アルツハイマーを患っている父親のため治療薬を作っている主人公の開発者は、新薬の治験のためにチンパンジーに投薬していた。

ある日、良い兆候が見えたので人間への治験を会社に申告したがチンパンジーが暴れ…

>>続きを読む
テンポが良い
アルツハイマーにポイント
猿の方に感情移入ができた
トムフェルトン頑張ってた
最後のシーザーの言葉で号泣
次回作楽しみ

シリーズ4作目の新作に向けて。

オリジナルははるか昔に見た記憶があって、異惑星の不気味さをかすかに覚えている。
本作は地球上の出来事で予想外ではあったが、科学的なリアリティがあって面白かった。
1…

>>続きを読む
Kei

Keiの感想・評価

3.9

猿の惑星キングダムの公開前に三部作を再度見返してみました。
第一作目に当たる創世記は旧シリーズ「猿の惑星征服」のアップグレード版でストーリーも酷似しており猿のリーダーがシーザーという点も同じ。
実験…

>>続きを読む
milky

milkyの感想・評価

3.5
日本でDVDを持ってて好きな話だけど可哀想な部分が多くて、あまり見ていなくて久しぶりに見たがやはり悲しいシーンが多い。
人間のエゴに振り回されている動物全般のことを思うと心が痛くなる。
sunday

sundayの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

2024.2.13.Blu-ray
再再
シーザー施設に入れられる
森がシーザーの家になる
猿が頭が良くなる薬は人間が死ぬウイルス
再見

これは文句なしに面白い

オールドファンに目配せするような演出も散りばめられていて、その部分は今回初めて気付いた

ラストのお別れからの木登りシュタタタで海の向こうの街デデーンが鮮やか

2023年12月05日ディズニープラス観賞。
2011年公開の「猿の惑星」シリーズのリブート1作目

神経学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー治療試験薬ALZ112を開…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

【ラストを知ってしまった状態で観た『猿の惑星』(1968年公開)よりも楽しめました。】

過去鑑賞記録です。
かなりうろ覚えですが…。

『猿の惑星』も『マッドマックス』同様に、
今年(2024年)…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事