妖魔の作品情報・感想・評価

「妖魔」に投稿された感想・評価

幼少の頃のトラウマアニメ。冒頭3分で既に怖い。youtubeで約30年ぶりに観たがやっぱりこのOPは怖いじゃないか。中々やる。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.0
楠桂の漫画が原作のOVA。まず驚くのが、絵柄が楠桂のタッチそのまんま!美樹本などもそうだが、80年代のアニメーションのスタイルに適したキャラクターデザインだね。
だからこそ、今の時代にリメイクし辛い作品だなとも思う。80年代という時代に則した作品だね。

武田信玄配下の忍び“緋影”は、妖魔の親玉となり消えた幼なじみの魔浪を追う。妖魔と戦い、顔に痣のある娘アヤとの出会うが救えず。
別の女のアヤとも出会い、魔浪と戦う。

作画が良いし全体的にアクションも迫力ある。
が、魔浪のキャラクターの掘り下げが甘いのがイカンともし難い。やっぱり尺が短いからね。敵キャラに感情移入し辛いのが勿体ない。
魔浪〜マロウ〜も発音だけ聞いてるとマルオに空耳してくる。ズバリそうでしょう。
途中信長の快進撃も触れられているが、その辺の史実との絡みも少なかったのも勿体ないな。

スプラッタ描写の激しさ込みで、80年代末アニメの混沌さが楽しめることは保証できるわ。
すぎた

すぎたの感想・評価

3.0
前編は中々好み。
序盤の忍者同士の戦闘でお互い終始無言でやり合うとか、忍び感ある見応えあるものがみれた。
青二歳

青二歳の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

“鬼切丸”は好きだったけどこれは未読。楠桂原作。
この流れだと幼馴染が実は異形のものという哀しい設定なんだろうなぁと思ってたら、予想をはるかに越える異形っぷりで泣けた。幼馴染のあの姿はない…黄泉竈食ひ後のイザナミをイザナギが見た衝撃に匹敵するのでは…という異形の姿。

スプラッタというか…なんだか内臓をやたら露出する系のグロさ。後半はキメラがやたら活躍する。元々OVAだから突き抜けたグロ表現は分かるけど、よく劇場公開したな…と呆れるくらいにはアカン程度のグロさだった(。-∀-)
なのに掲載誌がりぼんオリジナルとは。隔月刊のあれか。よく連載してましたね。今見るとBL愛好家に再評価されそう。
タキ

タキの感想・評価

3.5
原作のテイストをしっかり踏襲している作品。

宿命を背負った忍者と妖魔との戦い。

数え歌は印象的で今でも思い出します。

この時代だからか映像にして良かった作品かも。
J

Jの感想・評価

3.0
忍者と妖魔の宿命の物語。ちょっぴりグロなアニメ。2話構成になっている。赤ん坊の頃忍びの里に捨てられた緋影と魔狼は兄弟のように暮らして来た。しかしあるとき緋影は致命的な傷を負ってしまう。しかしその致命的な傷を負わせたのは魔狼だった。一体なぜ?それが物語のはじまりである。
しかし知らぬアニメ映画はまだまだありそうだな。色々出会えるというのはいいものだ。楠桂原作作品。

あなたにおすすめの記事