オリバー/ニューヨーク子猫ものがたりの作品情報・感想・評価

「オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり」に投稿された感想・評価

意外性もあったし、楽しいし。

オリバーかわいい
ドジャーいけめん。ビリージョエルだったとはね。
たくさん入る歌がいいし、みんなのキャラも立ってるし、ラストもお決まりのどきはら電車で、普通に楽しめました😺

都会の雑踏に暮らす犬が、主人公の子猫に「これがニューヨークだぜ」と教えるシーンがいい😎
人も犬も猫も、それぞれに住む世界があり、それぞれの生き方がある、というラストもよかったです✧
カモメ

カモメの感想・評価

3.6
ディズニー初のコンピューターによる作画が多用された作品。
DVD特典ではCG作画が出来るまでを解説してくれます。

ディズニーのミュージカルアニメ映画。吹き替えで視聴しました。
ゴロツキ犬のドジャー役が松崎しげる。声優業はそこまで上手くないかな……と思いましたが歌唱パートになると圧巻です。
その他の歌唱パートがあるキャラクターには尾崎亜美や木の実ナナさんなど、歌手の方が吹き替えを担当しています。木の実ナナさんは俳優業もやっているだけあって声優も上手!
その他の吹き替えもベテラン声優さんが演じていてとても豪華。

ディズニー・アニメーションとしてはリトル・マーメイドの一作前となる作品ですが、見たことがありませんでした。他の動物映画に埋もれたマイナー映画ですが、出来が悪いということはなく、とても良い作品です。

ニューヨークの路上で売られたいた子猫。
最後まで売れ残り、その場に取り残されてしまう。大雨が降ってきて入っていた段ボールも流されてしまい、生き方も分からないまま野良猫になるオリバー。ある時、出会った犬のドジャーにソーセージを一緒に盗ろうと持ち掛けられる。しかし、悪賢いドジャーは子猫を利用しただけで、ソーセージを貰えなかった子猫はドジャーを追いかける。
追いかけた先で第一の飼い主となるフェイギンや、犬の仲間たちと出会う。フェイギンはチンピラで、犬たちにスリや窃盗を命令して日銭を稼いでおり、仲間となった子猫は窃盗の手伝いをさせられる。そのターゲットだった高級車にお金持ちの一人娘ジェニーが乗っており、見つかってしまった子猫は何も知らないジェニーに拾われてオリバーと名付けられる。

タイトルは”子猫ものがたり”ですが、冒頭でオリバーと一緒に売られている子猫が出てくる以外は、仲間や敵もほぼ犬です。
原作小説の『オリバー・ツイスト』は人間の物語で、ディズニーでアニメ化するにあたって犬と猫に置き換えたようです。全員犬でも話は繋がる気がしますが、主人公を猫にしたことで異種族間の友情が描かれているところが良い。

フェイギンはしょうもないチンピラですが、絵本の読み聞かせをしてあげたりと、新しく入ってきた子猫をすぐ受け入れてあげたりと、動物に対する愛情は持っている良い奴。
ラストはディズニー映画らしいハッピーエンドでとても良かった!
この作品の翌年から、リトルマーメイド、美女と野獣、アラジン、ライオンキングと、伝説級の長編アニメを連発するディズニーですが、私は本作が凄く好き!

というか、子供の頃繰り返し繰り返し見てたんですよね。
同時期に公開されたリトルマーメイド、美女と野獣、アラジンなんかはあまり見てなくて、家にビデオがあったライオンキング、ビアンカの大冒険(続編の方)と本作をよく見ていました。

凄く古い記憶なんですけど、歌の威力が凄い!
当時、松崎しげるという歌手は知らなかった訳ですが、非常に印象深い。
why should i worryを「くよくよしない」と訳したのもいいですね。子供に分かりやすくて。

原作でドジャーを演じるのは何とビリー・ジョエル。
当然のようにかっこいい!
それから、松崎しげるバージョンに比べて楽器の音がデカく感じたんですよね。
へヴィメタルなんかに顕著ですが、邦楽は極端にボーカルの音が大きく調整される事が多い。この辺も文化ですかね。

オリバーも犬たちも個性豊かでのびのびと自由!
特にドジャーには憧れますね。
それからニューヨークの町並みがリアルに描かれているのもいい!
海外旅行をしたような気分です。

あとこの話、借金まみれのドジャーの飼い主は確かに人がよくて、ドーベルマン従えてる借金取りは悪魔のような男なんですけど、今見ると印象が変わるんですよね。

「借金を返せずペットに詐欺や盗みをさせているホームレス」と「借金取り」ならば、悪人は前者かなと。
借金取りって立派な仕事なので。

まぁ、あの借金取りの取り立ては常軌を逸していたので善人な訳はないのですが(誘拐もするし)、電車でひき殺す程かなと。ドーベルマンも感電死するし。

原作のオリバー・ツイストのフェイギンは明確な悪人として描かれているし、今見れば都合よく見えるのは仕方ないのかも。
(善人が環境によって悪人になる、というような重苦しいテーマは、本作に持ち込むのは無粋)

とりあえず楽しいアニメでした。
Henrye

Henryeの感想・評価

4.5
声と歌がとにかく豪華。豪華すぎてたじろぐ。ビリージョエルにベットミドラーって、、
ロジャーが無条件にかっこいい

個人的にはディズニーの中で5本の指に入るんだけど知名度、、
Yukimatsu

Yukimatsuの感想・評価

3.1
ディズニーがまた手書きの時代に戻れば良いのにな。このコミックっぽい手書きの感じ好きです。
そんでもって劇中歌をビリージョエルが担当とか豪華だなー。
さな

さなの感想・評価

4.5
小さい頃何回も見てた〜!
音楽がオシャレすぎ笑
ヒューイールイス、ビリージョエル、、
おかしいじゃん。
こんな名作があるなんて知らなかったじゃん。(今さら)

みんなのキャラがめちゃ良いし、歌もめちゃ良いよ。
前半から加速する名作具合に僕はついていけるはずもなく、ただただ開いた口から涎を垂れ流すのみ。

敵も怖いし、ホットドッグ屋のおっさんも怖いのがまた良い。
子供の頃からよく見てた
マイナーディズニー映画

一番好きなキャラが
いじわるなプードル、ジョルジェット

おめかししながら自分がどれだけ
美しく全員に愛されてるか歌いながら
家中を歩くシーンが大好き

自惚れてるように感じるかもしれないけど
実際結果残してたり、
他の犬からも好かれてるあたり好感持てる
自分の意思表示しっかりしてるところ、ジェニーに対しては普通に優しいわんちゃんなのも可愛い

このジョルジェットの登場シーンと
ドジャーがニューヨークの街を歩くシーンのカメラワークがよくて

ディズニー映画の中での
視点がどんどん変わっていく
カメラワークのわりと初期作品なのかな
って感じた

あと最初っから最後まで
ドジャーたちの飼い主
フェイギンがいい人すぎる

町中の犬に慕われてる
ドジャーたちがフェイギンを
慕ってついていくのもわかるし
お金がなくても愛されるってこういうこと


当時のニューヨークの
通りの名前がたくさんでてくるから
今言っても映画通りに回れるのかな?
ってすこし気になりました。
ちゃき

ちゃきの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

吹き替え版のみ視聴。

動物たちが主役のディズニー作品の中で、幼少期からのお気に入り。

しげるがアフレコするドジャー他、歌がオシャレでカッコイイ!ストーリーも途中で飽きなかった。

悪役が因果応報でインパクトのある死に方をするのが印象的。
>|