1941の作品情報・感想・評価

「1941」に投稿された感想・評価

anjie

anjieの感想・評価

5.0
スピルバーグ作品なので観た。ドタバタ劇と言えばそれまでだが、そのスケールの馬鹿デカさよ!容赦なく破壊される巨大なセット、飛行機に潜水艦、ダンスシーンのエキストラに大御所俳優…。こんなおバカ映画に製作費一体いくら使ったんだ?ワンロールで撮ったであろうダンスシーンはNG何回出したんだろう?とか、内容よりもメイキングに興味が湧いてしまう。
仮にだが…もしも戦争当時の日本軍のお偉方がこの映画を観たとしたら…真珠湾攻撃なんて間違ってもやらなかったでしょうね、本当に馬鹿馬鹿しい(笑)
かみ

かみの感想・評価

2.8
スピルバーグもこんな作品を作ってた時代があったのかと。
ジョーズのパロディ、その他色々あるみたいだけど全然わからなかった!
わかればもっと楽しめたのになぁ。
ある意味愛すべきどうかしてしまったスピルバーグ映画。セルフパロディも入り、そういうお年頃になった作品。ミリアスが「ビッグウエンズデー」の監督になったので興味があったスピルバーグが引き継いだ。ミュージカルに徹せなかったし自信がなかったという本人の弁が右往左往した本作の核心かもしれない。でもこれだけのドタバタコメディでCGがない時代のミニチュアが見事なわかる人がわかればいい映画です。だからむやみに人に勧めませんね。
せこ

せこの感想・評価

1.6
ノットフォーミーだったなぁ。ブルースブラザーズコンビに期待しすぎたかもしれない
あな

あなの感想・評価

2.5
今まで観てきたスピルバーグ監督作品の中で一番つまらなかった。
演出が派手なだけで、ギャグは臭すぎて笑えないしストーリーも悪い意味でハチャメチャで分かりづらい。正直観るのが苦痛だった。まぁ天才と言えども苦手分野はあるということですね。スピルバーグは今作のような皮肉っぽいコメディは不得意みたいだ。
唯一の救いは三船敏郎が出演していること。まぁ同じ日本人として、ジャパニーズがバカにされていることは少々気に触ったし、更に差別的なギャグでスベりたおしているところもムカムカしたが、懐かしき名優がハリウッド作品に出ているのを観ると少し嬉しくなる。これからの時代は更に日本の名優が海外の映画に出演してもらいたいものだ。できれば面白いやつに、。
スピルバーグのパロディだ。
観た当時は、ジョーズ、激突の
ノリだったから残念だったね。
今思えば、面白いジョークだ!
三船懐かしい
ん!寝てみたい
監督、脚本、出演陣、こんな豪華な作品を長らく存在すら忘れていた。

まだ見ぬ者への恐怖、嘲けり、昂ぶりをスラップスティックに描くドッタバタ喜劇作品。
とても群像劇とは言えない焦点ブレブレでカオティックな人間模様。
本来はジョン・ベルーシがトリックスター的存在として話を引っ掻き回すのが正しいのだろうが、混沌が過ぎる。
もっとも、笑いと恐怖は表裏一体。
いつの時代も、"攻撃は最大の防御"とばかりに外敵を踏み潰したいばかりの脆弱なアメリカの精神が見え隠れする。
ダンボに癒されたりね。

あまりにぶっ飛んだ作品ゆえに、スピルバーグとゼメキスによるオーディオコメンタリー実現にクラウドファウンディング立ち上げたいくらい。

本作公開の翌年『ブルース・ブラザーズ』公開。
スピルバーグもカメオ出演。
スピルバーグは飛行場でのシーンが印象深い『レイダース/失われたアーク』を監督。
なにかと感慨深い。

どことなく『MASH』な要素も。



〜〜〜


戦闘機でのペッティングと大暴発シークエンス最高。
カートゥーンだね

博士の異常な愛情
マッシュ

そして、今作
反戦争ブラックコメディ

三船敏郎さんはスター・ウォーズに出演された方が良かった…
イシ

イシの感想・評価

-
真珠湾攻撃のあと米西海岸の住人たちは日本軍の奇襲攻撃に警戒心を高めていた……からのなぜかネイキッドなお姉さんが霧のかかった浜で一人海に入って泳いでる場面になったと思ったら「ダダダダダダダダ…(ジョーズ的な音楽)♪」ドーーーーーーーーーン「キャーーーーーーーーーーー潜水艦のマスト的なところにひっかかったーーーーーー!!!!」って始まりで、あ、だめなコメディで何も心動かされないやーつ、って思った。そしてそのまま2時間弱過ぎていった。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
最高

ダンスパーティーのシーンが多少雑多ではあるがホークスを感じた。
>|