もっともあぶない刑事の作品情報・感想・評価

「もっともあぶない刑事」に投稿された感想・評価

kuroko

kurokoの感想・評価

-
俺たち運がいいから♪

チャラい所もあるけど今回は下ネタ少なめキザ多め。総じて似合ってしまうのがこの2人。

敵も不死身だかこの2人も充分不死身です。辞職を覚悟した最後の大暴れ。普通なら死んでます(笑)。
なんだかんだタカとユージを信じてる近藤課長が素敵でした。


今回から薫ちゃんのコスがパワーアップ!

2019-113
松ノ木

松ノ木の感想・評価

4.0
二人とも若い!やっぱりタカ&ユージはカッコいい!「俺たち運がいいからな~」
やっぱり面白いなあ、あぶデカは\(^o^)/
主演の二人が魅力的なのはモチロンだけど、港署のチームワークが素晴らしい。やっぱり近藤課長(中条静夫)の存在が必要不可欠だと思うんで、この3作目まではイッキ見推奨。あと浅野温子のコスプレがさらにグレードアップ。この女優さんの一番のハマリ役って実はカオルちゃん役なんじゃないの。それくらいインパクト大。

このレビューはネタバレを含みます

あの爆破で生き残ってたとは当時ンなアホな!と思ったものでした。
miu

miuの感想・評価

3.6
昔だから許されるパトカーの中のダミー人形。
まぁ大好きだわぁ
鑑賞回数:2
物語:★★★☆☆ 3.5
配役:★★★★☆ 4.0
演出:★★★☆☆ 3.0
映像:★★★☆☆ 3.5
音楽:★★★☆☆ 3.5
再見:★★★☆☆ 3.0

「こんな面白い仕事 やめられねぇよ」

あぶ刑事映画3作目
TVドラマ もっとあぶない刑事の最終話的な作品
現実でも不祥事が多いイメージのある神奈川県警が港署コンビに立ちはだかる
物語の大筋が良くなった分、個人的には演出がイマイチ
パトカーを何台もクラッシュさせたりと、お金は掛かっていると感じるが全体的に迫力不足
浅野温子も七変化と言わんばかりに頑張っているが、登場時のテンポの悪さは否めず
何より今作は、どちらがタカ どちらがユージでも成り立つような活躍しかなかった印象
女紹介するからの多用も ややワンパターン
あぶ刑事だけに笑えるシーンや名言も少なくなかったが、正直物足りなかった
コンビの良き理解者、中条静夫の課長が今作で見納めなのが寂しい

「人間にはな それぞれ持って生まれたキャラクターってもんがあるんだ」

「バイバイ ベイビー」
あぶない刑事シリーズの第三弾。
貿易商殺しの殺人犯で時効間際の犯人追跡を命じられた二人だが、調査する間に警察内汚職が発覚! 正義の味方「タカ」&「ユージ」が立ち向かう!
ベイブリッジをバックに護送車から「綺麗だな」の台詞のシーンが、本当にかっこいい! 演出の素晴らしさと音楽の使い方が上手いですね!
いつものお約束の展開が多いが、それが「あぶ刑事」です!
最高に楽しめる作品です!
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.3
タカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)が挑む今回の事件は、銀星会絡みの拳銃密造。独自の捜査を進めるタカとユージに、銀星会はチンピラを使い二人の命を狙ってきた。捜査から外された二人は15年前の貿易商殺しを担当するハメに。タカとユージは銀星会の線からこの事件の捜査に取りかかる。時効まであと4日、残された時間でホシを挙げられるか……。
映画版「あぶない刑事」シリーズ第3作。
タカ&ユージが、15年前の貿易商殺しを追う中で、犯人である銀星会子飼いの殺し屋と遭遇し、殺し屋から銀星会と神奈川県警刑事本部長の癒着を知り、生き証人である殺し屋を守り抜き、銀星会を倒し神奈川県警刑事本部長の犯罪を暴く決死の捜査と戦いが、ハードボイルド・アクションが得意なハードボイルドタッチな語り口で、タカ&ユージが空きビルや倉庫での殺し屋軍団とのガンバトル、パトカーとのカーチェイスなど迫力満点のアクションの連続で描かれていて、シリーズ中タカ&ユージのハードボイルドな魅力が堪能出来るハードボイルドアクション。
222ml

222mlの感想・評価

4.0
「昨日の女はどうした」「午前零時のチャイムと同時に別れた」
このやり取りだけで100億点出るんだよな

あぶない刑事のおかげでこの世にはアイドルムービーてものが存在することに気づけた、というか心で理解できた。
ユージ推しです。いくぜ!!!!!!!
ろっち

ろっちの感想・評価

3.1
過去鑑賞
あぶ刑事映画第三弾。
毎回の事ですが走ります。
カッコいい2人のはみ出し刑事。そろそろ飽きてきたのも事実。
まぁ多くは語るまい(笑)
>|