ブラッドシンプル ザ・スリラーの作品情報・感想・評価

「ブラッドシンプル ザ・スリラー」に投稿された感想・評価

みごとな演出。シャイニングよりこわかった。
複雑なのにわかりやすいの不思議。手品みたい。
「細かすぎて伝わらない映画監督」
コーエン兄弟デビュー作の再編集版。

【見どころ1:こだわりの強すぎる再編集】
オリジナルよりも再編集版の方が4分短くなっている。普通は逆じゃね!?
コーエン兄弟はとにかくムダを省きたがるで有名。DVD特典で編集前と後を比較できるが、素人目にはほとんど変わってなくね?と思うような箇所もあり、クリエイターとしてのキモ…こだわりを感じた。自分がバンドマンやってた頃、ギターの音色に凝りすぎてエフェクターボードが2mくらいになってた先輩を思い出すなぁ…。
ちなみに何故こんなことができるかというと、自主制作映画のため監督がファイナルカット権を持ってるから。ジョージ・ルーカスがスターウォーズ過去作をやたらと再編集したがるのも同じ理由。

【見どころ2:数奇な偶然の連鎖に酔う】
「ブラッド・シンプル」とは頭にが血が上ってぼーっとした状態、という意味に取れる。複数の登場人物がそれぞれの思惑で見切り発車的に行動することで二転三転するストーリーを暗示している。結果、コーエン兄弟の作品はどれも観客が置いてかれるパターンが多いのだが、本作は男3女1のシンプル設計だから大丈夫!
一挺のリボルバーが登場人物たちの手を巡りめぐっていく奇妙な偶然の連鎖。果たして神は誰に味方するのか⁈残弾数をカウントしながら観るべし。

【見どころ3:主演女優に手を出す兄ジョエル】
駆け出しの若手主演女優フランシス・マクドーマンドは兄ジョエル(長髪)と撮影中に意気投合し結婚。2018年アカデミー主演女優賞に輝いた『スリー・ビルボード』ではゴツい武闘派おばちゃんを演じていたが、彼女にも可愛らしい時代があったんですね。 しっかしまだ一本も映画撮ってないくせに女優に手を出すとかジョエルてめぇこの野郎!
…俺も映画撮ろうかな。

ちなみにジョエルは『死霊のはらわた』でサム・ライミ監督の編集アシスタントをしていた縁で、本作では飼い犬が迫ってくる主観ショットにサム・ライミの編み出した撮影技法「シェイキーカム」が用いられている。撮影技法といってもカメラを2枚の板切れに固定して全力ダッシュするだけなんだが…。3人は友人としてその後も共同脚本を書いたりお互いの作品にカメオ出演したりしている。

【見どころ4:実はユダヤ教ネタが隠されている】
「ブラッド・シンプル」は“愚かな血統”という意味にも取れる。では登場人物たちの愚かな子孫とは誰のことだろうか?
ネットの噂によると、実はミケランジェロの絵画「アダムの創造」がヒントになっているらしい。従業員のレイはアダム、ボスのマーティは神で、2人のいい歳した男がイブ(厳密にはリリス)であるアビーを取り合っている構図になるそうだ。男ってバカよね〜ってことか?
更には旧約聖書の「士師記」やユダヤ人差別などのネタが二重三重に隠されている。壁に空いた6つの穴、リボルバーの6連装のシリンダー、水道管の六角形のバルブは全て「ダビデの星」を暗示している。本作はユダヤ系慈善団体の出資で製作されているので、きっと「ビバユダヤな映画作りますんでなにとぞ!」とか言って営業したのではないだろうか。
しかしコーエン兄弟は批評家から意味不明と言われようと絶対にタネ明かしをしない。分かる人だけ分かればいいっていう…
こういう人嫌いだわぁ(笑)

参考図書:「すべてはブラッドシンプルから始まった」→本作から『オー、ブラザー!』までの撮影裏話を収録した伝記。しかし本編の解説はほぼ無し…。嫌いだわー
再編集版は初鑑賞、と言ってもオリジナルを観たのは随分前。少しの欲が僅かなズレを生み出し、それが拡がっていく様が面白い。それをキレある映像美で構築した力量はさすが。真っ当に生きなさいよ皆さん、というコーエン兄弟の呟きが聞こえてきそうだ。‬フランシス・マクドーマンドの可愛さは心に留めておこう。
I

Iの感想・評価

3.7
長編デビュー作ということで脚本は粗さが目立つけど、コーエン兄弟肝入りのラストシーンは流石に見入ってしまった。

手を掴んでるのに顔は見えず、銃声のたびに光源が増えていく、凄まじいホラー。

初めに撮影したあのワンカットを持って資金繰り営業まわったってエピソードも好き。

最近ではすっかりイカついおばさん役でお馴染みのフランシス・マクドマーンドもこの頃は普通の可愛い女の子、新鮮。
歴史と切り離されたようなアメリカの郊外の風景が魅力的。アップショットの人物の輪郭を包むピンク色のネオン管の光や壁に空いた弾痕から差し込む光線など照明が印象に残る。勝手気儘に動き回る虫を何匹か透明なケースに入れて観察してるみたい
Yoko

Yokoの感想・評価

4.3
不倫関係にあった男女。
男の雇い主であると同時に寝取られた夫は二人に憎しみを抱き…。


コーエン兄弟はそんなに好きではないのだけど、これはすごい。
滴り、染まる血。
男を惑わすことになる女についてのダイイングメッセージ。
そして、死体が惑わす掛け違えのドラマ。
悔しいけど息が詰まるほど面白い。
ポプ男

ポプ男の感想・評価

3.7
ジョエル・コーエン監督なだけあってファーゴに似ている。
勘違いによってどんどん事態が悪化していき、取り返しのつかないことになる。
という流れ。
似ているといえど
ファーゴような陰湿さはないので
その分見やすかった( ・∀・ )
temmacho

temmachoの感想・評価

4.0
《コーエン兄弟》のデビュー作であり、その妻の今年のオスカー女優《フランシス・マクドーマンド》のデビュー作でもある【ブラッドシンプル(1984)】のデレクターズカット版。

猜疑心と勘違いの連鎖による滑稽な殺人。
所々にワナが仕掛けられた練り込まれた脚本はさすが《コーエン兄弟》
若く美しい《フランシス・マクドーマンド》も必見です。
ミク

ミクの感想・評価

4.5
ミニマムな登場人物、セリフだけど濃密な人間臭さ。小物使いが巧みで、関連した事が必ず起きるなと分かりやすい演出も、映画好きの心をストレートに掴んでくる手腕もさすが。滴り落ちる鮮血が美しい。

言葉という一見便利そうなツールを使えたとしても、思い込みのフィルターにかけられてしまうと、真実は虚実へと変貌してしまう恐ろしさ。可視化が不可能なだけに、真実を知ってしまう頃には手遅れな訳で、人ってどこまでも愚かになれるもんだなあと思った。

セリフが少ない分、ゆっくりと閑散とした世界感なのにテンポがいい。サスペンスなのにコミカルで、この観やすさが好き。
31monks

31monksの感想・評価

3.0
どう観てもコーエン兄弟というのがすごい。ただ勘違いの連鎖に少し無理を感じた。
>|