アンツの作品情報・感想・評価・動画配信

「アンツ」に投稿された感想・評価

ジロー

ジローの感想・評価

3.8
「ふつうに楽しめました。」

この評価の低さはビジュアルの受け入れにくさとかかな?
曲も知ってるの多い、声優も名俳優が多い、内容もまあ良し。
ラストは…やっぱり蟻の話だなって思いました。(笑)
青T

青Tの感想・評価

2.5
小さい頃に見た。内容ほぼ覚えてない。バグズライフと同じようなやつかと思ってみたら別物だった、と思ったのは覚えてる。
2020/12/28
2020/12/31


〝それでいいんだ!君はまさしく、無意味な存在。〟

幼虫が働きアリと兵隊アリに分けられる。

アリにとって大事なのは個人じゃなくて全体。チームワーク!


〝ボールになりきれ!〟

高所恐怖症だから、気分が悪くなって手を離してしまう。


シロアリとの戦争。

将軍とバーラ。
フィアンセ。

ウィーバーとバーで飲む。

アリはこの世の支配者。

どっかに別の世界があるはず。
アリと昆虫の楽園、インセクトピア。

BARで隣にいたアリが騒ぐ。

ダンスの時間。

王女、踊りに行く。

足を踏まれて〝ヤウチ〟
ヤウチのステップを踏み始める。

ぶつかったことから、乱闘が始まる。

からの、プリンセスに会いたいからって、友だちの代わりに式に出る。

今まで俺にしてきたことを考えてみろ。
思いつかん。

綺麗だとか言ってて、照れてたら、隊列のことだった。

近くにいたおじさんと話しながら敵陣へ。
戦う。

友だちはジーの友だちといい感じに。

マルベータスの首と話す。

ひとりだけ、生き残った。
それが、ジー。
みんなが見に来る。

マンディブル将軍。

今日のブリーフの模様?やめてよ?



王女とトラッシュカンへ。

虫眼鏡で焼かれる兵隊アリたち。

エッチしてみたい女性ナンバーワンにね。

将軍との話をする。

王女を置いて、ひとりでインセクトピアへ行く。

いろんな噂が流れる。
ジーが革命を起こした!

ミセスイカレポンチ。

将軍がジーの話をする。
我々のことなどなんとも思っていない。

マンディブルコールが。

赤と白の塔、水筒だった。
インセクトピアへ。
蜂が来た。恵まれない虫たちを助ける。

ガムにくっついてしまう。

好きになりかけてたのに...。

尋問。
個人主義の危険性。

インセクトピア←

うんこみたいな味がする。
こりゃ、うんこだ。

バーに来たのはトラブルを起こしたかった。

薪が足りない。


開通式があるんだ!

地図を見て陰謀に気付く。


羽のアリ、いい奴じゃん!!

男が歪んだ世界を変えた。
kiy

kiyの感想・評価

2.7
どんな話だったか覚えてなくて
ながら映画で観てみた

価値のない存在だって言われる働き蟻
あの将軍ムカつくな

女王と働きアリが旅に出て
ユートピアみたいなところを探す
そこでハエがうんち食べてて
普通にキモかった笑

働きアリを殺戮する計画が
将軍の独裁に疑問をもった部下により
働きアリも助けてもらう

ながら映画によかったな
ギズモX

ギズモXの感想・評価

3.7
「バクズライフ」みたいなアリの世界を舞台にしたドリームワークス制作のCGアニメ作品。

物語は大きく分けて三つ。
ネクラ陰キャなアリの主人公、Zが姫さまに一目惚れしたことで軍隊に入隊してしまい、過酷な戦場を体験していく話。
戦場から生き残ったZがてんやわんやあって姫さまと一緒に王国から抜け出してしまい、酒場で噂に聞いた虫達のユートピア『インセクトピア』を探していく話。
王国の危機に対してZがアリ達の元へと帰っていき、ジェノサイドを企てていた黒幕を倒して立派なリーダーとなる話。

コンパクトな83分の枠にいろんな要素が込められてあってストーリーと設定が良く出来ています。

特に、自虐だらけで自分のことばかり考えて生きていた主人公が外の世界へ出てさまざまな体験を通して成長したことで、
"最後には忌み嫌っていたはずのそのコミュニティを守るために立ち上がっていく"展開になるのが凄くいい。

インセクトピアに辿り着いてそこで物語が終わるのではなく、「怒りのデスロード」みたいにアリ達の元へと帰っていってみんなと協力して困難に立ち向かおうとする。
Zと黒幕は
『自分の考えだけをおし通そうとしてコミュニティを破壊しかけた』
という点で共通しており、そして対比にもなっています。

あと、声の出演も実は豪華だったりする。
主人公のZはウディアレン。
ヒロインの姫さまはシャロンストーン。
将軍にはあのジーンハックマンで、
Zの友達の兵隊アリはなんとシルベスタースタローン!

CGが「キャッツ」並に気持ち悪いし、小さい虫達の物語だから「スターシップトゥルーパース」級にみんなコロコロ死んでいく。
子供が見たら泣いてしまいそうな映画だけどストーリーとセリフが素晴らしいです。

「こんなところだ。
男と女が出会って、恋におちて、歪んだ社会を変えた、ってよくある話。」
琥珀

琥珀の感想・評価

3.0
フツーに面白かったけどなぁ。
ま、どうしてもディズニーと比較されてしまいますが、、、
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.6
ドリームワークスの
フル3Dアニメデビュー作

「バグズ・ライフ」と
何かと比べられてる気がするが
いやいやこちらも面白い

さりげなく
脚本がポール&クリス・ワイツ

アリさんの顔がどう見ても
ETなのが残念だけど

国とは何か
国とは人
ってのを真正面から描いてるし
反戦映画ですらある

生首とか
数分前まで
元気で飛んでた虫が
いきなり死んじゃったりと
時折ゾッとする場面もあるのは
ドリームワークスならではか
riekon

riekonの感想・評価

3.0
娘と一緒に鑑賞。
バグズライフと同時期くらいの
アリ作品で🐜
バグズライフは映画館に
観に行ったのですが
こちらはキャラの見た目が怖くて
避けてました😆
もう大丈夫じゃないの?と鑑賞。
…やはり怖かった😂
シロアリとの戦い
オウムみたいなシロアリが
気持ち悪い😱
アリの大群も🐜🐜🐜
多いの苦手よ〜😱
戦場の怖さったら😱
これは子供泣くかな…😂
話は面白いから勿体ないなぁ。
声優キャストの“イメージ”(タイプキャストの役柄的な)に合わせたキャラクターが面白かった
子供の頃、周りの同世代がバグズライフを見てる中何故か1人どハマりしてた。テーマ曲が派手で今も口笛吹いちゃう。
>|