牢獄の罠の作品情報・感想・評価

「牢獄の罠」に投稿された感想・評価

エド・ウッドによるフィルムノワール(といっていいのか?)。語られるべきポイントはいくつかあると思う。前半はしょっぱいカーチェイスに陳腐で冗長な会話、延々と垂れ流される劇伴に退屈した。しかし、『サイコ』の先取りとも言えよう、主人公が中盤死んでしまうシーンは驚いた。え、お前死んじゃうのっていう。相方の整形シーンが一瞬で終わるのも突っ込みたいところ。そこはもう少しじっくりやれよ、と。クライマックスは包帯の下はどうなっているんだ!?とワクワクするが、終わってみるとイマイチなにがやりたいのかよく分からん映画だったな。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.3
エド・ウッドって「史上最低の映画監督」なんじゃなかったっけ?意外とまとも。ただじゃあ面白いかというと話は別で非常に微妙いや退屈ではある確かに
Nori

Noriの感想・評価

2.1
・意味をなさない演出
・理解不能な展開
・細部にこだわらない大胆さ
・何故そこで着替えるのか?

忍耐が必要な映画でした。
不良少年が悪さをやめれず最悪の事態に。その父の取った行動とは…。エドウッドにしては と言うと語弊があるかもしれないが面白い内容。しかしセットも他作品との使い回しだったり お前21歳じゃねぇだろって言う老け方だったり 独特の不気味感は健在。
どんなズッコケ映画だろうと期待して観たけど、意外と正当な作りで逆に肩透かしを喰らいました。エドウッド作品の中ではかなり良質なクライムサスペンス。よって皮肉にも平凡な印象に。ただ一曲を70分間延々と使い回す音楽には結構うんざりしてきます。
初エドウッドでした!単調な音楽、棒読み、明らかに要らないシーン及び台詞、最低映画と言われる所以もなんとなく納得行きました。でもそこまで言われる程でしょうか?短くまとめられているので冗長には感じないし、オチも悪くないんじゃないでしょうか?まぁ別段ここがスゴい!面白い!なんて所もありませんでしたが…。