猿の惑星:創世記(ジェネシス)の作品情報・感想・評価・動画配信

猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011年製作の映画)

Rise of the Planet of the Apes

上映日:2011年10月07日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.6

「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」に投稿された感想・評価

Sho3

Sho3の感想・評価

4.2
猿の惑星新三部作の第一部。

人より賢い猿が生まれて地球に反映するまでの過程を描く。
主人公側の登場人物全員がいい人なのに、うまく歯車が合わなくなってくる展開が非常に切ない。
人間のできる限界、超えてはいけないラインなどすごく考えさせられる内容でただのSF超大作ではない凄みを感じる。
まず施設の安全管理がゆるゆるすぎる
もう少し納得のいく設定にしてほしかった
りゅう

りゅうの感想・評価

3.0
字幕版は猿のシーザーが初めに喋る言葉が
「no!」というまぁ言えるだろうという言葉ですが、吹き替え版はいきなり「やめろ!」というまぁまぁ難易度が高い言葉を喋るので笑えます。
S

Sの感想・評価

3.5
CG技術の飛躍的な向上によって全くの別物となっていた。
これまでの作品での猿は特殊メイクで演出されていたので、動きにはどうしても人間臭さが残っていた。
のに対してリブートシリーズにおける猿は、人間を遥かに上回る運動能力をみせてくれるので迫力がある。
人間が他の動物に勝っているのは知能しかないんだなあって。
TIGER

TIGERの感想・評価

3.5
アルツハイマーの治療薬を研究しているウィルは猿に実験として投与。
その結果、アルツハイマーの治療に加え、知性の向上も見受けられた。
知性を持った猿が人間(一部の)から虐められ、猿の集団脱走及び人間への報復(殺しはしない)へ。
猿の惑星第3部作の第1作目ということもあり、猿がどうやって知性を持ったかまで描かれており、次回作画楽しみである。
こいつぐらい頭よかったら普通にインテリになって人間社会に溶けこむと思うんだけど。なにやってんだ。
キコ

キコの感想・評価

4.2
猿の惑星は子供の頃にリアルに視聴
新たに3部作全て再視聴しましたが凄い!!
猿が被りものじゃない!笑。全てリアル
リアルすぎて描写が怖い....けど素晴らしい
シーザーの演者にアカデミー賞
あげたいという話がでていたそうです

ストーリーも愚かな人間の新薬実験で生まれたシーザー
善良な人間(ウィル)により殺傷から免れて愛情深く育てられてよかった
3部作の序章、1番面白かった作品
脚本がいいので全く飽きなかったです
シンプルな物語をカットと絵で見せていくスタイル。かなり「パイナッぷり」に似てて、描く前にこれを見ないでよかった、と思った。

シーザーが仲間のチンパンジーを「こいつらバカすぎ、、」みたいな目で見つめてるシーンがちょっとウケた。
猿の惑星新シリーズ第1作

アルツハイマーの薬を研究していたウィルが、薬を投与した一体のチンパンジーの知能に驚くような変化が見られたが、そのチンパンジーは暴れ出して射殺される。その子が残していた子をウィルはこっそり家に持ち帰りシーザーと名付けて育て始めるが、親に投与した薬はシーザーにも遺伝していて驚異のスピードで知能が成長していくのだが、、、

CG技術凄いし、ここ最近オリジナルシリーズから一気見してるからめっちゃ新鮮に感じる笑
新・猿の惑星によく似たストーリー展開
普通に面白かったし、猿がCGになった事で恐ろしさがかなり増しました
さんち

さんちの感想・評価

4.5
まず、猿たちのCGが非常にリアル。1968年の猿の惑星は明らかな被り物だでしたが、そこからの技術の進歩に感動しました。内容の方もかなり面白かったです。檻から脱出する前に猿たちが集会を開いてるシーンなんかは人間のようで恐ろしかったです。そして、とうとう「Noooo!!」と喋りだすチンパンジー。これには爆笑しましたね。ハリー・ポッターのマルフォイ役の人も出演していました。魔法学校を中退して猿の飼育員になったようです。ラストはまさかのパンデミック映画でした。オススメの映画です。
>|

あなたにおすすめの記事