最も危険な遊戯の作品情報・感想・評価

「最も危険な遊戯」に投稿された感想・評価

Wu

Wuの感想・評価

3.4
みんな悪者みたいで話は今ひとつよく分からなかったけど、あの刑事が撃たれて倒れるシーンは、とてもカッコいい。
ごはん

ごはんの感想・評価

3.0
松田優作が映画館で観られる!?観に行かなくては!!!!の使命感から観てきました。

松田優作のスタイルの良さと、あの口調が癖になる!
キメると格好いいのにイマイチ決まらない、草刈正雄に負けてしまう三枚目と二枚目の間……


どこまで走んねん!車も飛ばしちゃえよ!
…みたいなツッコミどころはあるけど、長回しのシーンとかカメラワークとかはすごいいいなぁと思った次第でございます。

野獣死すべしも映画館で観たいなぁ……
たいち

たいちの感想・評価

3.0
シリアスと思いきや結構ギャグ満載!マジダッシュで車を追い越すとかコント笑
しずく

しずくの感想・評価

3.5
国家権力に立ち向かう殺し屋を描くアクション。村川透監督×松田優作さんの遊戯シリーズ第1弾。ハードボイルドだけど、お茶目な部分もある格好いい主人公を演じた松田優作さんに惚れ惚れします。女性の扱いが今の世の中じゃ考えられないくらい酷いんですが、それすらかっこよく見えてしまうなんて私がおかしいのでしょうか。昭和の匂いが漂う雰囲気も好きです。黒電話が懐かしい(笑)(2016年鑑賞@GyaO!)
「遊戯シリーズ」第1作目。
はぁ〜っとため息が出るくらい松田優作がカッコ良すぎます‼️

内容は無茶苦茶な雇われヒットマンが暴れるだけなんだけど、「俺にはルールは関係ないぜ」的な格好良さで楽しめる。
普通にナイフで髭剃るんだもん(笑)
傷の消毒も酒を吹きかけるんだもん(笑)
でも草刈正雄には負けちゃう人間らしさ。

元々は低予算で作られた映画らしいけど、大ヒットしてシリーズ化されたらしい今作。
こういう映画をリアルタイムで劇場で観たかったなー。
Filmsounds

Filmsoundsの感想・評価

3.0
村川透&松田優作による「遊戯」シリーズの第一作。松田優作のハードながらもウィットに富んだ演技がキモ。彼なしでは、成立し得ない作品だと思う。コテコテの娯楽映画かと思えば、廃屋での長回しシーンなど、作り手のこだわりが見える部分も目立つ。全体的に、映画というよりは『ルパン三世』のようなハードボイルドコミックを思わせる作りだった。
tjr

tjrの感想・評価

3.7
やや只野仁的なハードボイルド感が鼻に付くが、アクションシーンの数々に心躍る。最初にアジトへ潜入する際の定点観測ぶり、松田優作爆走シーンの視点切り替えや車逆走の面白さ、与えられた空間を縦横無尽になめる快感よ。ヒロインはだいたい半裸。
moocho

moochoの感想・評価

2.5
「蘇える金狼」に続き鑑賞。
この作品も、昭和男が妄想する理想の男像なのかな?
今の時代には合わない。
BruceWayne

BruceWayneの感想・評価

3.6
昔観た時はもっと面白く感じた気がするんだよな…
松田優作のための映画だね。

「これからもよろしく。素敵なゲームをありがとう。」
冒頭の麻雀シーンの豪華さがピーク。
女の扱いが雑で、いやそれがハードボイルドだ、と言われれば口をつぐむが、じゃあ女なんて出さなければいいのに、とも思うが70年代のこと、そんなことを言っても仕方ないのだろうと思う。

悪役の魅力を引き出してないところが退屈。
松田優作の身体性やおかしみ、は充分にでているが、引き立てる悪役に個性が薄く片手落ち。それをカバーするスター性を松田優作に感じることができるか、でこの映画を楽しめるかどうかが決まるのでは。
>|