猿の惑星:創世記(ジェネシス)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011年製作の映画)

RISE OF THE PLANET OF THE APES

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.6

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」に投稿された感想・評価

シーザー急にグレるの怖かった。。目つき悪い笑
重い空気が続く。
ぱつこ

ぱつこの感想・評価

4.3
映画館で働いてた時に勧められたのがきっかけで録画に至った。
観てよかった。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.1
猿の惑星はオリジナルが凄すぎて。ジーラとコーネリアスが可愛いしさ。ずっと敬遠してた。まぁ印象は変わらなかったけれども。

創世記はここまでCGとしてお猿さん達がリアルだとほぼ動物もうモノに見えちゃう訳で。シーザーが切なくて、可哀想で、それでいて、怖い。人間に近づく事でどんどん危うくなる。自我と仲間と尊厳と。

うーん。重すぎなんじゃぁああ!
Uendi

Uendiの感想・評価

2.6
-シーザー誕生秘話
-フランコがめっちゃパパで...
-少し大人になったシーザーが天使から一気にグレてびびった
-トムフ...君はいじめっ子役が本当に似合うよ...
-後半にかけてシーザーがどんどんかっこよくなってくんだよ...マジで...
-だんだんリーダーの顔つきになってくるところが嬉しくもあり、複雑な心境になる。
スナ

スナの感想・評価

2.5
2018/9/23 猿の惑星シリーズ初めて観た。ここから始まったのかと。認知症の対処薬の実験で猿が使われて…それが人間には害かも…で終わった。人間の主人公と別れるところが少しじーんとした。
(2018/126)
ゆう

ゆうの感想・評価

3.3
いかにして猿の惑星が完成したかを紐解く3部作の1作目。話の多くは後付けなんだろうけど、凄くしっかりしている。チンパンジーのシーザーが、主人公の父親よりも知的に上位だとわかる描写が出てくるが、いつかこいつらに支配されるのではと思い一瞬ゾクッとしてしまう。スパイダーマンのあいつやハリーポッターのあいつも出てくるので、人にも薦めやすいし、全体的にバランスの良い作品。
めちゃめちゃ面白い!大成功だわ。グイグイ引き込まれた。格好良いし、感動したし。
めちゃくちゃ面白かった!
猿の表情が豊かで驚いた。
映画館で見たかったな。
GETATORI

GETATORIの感想・評価

2.3
一作目からとても風刺的なSFシリーズで黒人奴隷だったり、核だったり、社会的な批判を訴えるものがあって、今回も動物実験の倫理問題とか、進化が行くところまで行った人間の病気・認知症とか、現代の問題を扱っているのはわかる。
しかし、なんだろうか。この感じは。何かが足りない。もう少しで名作と呼べるのに。なぜだ?
シーザーがアメコミヒーローばりの何でも出木杉くんだから共感できなかったのか?
いやいやそもそも画が好みじゃないとかそんなこと?

なぜ〜 なぜ〜
あな〜たは〜
好き〜だと〜言え〜ないの〜♪
初っ端はペットチンパンになりてえなってなってた。CG技術すごい。
>|