『1941』に投稿された感想・評価


誰が三船敏郎とジョン・ベルーシが同じ映画に出るなんて思っても居なかったと思う非現実的なコメディ映画


ナンシー・アレンの役の性癖も笑える。

潜水艦で潜入した日本海軍の兵士が夜景を見て大声でハ…

>>続きを読む
マヒロ

マヒロの感想・評価

1.5

スピルバーグ初のコメディにして、今作の出来のおかげでこれ以降一切コメディを撮らなくなったという曰く付きの作品。言うてもスピルバーグだしそんな酷いことはないだろうと思っていたが、普通に酷かった。

舞…

>>続きを読む
すな

すなの感想・評価

4.3
動きのあるシーンの映画的高揚が楽しい
ダンスシーンの段取りおしえてほしい
 スピルバーグの個人的ベスト。『ジョーズ』セルフパロディに始まり、男根ネタをこれでもかとやって、ド派手に全てを破壊尽くしてしまう最高のコメディ映画。
 ダンスシーンもめちゃくちゃ良いし、文句なし。
まんさ

まんさの感想・評価

3.0
いろんなものが景気よく破壊されるので気持ちが沈んでるときに見る分にはちょうどいい

2時間ずっとドタバタしてるから騒々しい

冒頭の「ジョーズ」のセルフパロディの密度のまま最後まで続くなら名作じゃん・・・と思ってたけど、やっぱりそうはいかない。ギャグが全部とりとめも無さ過ぎる。
でも特撮カットが凄い。市街戦と遊園地破壊のミ…

>>続きを読む
nile

nileの感想・評価

3.6

真珠湾攻撃後の太平洋戦争の最中で本土でアメリカ人が日本からの襲来に怯えながらドタバタ過ごすブラックコメディ。今だったら絶対アウトな人種ネタや女性へのリスペスト0な言動を飲み込んでしまえば面白い。
ア…

>>続きを読む

スピルバーグの黒歴史と言われる初期の大コケ作品。

めちゃくちゃお金かけて大ボケばっかりかましてくるから、本当に馬鹿で笑っちゃうけど、最初から最後までずっとそのテンションだから逆に単調に感じる。
と…

>>続きを読む

デビュー以来、快進撃を続けていたスピルバーグが初めて挫折を味わったとの世評もやむなしかと思える、1979年公開のコメディ映画。

嗜好性としてはこういうちょっとブラックテイスト入ったスラップスティッ…

>>続きを読む

金と豪華キャストの壮大な無駄遣いドタバタスラップスティックコメディ映画。

冒頭からジョーズのセルフパロディからの「ハリウッド!」でおふざけ映画であることは十分わかる。

ところどころ面白いシーンは…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事