探偵はBARにいるの作品情報・感想・評価・動画配信

探偵はBARにいる2011年製作の映画)

上映日:2011年09月10日

製作国:

上映時間:125分

3.4

あらすじ

「探偵はBARにいる」に投稿された感想・評価

TAKE

TAKEの感想・評価

3.9
札幌はススキノを舞台にした探偵物語。

古沢良太脚本でチョイス。昔見て、訳あって再鑑賞。

体に不調を兆し、ひと月ばかり入院してました。入院中は映画を見れる環境でなくて、ひたすらYouTubeのお世話に。
よく見てたのが、爆食系、考察系、モノマネ、都市伝説などで、なぜかウイスキー動画にもハマってしまいました。
そういえばバーでお酒やタバコをカッコ良く見せる映画があったな、で、もう一度見てみようと。

やっぱりカッコいいというか、雰囲気がいい。バーのシーンもサマになってる。マスターが電話をそっと差し出すのもにくい仕草だ。
この街のプライベートアイは松田龍平じゃないんだ。でも、相棒としていい味出してる。もうひとりの相棒?のご機嫌を取らないと動いてくれない愛車も素敵な存在。
私も見習おう。

ストーリーはさすがの脚本で、最後まで面白く、ハードボイルド感もあり、掛け合いも楽しく、なにより雰囲気が私にはハマりました。

好き嫌いが分かれる映画かも、でもおすすめの映画です。

次はコンフィデンスマンかな。
maigo

maigoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前知識通り+なんかチャカめっちゃ多い、という感想。ハードボイルド×ギャグ×ヤクザ…?最近ほんもののそういう映画(松田優作的な…)を観てたからそれにコメディをかけてシリアスで終わらすとしたらこうなるよね、という感じ。当て書きなのかな……。
真っ白なウェディングドレスと黒い拳銃いいよね、わかる。
想像よりゴア描写多いけど、冬のススキノの雰囲気よすぎ!大泉洋と松田龍平の絡み楽しい!

エンドロールの冬のススキノとカルメンマキの相性が超良い
おもしろかった。とりあえずでシリーズ全部観ようかなって感じ。久しぶりに邦画観たけどはずれじゃなくてよかったぁ。
埴輪

埴輪の感想・評価

3.6
色々な事件や関係性が繋がっていくところは面白かった
役者さんの演技とかセリフはテンポ良かった
ケンカとか血まみれシーンが多かったので見てて少し疲れる
YK

YKの感想・評価

3.4
さすが古沢良太さん脚本。
細かくてシュールな笑いをふんだんに盛り込みつつ、そのふざけてる主人公がふと真面目になった時のカッコよさ、そひて最後の最後に大どんでん返し。
リーガルハイ、コンフィデンスマンと同じ構成で最高
雰囲気好き。
好き嫌いが分かれる作品やな。私は好きな方。小雪が綺麗。
エンドクレジットの80年代の歌謡曲のような歌が流れながらの夜の街がいい。ボーって見入った✨

このレビューはネタバレを含みます

わーきゃー叫ぶ洋ちゃんを見て育ったので序盤はザ・ハードボイルドな役をしてるのが「キャラ演じてんなあ笑」みたいな見方をしちゃってたけど、ずーーっとそれを貫くからめちゃくちゃかっこよく見えてくるし、魅力的に見えた。


とにかく松田龍平はズルい。エロい。カッコいい。何やってもカッコいいじゃんか。そんなのズルい。そしてエロい。

終わり方もグッドエンドじゃないのがよかった。
探偵と、霧島グループの社長と、クラブのママで霧島の妻の沙織と、コンドウキョウコの話。
絆花

絆花の感想・評価

3.8
最近まほろシリーズを見て松田龍平にハマったので同じバディものと聞いてこっちも見たけど言うほどバディ感は無かった。
でも大泉洋も松田龍平もそれぞれが良いキャラクターしてた。

大泉洋演じる探偵は決して真っ当な正義漢ではないけど芯があって格好良かったし、松田龍平演じる高田が掴み所がなくてヘラヘラしてるのに喧嘩は強いってとこが最高。まほろの仰天みたいな長髪髭でダラダラしてる役もめちゃくちゃ良いけど割りかし小綺麗でシュッとしてる高田みたいな役でも相変わらずの色気があって良かった。
どっちも格好良すぎるキャラじゃないからこそ逆にアクションシーンがギャップで映える。
小雪が出てる作品を見たのはこれが初めてだけどこんなに綺麗な人だと思ってなかった。とても良い女性キャラでした。

面白かったので続けて2と3も見ます。
>|

あなたにおすすめの記事