感激の町の作品情報・感想・評価

「感激の町」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.4
看守

「少年の町」の続編
フラナガン神父と少年たちのその後

皆んな、ともに成長してます

山あり谷ありの彼ら
笑いあり涙ありで見応えあった

少女も登場します

音楽の演奏、歌が印象的でした
神父役スペンサー・トレイシーと少年ミッキー・ルーニーが出演していた『少年の町』の続編。

この作品、少年の生き方&今後の人生の在り方を描こうとはしているのだが、どうも「少年の町」運営のお金にまつわる話が多い気がした。
Ricola

Ricolaの感想・評価

3.7
「少年の町」の続編作品。

オープニングの賛美歌、「グロリア」から涙が出そうだった笑

前作で小さかったピーウィーも大きくなって…!他の子供たちもちょっと大きくなっている。

前作はフラナガン神父(スペンサー・トレイシー)が絶対的に強かったけれど、今作ではそんな彼も周りから助けられる。

今回は少年の町がどれほど周りに支えられているかがよく描かれている。

信念を持ったホワイティ(ミッキー・ルーニー)と悪ガキの争いやお金持ちの合わない生活で浮きまくりのホワイティなど、笑いの要素もちょいちょいあった。

最後まで盛りだくさんで、笑いあり涙ありの心にじんわりくる映画だった。
『少年の町』の続編。フラナガン神父はもちろん、ホワイティーやピーウィーなどの主要キャラクターも皆続投!少し成長したみんなに会えました。青少年向けの保護養育施設「少年の町」のその後を描いた物語。

個人的には前作よりもこちらの方が好きで、思わず泣いてしまうくらいには感動するシーンもいくつかありました...!
施設から巣立つ子供達もいれば、その引き取られた先で苦労する子供達もいたりと、なかなかドラマチックな展開。
しまいには少年院も絡んできて、間違った教育体制に神父が警鐘を鳴らすという超シビアな内容にもなるなど、決してファミリー映画とは一括りにできない印象でした。
足を怪我した少年を笑顔にするために、施設の子供達が一致団結するエピソードは特にホロリ...。前作から続く、神父とホワイティーの絆にもホロリ...。

そしてラストの卒業シーン。もうどんな映画も卒業シーンは反則ですよね、思わず毎回涙してしまいます。子供達の未来に栄光あれ、そんなフラナガン神父の想いが手に取るように分かってまた泣いてしまいました。

クラシック映画の中でも特筆すべき、感動的な名作。前作と合わせて、かなりおすすめです!
ホワイティやピーウィーたちが帰ってきたよ!『少年の町』の続編!
今度はホワイティが大金持ちになるわ少年院にぶち込まれるわでドラマティックな展開になっており、アップダウンが激しい

やさぐれ美少年や、ギャングスタ版のピーウィーなど新キャラも!



しかし飛ばし過ぎた内容にオチがつけられず、雑な終わり方になったのは否めない
あとホワイティのキャラが聖人になり過ぎたのも微妙だった...

でも面白いので、あと100分くらい長くても全然オッケー

このレビューはネタバレを含みます

前作から三年後に制作された作品。続でも2でも無く、感激の町とは…。
少年の町のキャストが、割とそのまま出演してます。十二人の怒れる男の三番陪審員のあのオッサンも。

前作よりは内容が辛く重いものになっているのが、この作品の特徴でしょう。少年院の過酷さというか、非人道的な描き方は、白黒だからまだ見られます。カラーだったら……さそりシリーズが近いかな。棍棒でぶっ叩いて、バケツの水を浴びせ、延々とアヒル歩きをさせる。また、少年の町が人手に渡ってしまったり、ホワイティーが金持ちの養子になったり、足が不自由で、中々心を開かない少年や、チビッ子ギャング(死語)の少年が出てきたり、バラエティーに富んでます。その分、神父の出番が少なくなってしまっています。

確かに三作目を見たいという気持ちには不思議とならないので、これで完結で正解だったのかも知れません。また、違うキャストで作るならば、現在の少年の町が舞台となるでしょうから、あまり面白くなさそうですし。

スペンサー・トレイシー、ミッキー・ルーニー、この二人の競演があったからこその傑作映画だと思います。