魔女の宅急便の作品情報・感想・評価

魔女の宅急便1989年製作の映画)

KIKI'S DELIVERY SERVICE

上映日:1989年07月29日

製作国:

上映時間:112分

4.0

「魔女の宅急便」に投稿された感想・評価

登場人物みんな気持ちがいい。気持ちいいアニメだ。ほうきに乗ってユーミン聴きたいな
[13歳の成長譚]

 ラストの飛行船のスペクタクルが圧巻。そして、キキ(高山みなみ)がデッキブラシで飛ぼうとする、その瞬間が息をのむ素晴らしさだった。

 また、飛べなくなるというスランプをどう乗り切るか、というテーマに関して、ジタバタしたり、やめたり、ウルスラ(キキと声が同じ人だから自分自身かも)に話したり、という示唆。その場面が短すぎるけれど、そのテーマはさすが宮崎駿だと思う。

 そして、13歳の中学1年生位のキキの成長物語として、親からの独立としての旅立ちがあったり、甘えがあったり(中1の女子が父に抱っこされるのは論外と思うけれども)。そして、家族へ居所を知らせる手紙は成長の一段階ではないかと。

 トンボとのやり取りがあまりにも幼くて違和感があったり、もう少しこちらの心に引っ掛かるものが欲しい気はしたが、なかなか良く出来ていると思った。冒頭と終わりに「ルージュの伝言」と「やさしさに包まれたなら」と荒井由実の歌を持って来るのも選曲がいいように思った。

 何人かで封切りで観たことも思い出した。その時から随分時間が経ったと思う(2021.4.18)。
完璧。
個人的にはジブリの中でも上位。
絵と、設定と、登場人物と、1番ええと思ったのは「曲」
曲が印象に残るのばっかりで、僕が作ったことにして欲しい笑
自慢する人生を送りたい笑
1989年の作品なんですってね。
どんだけ色褪せへんねん笑
何年経っても色褪せなさそう。
何歳なっても刺さりそう。
見てない人います??笑
この頃のジブリは、割とテレビでやるし、タイミングがあるなら是非見てほしいやつ。
好みは人それぞれなので「で?」となる方もいるかも知れませんけど、それでも見ててええやつやと思います。
「人生損してる」とまでは言いませんけど笑
お時間見つけて是非。
Stella

Stellaの感想・評価

4.0
良かった🥺
自立することの楽しさを魔法を通して教えてくれた。
RyoSasaki

RyoSasakiの感想・評価

4.5
「そういう時はジタバタするしかないよ。描いて描いて、描きまくる。それでもだめなら、描くのをやめる。」
社会人になってから見るとすごく響く。
音楽と景観が素晴らしくて、観てるだけで癒される作品。昔観てたときはキキみたいな子タイプだなーと思って観てた。
まなぴ

まなぴの感想・評価

4.0
まじで大好きすぎる。大嵐の中でニシンのパイを届けたけどあまり感謝されなかったというシーンを、全てにおいて見返りがあるとは限らない!と考察している人がいて秀逸だなと思いました。(笑)ジブリってなんでこんなにもいいんだろうかね!?
朋佳

朋佳の感想・評価

4.2
2021年21本目

小さい頃何回も観てて久しぶりに今日観た。
登場人物の優しさと温かさにほっこりした〜素敵な街。
最後ぽろっと涙が溢れそうになった。
昔と今では作品の捉え方も変わったのかも。
あぁ好きだ☺️
ひよこ

ひよこの感想・評価

4.3
キキとジジがかわいすぎて、、!

曲も映像も話も全部すき!!
キキとジジのやりとり、ジジが人形になりすますところが好き。※録画日記録
>|