アンツの作品情報・感想・評価

「アンツ」に投稿された感想・評価

CG映像が良かった。子供だけではなく、家族での鑑賞もオススメ。
俺のバイブル
めっちゃ童心に帰れる
ウィーバーカッコよすぎ
しゅん

しゅんの感想・評価

3.0
【働きアリとしての自分に嫌悪感を抱くZ。王女アリに一目惚れをした彼は兵隊アリに成り済まし接触をするアニメーションアドベンチャー映画】

[働きアリ解放宣言]
なんと『バグズ・ライフ』のわずか1か月前の公開。
アリの世界をCGで描く目新しさと明確な弱者と強者のいる世界での弱者の生を描く大人が楽しめるプロットが見所。
CGのレベルも高いがその高さゆえキャラクターデザインがなかなか不気味に。体の色が茶色と言うリアルさもあり多数が集まるとまさに“蠢き”。

キャストも豪華で、vs人間のアクション(パニック)シーンも楽しく音楽も良い。
しかし主人公がヒロインに向かって“君は空想のエッチ相手”発言をしたり子供はどう見ればいいのだろうか。
ラストの“世界”を撮す長回し面白い。

やっぱりネタが被るとディズニーアニメ完成度高いんだなってなる。
yumi

yumiの感想・評価

2.9
子供の頃、バグズライフに比べ、薄気味悪いという思いが強く残っています。いま見るとまた違った見方ができるのかも。
記録。6/20

お話の一つ一つのシーンに、音楽がぴったりあって、かっこよかった。

音楽かっこよかった。
Water

Waterの感想・評価

3.6
あら、こんなに評価低いのね。絵がダメなのかなー??
ストーリー的にはシンプルでよくあるような冒険サクセスストーリー。
暇つぶしには良い。

キャラクター愛せないフォルムだった。
細部をもっと丁寧にアニメーション化してくれたらもっと好きだった。
記録 6.9
絵柄で確実に見る気を失せさせる映画&あれ、アリの映画って...ん..?って一旦困惑させてくる映画です(笑)
正直絵柄は私も見終わっても受けれられてないです😅
.
まず「バクズライフ」はピクサー制作の1999年公開、そして「アンツ」はドリームワークス制作の1998年公開映画です。私ははっきり言ってどっちの制作会社も好きなのであーだこーだ言いません(笑)ただちょっとアンツに関しても、これ以降の映画も見栄を張ってお互い似すぎたの作りすぎちゃったねっていうくらいです(笑)
比較しがいがあって私は楽しいです👐
.
気を取り直して映画の感想ですが、私はこの映画を正直なめてました(笑)完全にバグズライフで育った人間なので、どーせ。とか思ってたんですが、若干の誇張はあるものの人間社会をアリに置き換えた映画になっていて、ただのアリの恋愛映画で終わってないあたりがちょっとバクズライフより上手な感じの印象を受けました。
.
そして何より映画の割と冒頭、アリの巣をぶわぁーっと映すシーンで流れる「the colony」という曲がめっちゃこの映画のイメージにピッタリで神曲です。
サントラを色々聴いてきた身として、あぁーこれ好きっていうのはいっぱいあるんですが、たかだか2分くらいの曲なのにもう始まった瞬間に心掴まれるキャッチーな曲調に、神曲だわ....😨ってなりました(笑)見終わってもこの曲だけもうエンドレス再生です(笑)
.
絶対皆さんもどこかで聞いたことあるはず.... Youtubeで検索してみてください👍
ディズニーがバグズライフなら、ドリームワークスはアンツ。
個人的にバグズライフは小さい頃にVHSでよく観た思い出の作品で、レンタルビデオショップでアンツのパッケージ見る度によくあるB級のパクリかと幼いながらに思ってました。
で大人になって見てみると、こっちのが大人向けで今見ると面白いんじゃない?とはえ思ってしまういいアニメでした。
注意点として、バグズライフと同じ感覚で見るとダメですし、なによりグロいし、昆虫嫌いは絶対無理です笑
ド底辺の働きアリがアリ王国のお姫さまとラブラブになるお話。

なんとなく話の展開 読めるっしょ?
ありがちな感じするっしょ?
それがね~結構面白かったんだわ。

主人公のキャラがすっげー好き♪
すっげー神経質だし、テンパると吃りがひどくなるし、無駄にプライド高いし、全然モテないし、見てるだけでこっちが悲しくなってくるの( ´艸`)

あれ•́ω•̀)?
こんな性格のじいちゃん知ってる気がする……

( ゚д゚)ハッ!
ウディ・アレンやん!!

そろそろお気づきでしょう。バグズライフなんかと比べると全然可愛くない このマニアックな昆虫アニメを私が見た理由を!!

主役のアリの声をウディ・アレンがやってま~す(*´∀`*)

ちなみにジャケのマッチョがシルベスター・スタローンで、王女様がシャロン・ストーンです。
そう言われると なんとなくみんな似てる気がしてきたでしょ(・∀・)

フィルマには監督と脚本しか載ってなかったから、この映画の存在すっかり忘れとったやん。いやぁ~危なかった(笑)
あ、ちなみにこれも一応ウディ・アレン関連作品ってことでいいのかな??
とりあえず52作品目制覇やね(・ω・)v
>|