ファイヤーラインの作品情報・感想・評価・動画配信

「ファイヤーライン」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.3
知識

懸命な救助活動にあたる香港の消防士たちの苦悩や葛藤を描くアクションドラマ

滑り棒

いろんな隊員
いろんな仕事

炎がスゴい

恋の感じもあり

男も女もみんなカッコ良かったです
nagaoshan

nagaoshanの感想・評価

3.8
ジョニー・トー監督作品!

ジョニー監督が描くバックドラフト❗️

熱き消防士👩‍🚒👨‍🚒達の群像劇。

今回も主演の消防隊長演じるラウ・チンワンが熱い闘志と仲間達との見事なチームワークで🔥炎との死闘を描いていく熱いドラマ!

どうしても『バック・ドラフト』を思い描くが生身のアクションの迸るリアルとCG特撮に負けないほんまモンの工場火災のパニックと炎・熱風の恐怖や酸素ボンベの残量案件更にガスマスク不足など不安要素が次から次に訪れるサスペンスも描いていて迫力が半端ない!(^^)

女性隊員がチームに加わる事でドラマティックに展開するしオープニングの伏線回収もラストできっちり回収しているので後味も良かった。

食中毒や弱虫な隊員教育に職場恋愛と様々な問題も抱え込んで隊長は今日も次の現場へと向かうのである。😎

王道のアクション大作もおもろいジョニー監督流石です😊

良か映画!

このレビューはネタバレを含みます

https://umemomoliwu.com/lifeline
OKWR

OKWRの感想・評価

-
前半の無自覚な男性性の描き方にはモヤるものの、中盤以降は手に汗握るレスキューものの醍醐味が詰まってて見応えがある。
土偶

土偶の感想・評価

3.5
長時間呪われた消防署の消防士たち一同の奮闘とラム・チンワンの恋バナを見続けて、一番の収穫がラム・シューの一瞬の出演シーンという(これは誰もが指摘しているけど)。
超一級のバイプレーヤー誕生作品なのね。

絶対CGじゃないだろ時代の猛火の中で消防士の衣装で走るのは、屈強スタント揃いの香港映画でも凄まじいな。マスクして煙の中だともう誰か分からぬ。
tunic

tunicの感想・評価

4.0
消火活動に奮闘する一方、食中毒になったり女医に恋したり、香港一呪われた消防署のメンバーめちゃ大忙し、タバコ吸い終わる暇もナシ!そんなお疲れのメンバーに署員の親が差し入れするのが、鶏足と干し牡蠣のスープ。こういうドメスティック描写が、さすがジョニー・トーだなと。

2018.10.3
シネマQ

シネマQの感想・評価

3.5
煙を払う仕草とか、女性たちが閉じ込められた扉の不穏さとか良かった。
肝心の救助シーン火事シーンがあんまりで残念。
『愛に目覚めて』がラスト15分からクライマックスに入ったのに対して、こちらはまだ40分以上も残したところからクライマックスのパートが始まる。そこからの炎と爆破の乱れ打ち、CGも恐らくは使っていないであろう画の質感。助かるのか助からないのか、最後まで展開が読めず引き込まれる。トーさん映画の中ではフツーの面白さの部類ではあるが、消防士モノという臭いだけの苦手ジャンルの中ではトップクラスで良かった。某『オンリー・ザ・ナンタラ』より全然推せる
2021.08.10

食中毒から始まり
泥々炎ボウボウで終わるレスキュー物語

スープの差し入れとか、らしいわーって感じ

凸る人が必ずいてわちゃわちゃする感じ

絆確かめるシチュな感じ


酸素かなりなくなってヘルメットの前面ビニールベコベコするのはちょっと…😅即死んじゃうよ…
rico

ricoの感想・評価

-
炎と泥と埃まみれのアクションシーンのアイデアが多彩。ただスローモーションが多くて微妙。
出動まえに女性に告白してキスするシーンがよかった。ジョニー・トーの映画の登場人物は人間味があって好きだ。
>|

あなたにおすすめの記事