探偵はBARにいるの作品情報・感想・評価

探偵はBARにいる2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.3

「探偵はBARにいる」に投稿された感想・評価

キャストに興味があり視聴。

大泉洋は「水曜どうでしょう」のイメージが強すぎ、演技に違和感しかない。。。
松田龍平は父親譲りのアクションもできる名俳優。

ストーリーとテンポのよさで、エンターテイメントとして面白い映画。
ぷ

ぷの感想・評価

2.5
邦画って、役者本人のキャラクターが見えちゃって、上手く脳を騙せない…。
大泉洋、、好きだけどね。
ご当地が舞台の映画の中では北海道が1番舞台として映えるなと思った。大泉洋×ハードな演出が意外だった。アクション、コミカル、ミステリー要素があるからもう少しエロ要素入ってくると大人総合エンタメになるかなと思う。
脚本古沢良太だったんだ。ヤクザとサウナのシーンが一番面白かった
rii

riiの感想・評価

3.7
どーしようもない男2人が必死こいてる姿が良い。列車のシーンの洋ちゃんのセリフで大号泣。
日頃だらしないのにやるときやるギャップ。
ロマンですね。

松田龍平さんがチートすぎるかっこよさ。
いや、ほんと、かっこよすぎるでしょ。
最近、大泉洋と言う人にそこはかとない色気を感じるので鑑賞。あら、やっぱり色気あるわ。
うん。良い感じ。
ハードボイルドに見せ掛けながらハーフボイルドなとこは最高ですね。
探偵ものってこうこなくっちゃ。
懐かしいイメージの内容でシリーズが見たくなりました。
いつか4やったら映画館に観に行こっと。


小雪って正直あんまり好きなタイプの女優じゃないんだけどちょっと好感度アップしました。
北村

北村の感想・評価

2.5
わぁぁぁここのビルってあそこのだあーー!!って騒ぎながらみるのが醍醐味。
知ってる街が映画にでてきたらこんなに楽しいのね。
れじみ

れじみの感想・評価

3.5
良作。ただ思ってたより湿度は高め。地方特有の負のスパイラルを背景に設定しているため終始じめっとした空気が漂う。現実とほぼ地続きな陽性な大泉洋の探偵っぷりと作品の陰性な空気が合ってるような合ってないような…。探偵は所詮探偵と言う割り切り故のラストの消化不良感は賛否が別れるところだろうか。

松田龍平の無敵っぷりをエンタメ的要素として活かしつつ、とは言え探偵なら何でも出来るわけじゃないよと言う現実に即した展開は非常に堅実ではあるが、カタルシスに欠ける面も…。こんなシーン要らないよ!と無粋な言い方をする程ではないのだが上映時間の長さも結構気になる。
>|