ファイアー・ブレイク 炎の大救出の作品情報・感想・評価

ファイアー・ブレイク 炎の大救出2020年製作の映画)

Ogon

上映日:2021年07月11日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ファイアー・ブレイク 炎の大救出」に投稿された感想・評価

築浩

築浩の感想・評価

2.7
[Screen]#1
観賞記録/2021-259_カリコレ2021
アルマゲドンinロシア森林大火災
人物設定もほぼそのまま…頑固で職人気質なレスキュー消防隊の隊長・実の娘が、基地での連絡員・チャラいだけで、実力も経験も無い新人(娘のBF)…またこの新人チャラ男が全く使えない…。どころか、足を引っ張りまくりで良いとこ無し。
自己犠牲やら国民の為など、ロシア(ソ連プロパガンダ)を彷彿とさせる場面も追いです。
流石にキリル文字は読めないので、現題は分かりませんでした…が、邦題のファイヤー・ブレイク…はチョット違う感じですね。
木蘭

木蘭の感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

 いかにも最近の大作ロシア映画然として、金はかかって派手だけど・・・というタイプの作品。

 まずは仕事しろ。お前ら仕事しろ。
 一度もマトモとして消化活動してないんじゃないか?コイツら。
 多少非現実な展開があっても許される、映えるのは、リアリティのあるプロフェッショナルで骨太のシーンが描けてこそなのに、ソレが無くて危機に次ぐ危機、ありえない展開、感動シーンの連べ打ちに、初めは期待、次第に苦笑、最後は腹立ち。
 まぁ、撒き散らかした伏線を全て綺麗に回収するのは立派ですが。
 殉職した隊員の遺影が並ぶ記念碑のシーン、劇中のメンバーの写真だけ笑顔なのは笑ってしまった。

 エンドロールに映るソ連時代から現在の森林消防隊の記録フィルムの方が何倍も萌えるし、本当に消防士をリスペクトしているのか?と思ってしまうな。
norinori

norinoriの感想・評価

4.4
炎の恐ろしさ、映画館で観るとパチパチという炎の音も恐ろしく、見応えあった。
また、 身を呈して村人を救う消防士の姿や、先輩の背中を見ながら成長する新人消防士の姿にも感動した。

カリコレがあって、観られて、本当によかった。
はやて

はやての感想・評価

3.5
ディザスターパニックというよりロシアなレスキュー映画で案外良かった。
 森林消防隊の映画では、2018年日本公開の「オンリー・ザ・ブレイブ」が記憶に残っている。実話をもとにしていたためか、アメリカ映画らしくなく、地味でリアリティのあるいい作品だった。発生する山火事は広大なアメリカの森林が舞台だけにとても巨大で、立ち向かう消防隊の勇気と技術に感動した。
 本作品の山火事はさらに巨大であり、巨大すぎて人間の無力を感じてしまった。消防隊員は訓練を受けてはいるが、スーパーマンではないので超人的な活躍ができる訳ではない。その時その状況での現実的な最善の対策を瞬時に考えて実行する。
 真摯な消防隊員に対して、隊長の娘とその彼氏の新人消防隊員が登場したときは尻軽女とチャラ男の組み合わせに見えてしまった。ところがこの二人がその後の展開で・・・いや、ネタバレになるのでこれは書かない。
 短時間で村人の心をひとつにした隊長の人心掌握術の凄さと、隊員たちそれぞれの個性的な能力が見どころだが、隊長の娘が上司に対して「あの村人たちもこの国の国民よ」と啖呵を切るシーンが最も印象に残った。
 予算たっぷりのハリウッドB級作品に比べるとCGその他において劣る面はあるが、リアリティという点では見劣りしない。人間臭い隊員たちの素顔と火災の現場での勇気のギャップが本作品の醍醐味だ。
 ところで、隊員のひとりが格闘家のエメリヤーエンコ・ヒョードルに似ていると思ったのは当方だけだろうか。
zogli

zogliの感想・評価

2.4
うーんロシア映画だった……

森林火災消防活動作品であるオンリーザブレイブがショックで受け止められない方は夢と希望で固めてあるこちらを見るのが良いかもしれない

チーム6人のうち隊長以外の残り5人は他作でみてるからイケるだろと思って観に行ったけど、いろいろ無理があって途中で冷めて飽きてしまった…
どのパートもあまりにもフィクション盛りすぎで、観ていていやそんな事してる間に煙吸って死ぬか気道熱傷で全滅でしょうよと…ヘリの燃料もバスのアレもあんなに燃えないとか逆に面白すぎるし、みんなの街の消防士さんより貧しい装備であまりにも困難乗り越え過ぎである
あの防火防熱シェルターだってそんな万能じゃないし正しく使用しても蒸し焼きだろうよ?
ほんとあの国の映画は見た目にしか監修が入らないのか、超安産過ぎるとかは置いておいたとしても人体と生命に対して嘘というかファンタジー盛り過ぎてて…
森林防災関連の成り手がいないからこういう映画で志願者募集したいのかしら?

個々に個性と存在感を持たせたかったのだろうけど割とどいつもキャラが強くて、その設定要る?ってなってくるし(ヘリの操縦士とか)
勝手な理由で仕事の邪魔をして出動を遅らせたり血縁を楯に上官を欺いたりする女、心情と私情に流されて本来の任務から離脱したりする隊員たち…最後はもう気合で攻略みたいな展開だし感情移入出来る人が誰もいない!
作中5回くらい全滅しててもおかしくないくらい無理な展開だし、お得意の自己犠牲的英雄行為描写でどうにか感動させようとしてくるのも、うーん

1番好きなのは『サッカーしてただけです』のとこ

森林火災のVFXはものすごい気合が入ってたのでそこは素晴らしかったし、ギター弾いてお歌うたってくれるヘラヘラしたティホンさん(ひょっとしてエンドソングも歌ってませんか彼?)、肉体美(大好き)を惜しげもなく晒すローマンさん、お髭フル装備で美しいヴィクトルさん、忠実で真摯なお仕事ぶりに思わずグッときてしまうお芝居のアントンさんが楽しめてよかった
(イワンヤンコフスキーくんはもっと厚みのある芝居が出来るいい役者なのだけど、今回の役が軽かったからまぁ仕方ない)
sasha2021

sasha2021の感想・評価

5.0
カリコレ第4弾
タイトル「Огонь」(炎)じゃなくて「Герои России」(お国のヒーローたち)にしてください😭😭泣きすぎた、、昨今のロシア作品で一番良かった!!「真のロシア人はシラフ」は声出して吹きました😂

同じ山火事系のヒット作オンリーザブレイブと違って実話には基づいていないですが、その分いろんなドラマやハプニングがおきます。オンリーザブレイブはその悲惨な事実を物語すごくいたたまれない気持ちになりましたが、こちらはドラマあり、笑いあり、派手なアクションありでエンターテイメントとしてすごくよくできていたと思います。火は生き物のように全てを飲み込むといいますがfire disasterで肝心の火の演出も良かったと思います!🔥

救助便ですらロシアの機体はカッコよすぎる。。
"За Россию"(ロシアのために)ってやっぱり独特の文化なんですよね。愛国心を鼓舞したり、「お国のために」闘うとかの演出でロシア作品に勝るものないわ、、ロシア人が"ロシア"と書いたTシャツをやたら着たがるのも分かる。日本で日本人が「日本」と書いたTシャツ着てたらみんな恥ずかしくなるほうが不思議なくらい。愛国心を大事にするところが憧れというか胸が熱くなるところです。あと"一番偉大なのはママ!"っいう考え方が大好き!мамаって文字を腕に掘ってた人のキャラ大好きw くるくるパーマのギター君とサングラスのイケメン君は真のヒーロー🦸‍♂️

あなたにおすすめの記事