探偵はBARにいるの作品情報・感想・評価

探偵はBARにいる2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

3.4

「探偵はBARにいる」に投稿された感想・評価

め

めの感想・評価

3.9
大泉洋と松田龍平にしかできないよね〜という感じ、どちらも大好きなのでたまらない映画だった。北海道行きたいなあ。
tetsu

tetsuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

友達に勧められてレンタル。
コミカルな場面からシリアスな場面に一気に変わるから、展開について行けなかったシーンもあったな。。大泉洋だからコミカルな方にバイアスがかかってしまっていたけれど(笑)結末は救いようもないくらいに切ない(>_<)
沙織の覚悟の行動は、切なくて残酷だけれど、美しく魅了されました。
Dachiko

Dachikoの感想・評価

3.5
昭和テイストなざらついたクオリティにこれまた古き良きハードボイルドが映える。

探偵って本当夢がある職業だと思うけど、現実はこんな劇的で人情味溢れる依頼はそう無いのだろう。
浮気調査などといった、むしろ真逆な陰気な仕事ばかり入るらしい。けど、たまにでもいいからこんな依頼が舞い込んでくれば、人間捨てたものじゃないなと思えるかも。

すすきのに行った事ない人もある人も見れば何故かすすきのが懐かしくなるようなそんな作品。

大泉洋の話し方が途中からルパンにしか聞こえない。
あと西田敏行のルックスは完璧にミスリードを誘う。
大泉洋ってやっぱりすごいんだなぁ。

コメディとシリアスの振り幅がおおきくて、シリアスモードでは普通にカッコいいもんなぁ。

小雪の華やかさと銃という組み合わせのアンバランスさが印象的
ドラマ仕立てー!って感じの演出。嫌な人は嫌なんだろうな。
ロケ地がすべて北海道(ほとんどすすきの)なので、あそこかー!と楽しめました。ゆるっとした松田龍平が最高…。若い野村周平も出てました
まい

まいの感想・評価

4.8
全体はコミカルだが、ラストは切ない。大泉洋はコミカルな演技もシリアスな演技も出来るということがこの映画で分かるだろう。
最後に流れる、カルメン・マキが劇中でも歌った『時計を止めて』が、物語の全てを優しく包み込み、オーディエンスへの最高の余韻となって響き、この映画への心象を間違いなくあげてくれた。

レイモンド・チャンドラー的ハードボイルド感(フィリップ・マーロウ感)だったり、松田優作的なチャーミングなユーモアだったり、フィルムカメラで撮ったような(実際に何で撮ったのかは知らない)ザラついた質感の、雪積もる夜のすすきのだったり。
ぼくは全てが好きであった。

あと、大泉洋は素晴らしかった。
たまに、すずむしっぽいアホさが出るのがよい。
伏線はわかりやすい。大泉洋と松田龍平がいい味を出している。北海道を舞台にした人情ある映画。
水曜どうでしょうの「宮崎リゾート満喫の旅」を先に見てしまっていたので、大泉洋がバーのカウンター席にいるだけでクスクスしてしまった。申し訳ない。。
他のシーンはアクションも含めて渋かっこよくまとまってます。

随所随所で北海道名物が登場!
あつと

あつとの感想・評価

3.5
2,3を見てもう一度評価してみようと思います。
1を1回見ただけじゃなかなか評価しづらい
>|