ユーズド・カーの作品情報・感想・評価

「ユーズド・カー」に投稿された感想・評価

たくみ

たくみの感想・評価

3.6
経営者の兄貴死んでるのに散々ヤラレてるのが面白かった
大移動のシーン実写ならではの迫力あります よいです
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2018.8.21 BS

車のパーツが外れたり部屋の家具が壊されたりする物理的な乱暴さが堪らなく楽しい。迷信深い同僚がアメフトの賭けに勝つために狭いバーの中で塩を撒いたり傘を広げたり梯子をくぐったりする荒唐無稽な振舞いは特に好き。
malu

maluの感想・評価

4.5
映画の醍醐味をたっぷり味わえる娯楽作品。 美女のナイスバディと車の大群の大移動!最高に興奮する!
イシ

イシの感想・評価

-
最近のゼメキス映画をみて「ゼメキスも大人になったなあ」とおっしゃってた方がいたのでなんでやろ? と思っていたのだけどこれを見てそういう風に感じる方もいるだろうなと想像はできました。いま映画が好きな大人が喜びそうな子どもっぽさがあったような気がします。
個人的には初期のほうのでも「ロマンシング・ストーン」とかが好きやな。
カカシ

カカシの感想・評価

4.0
犬のトビーのパルム・ドッグ賞並みの演技+ラストの大移動には昨今の映画では出来ない男のロマンを感じた最高のバカ映画。
himaco

himacoの感想・評価

4.2
アメリカンなパッケージに惹かれ、たまたま手に取ったのがこれって超ラッキー☆
今までこれを知らなかったなんて。。
カート・ラッセルが若い。

砂煙の舞いあがるでこぼこ道とぬかるみ。
バンパーの落ちるポンコツ車。
カラフルなスーツに短いネクタイ。
子供も大人も釘付けになる美女の誇大CM。
演技派の看板犬。
いちいち心をくすぐってくる~

ラストにかけての15分間は音楽も相まって胸が高鳴る!

嘘がほとんどなのに、嘘を真実に出来るってさ。いや~憎いわぁ。
笑えるよりなんかひどくね?という感想が先行してしまった

いい形、いい色の車がでてくる!
観るべきです
作品どうのこうのでなく、あの“バック・トゥ・ザ”シリーズの監督さんを知る上で・・・
アメリカのことなんて映画でしか知らない自分ですが、”アメリカ“ここにあり、みたいな・・・
ラストの中古車(ユーズドカー)群団大暴走‼

【追伸】
さて、このレビューのため、調べていたら大発見
製作スピルバーグでした
さらに、ゼメキス監督は79年作スピルバーグ監督の「1941」の脚本を務めていたのですね
【追・追伸】
ついでなので、もうちょっとお付き合い下さい
ど~せ、誰も“観ていない”でしょうから書いちゃいますね
「1941」ですが、あの三船敏郎も出ていた、大いなる”駄作“です
・・・と、思っていましたが、いやいやど~して
先日(2018年5月)劇場鑑賞した「レディ・プレイヤー1」観て、考えを改めることに
この時既既に、「レディ・・・」の下地はできていたのだと感じたのでありましたです、はい
こんな面白いの見逃してたなんてΣ(*ノД`*)ペチッ

良い…良いよー
若きスタントマン・マイクもとい、カート・ラッセルがほんまキュート☆
特に裁判所のシーンめっちゃかわいい
カート・ラッセルかわいい思ったの初めてやで
でもMVPはイッヌ おまえに決めた

故オーナーの遺した中古車屋を守るためスタッフたちがあれやこれや大奮闘するお話
クライマックス250台の車が大爆走するシーンは圧巻です
ダカール・ラリーみたいやった
広告塔のおっぱいも惜しみなくぷるってたし


こういう映画も大好物♡
skip

skipの感想・評価

-
基本的に主人公側の倫理観がぶっ飛んでるのは面白い。胡散臭さしかないけれど笑える。思えば発明とか冒険とかキチガイ発信だったっけと謎の推論すらさせられた。
>|