少年の町の作品情報・感想・評価

「少年の町」に投稿された感想・評価

ピーウィー「ほわいてぃをたすけて...」



子ども映画ではオールタイム・ベスト

ジュディー・ガーランドと並んでMGM黄金期を支えた、名子役スターのミッキー・ルーニーの熱演に感動
本当にここまで上手い子役はいないのでは無いだろうか?

30年代の作品にしては、意外にも画質が良かった
SJ

SJの感想・評価

3.0
とある神父が、ストリートチルドレンの生きる場所として、少年の街という施設を作る。

居場所のない、生活できない子供達は奪うことでしか生きる術を知らない。

ここの街(施設)では、そんな子供達に生み出すことを教えている。それはモノであり、人との関わり方もそうである。

こういった居場所作りはこれからの世の中盛んになるのではないだろうか。

このレビューはネタバレを含みます

わたしが初レビューだったのでちょこっと書いてみます。


非行な少年や、家庭に問題がある少年達を1人の心優しい神父がこのままでは貧しさで悪さを犯してしまうので預かり、始めは少人数だったけど、次第に少年達も増え、街の人達から寄付金を集めたりして神父さんが彼らだけの町を作った。

そこでは少年達で選挙をして市長を決めたり、学校で学んだり、すべて自分達で考えて生活していた。


初めは悪ガキな少年も環境や、周りの仲間達、神父さんなどと生活していくうちに心の綺麗な素晴らしい大人になって行くので、その過程が見ていて泣けてきます。


私もシンプルに心が綺麗になった!


とても心が綺麗になる話。

あまりにもいい話なので調べたら実話を元にした映画だったので、これまた凄いなと思いました。


素敵な作品でした。


続編も楽しみ!