殺人遊戯の作品情報・感想・評価

「殺人遊戯」に投稿された感想・評価

クライマックスの長回しの銃撃戦が至高。
ゴキブリ商事等ギャグもキレてる。
映画後半松田優作は全くセリフを話さなくなるがその仕草と表情による情報量は何よりも多い。
なんか殺し屋の話。
内容自体は大した事ないんだけど、松田優作は、いいぞ。ってなるやつ。
優作が走る、跳ぶ、そして撃つ!
優作の魅力を前面的に押し出した『遊戯シリーズ』第二弾。
ほんとにこのシリーズは演者とスタッフの全てが一丸となって、溢れんばかりの熱量を注ぎ込んでいるのが伝わってくる。それほど密度の濃い作品。強引なストーリー展開も、息遣いの聞こえてきそうな優作の野生的な魅力でかき消されており、前作にも増してコミカルな要素が強いのも余裕と感じられる。
この勢いでTV『探偵物語』に突入したかと思うと、あの面白さも納得できる。
前作と比べてもコミカルになってますので、私はこちらの方が好きですね。松田優作のかっこよさにはまってしまいそうです。阿藤快とのコンビも良かったです。ゴキブリ商事ね。中島ゆたかも妖艶で、佐藤慶もいやらしく、希望通りのキャラクターでした。満足です。
nick

nickの感想・評価

-
2018/09/17
Amazonプライム

BGM かかなりルパンと同化してる、ってどうかしてる。
m

mの感想・評価

-
階段の下から上へ手渡しでカメラを移動させて被写体を追うカメラワークが1箇所あった。長回しならではのアクロバットな撮り方だなと思った。
松田優作が歌ってる挿入歌が下手くそで面白かった
観終わってから、後半ほとんどセリフないの気付かせる松田優作の演技やばくね?

プロット完全に黒澤の用心棒で面白かった〜
前作よりもギャグがメインの場面が多く、その分好みが分かれる続編であると感じた。
中でも序盤の鳴海が阿藤快さん演じる文太と借金の取り立てをする場面は本当にギャグでしかなく、物語上必要であったかどうかも怪しい。
しかし後半部は個人的には非常に良かった。
「夏の流れ」が流れる中最終決戦への準備を進める鳴海の姿は格好良いもので、物語の結末に関しても、哀愁漂うものになっており前作との差別化が上手く図れていたと感じた。
またクライマックスの戦闘場面に関しては、物語上マグナムの代わりにオートマティック拳銃を使う鳴海の姿が新鮮であったと共に「やっぱり彼にはマグナムが一番似合う」と改めて感じさせられた。
Shunsuke

Shunsukeの感想・評価

3.2
3.2点
かっこいいなぁ。
ドア裏の弾着の配線、バレてましたよ。
ひでみ

ひでみの感想・評価

4.0
松田優作のアクション堪能出来ました。オフモードの鳴海昌平も良いなー。エンディングは前作に続きまたも渋谷。
>|