ラブ IN ニューヨークの作品情報・感想・評価

「ラブ IN ニューヨーク」に投稿された感想・評価

高いところから椅子に縛り付けた人間を落とすオープニングがめちゃ最高だし、タイトルバックの夜の街が好み過ぎる。帰宅するたびにいかつい犬に追いかけられるヘンリー・ウィンクラーがおもろい。ただストーリー自体にはあまりノレなかったかな。マイケル・キートンが若い!
さきち

さきちの感想・評価

3.8
マイケルキートンがめちゃくちゃうざくてめちゃくちゃ愛おしい。内容とか全然入ってこないけど好きな感じ。
AYA

AYAの感想・評価

3.4
原題の方がセンスある。冷静に考えたらえぇ、、、ってなるけど客観的に見てるとおもしろい。最後吹っ切れて生き生きとし出す主人公がおもしろかった。みんなあれぐらい堂々と生きれたらいいのにね。ラブがメインなのかもはやわからない(笑)
まこと

まことの感想・評価

3.7
ロン・ハワード監督らしいすっきりとしたロマンス映画

ラブストーリーが観たくてこれをレンタルしたら一定の満足感は得られるようなすっきりとした直球映画


「バットマン」「スパイダーマン ホームカミング」のマイケル・キートンのデビュー作でもあります

青臭さも残ってて向こう見ずなキャラクターがなかなか新鮮でした

「バードマン」以前にもニューヨークの街中をほぼ裸でうろついていたんだとわかってそれはおもしろかったです笑
うーんちょっと期待値上げすぎた、、
ヒロインの魅力がイマイチ伝わってこなかった。視線で恋に落ちたのはわかったが、それがどこで愛に変化したのか?あまり分からず。
ただしニューヨークの夜景はかなりロマンチック。
オープニングの曲「NIGHT SHIFT」がよかった。
エンドロールのロッドスチュワートのバラードには胃もたれした。

留置所にいた変なやつ、かなり変なやつだったなぁ。
バットマンの前の映画だけれどマイケルキートンが挙動不審のジョーカーっぽいキャラクターで笑った。前半は冷めていて基本無表情の主人公に対して世間ごとボケてくるようなオフビートコメディになっていて、好みかもと思った。後半になっていくにつれ主人公が行動力や意欲を持ち始め、映画的成長をしていくのだけれど、そこは別に響かなかったかな笑 途中風俗嬢にキレる童貞っぽさは最高だった
劇中で"ヒモ"って字幕の言葉が意味がわからなくて発音の"ピンプ"でググってみると、昔はポン引きという意味で使われてたらしい。"ヒモ"って言葉も意味が変わって来てるのだろうか
bunbukubun

bunbukubunの感想・評価

3.0
ロン・ハワードの映画はわりと好き。

最近の映画と違ってナレーションやダイジェストで登場人物のキャラ設定を片付けてしまわないところがよい。

主人公の性格とか変化も焦らずじわじわ染み込ませるところは好きやなぁ。
IユRA

IユRAの感想・評価

4.0
エンドロールのロッドスチュワートがめっちゃロマンティック!!終わってから胸キュンが増すって音楽の力が凄いわよ。

さえない男とお調子者の男と娼婦のラブコメ。
コメディっつても笑える部分はほとんどないし、めちゃくちゃ盛り上がる話でもない。だけど、ニューヨークには夢があってロマンスがあるっちゅー描き方が優しい気持ちになりましたわよ。

あと、個人的にカットや音楽の入り方、人物の配置等ツボなところが多かったのでございますわ。

扉に映るマイケルキートンの踊る影
電車内に突如現れるサックス
ザ・ローリングストーンズ

最近変な映画ばっか見てたせいか、大変惹きつけられましたわ。

80年代の音楽が好きなので見てよかったでございます。
Ryuji

Ryujiの感想・評価

2.5
なんかちょっと全体的に中途半端というか。ストーリーの粗さが気になった。あと、マイケル・キートンがウザすぎ。
>|