タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.2

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。し…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

mmgo

mmgoの感想・評価

4.5
実話ベースだが、映画的脚色が凄いことになっている。故に最高!
一度逃げ出した男が迷ったあげくまた戻っていく、何度も観たことがあるようなシーンだがいつも泣ける。うどんをかっこみながら葛藤するソンガンホの顔、たまらん!
タクシー軍団vs軍隊とか素晴らしいアイデア。
重々しいテーマをこういったエンタメに仕上げることは賛否両論あるだろう。しかし少なくとも私にとっては1980年に隣の国で起きた悲惨な内戦について知るいいきっかけになった。
このところ寝ても覚めてもアーミー・ハマーだったのが完全にソン・ガンホに上書きされてしまった。そんな映画ではないにもかかわらず…。
ミスター・セクシーの声にも立ち姿にもメロメロです。

光州事件といえば二度と観たくない傑作『ペパーミントキャンディ』がありますが、実際どれくらいのことが起こったかは語られていなかった。こうして映像で確認すると、改めて辛くなります。
でも韓国ってそういう過去のことをちゃんとこうして映画にできるところが本当にすごい。

気づかないうちにひたひたと鼻の下まで水が来てしまった感のある今、要所要所の何気ないセリフが胸に刺さりました。
まろ

まろの感想・評価

-
2018年ぶっちぎりでトップかと
のめり込み感が異常。

全ての感情を余すことなく最後まで拉致られてました。
本当の「映画」を見た気がする。

言論の自由を得た韓国の噴出した思い、しかと感じました。
これが実話ベースなんて、本当に信じられないの一言ですね。。
おのおののキャストさんの演技がまたいい味出してて…これから調べます♡
遅ればせながら駆け込み鑑賞。もっと早く観ておくべきだったー。大好きな「ダメオヤジライジング」映画やんか!

平凡なタクシー運転手の心情が、葛藤を経て少しずつライジングしていく2日間の物語。彼の内面のトーンカーブを、韓国民主化にとってエポックな大事件と絡めて劇的に描き出すシナリオが、喜怒哀楽のツボを満遍なく押してくる。

そして、なんといってもソンガンホの人間力!打算的で不器用な生態を演じさせたら随一。デカくて懐っこい顔で笑わせて泣かせて、主権者たる大衆の幸せと痛みと信念の重さをリアルに教えてくれる。

ラストのカーチェイスがとってつけたようだと批判も多いけど、自分は乗っかりたい。大衆のシンボルたるタクシーのエンジン音は、自由と解放を願う民の咆哮だと感じたから。


しかし、未だに国のトップを直選できない日本って、民主主義国家と言えるんだろうか。民主主義の体をしたコスプレで、ずっとデモクラシーごっこを踊らされているように思えてならない。
rubens

rubensの感想・評価

4.0
事件について何も知らなかったので、予想を上回る怖さだった。助けてくれる地元の人たちがすてき、勇気は大事。英語も大事。

検問所の兵士や学生、地元のタクシー運転手が忘れられない映画。
なつ

なつの感想・評価

4.0
お恥ずかしいながら、光州事件についての知識はほぼないに等しい状態での鑑賞でした。なので映画を観てその凄惨さに驚きつつ、この内容をこんなエンタメに落とし込んだことに驚いた、というのが正直なところ。

ナンバープレートを見つけたあの兵士を思いつつ劇場を出たところで、偶然同じ映画を見ていた友人に「ペパーミントキャンディ」のことを聞いて、観たい熱再燃です。

しかしソン・ガンホ、巨大スクリーン映えするわ...。テレビに向かない男。(大好き♡)
em

emの感想・評価

3.9
これまでみた韓国映画ダントツの1位。お金じゃなくて、仲間のために頑張るのが本当にすごい。というか、こんなこと韓国で起きてたとか全然知らなかった。
yukke

yukkeの感想・評価

4.5
目を覆いたくなるような悲惨な史実、抵抗した若者たち、名も無き市民の姿の描写は凄まじく、また、コミカルな導入から、現実を目の当たりにして次第に顔つきが変わっていくソン・ガンホが素晴らしい。

頼りなく適当な、その場しのぎの"ドント・ウォーリー"が、観終わったあとに場外のポスターで笑うソン・ガンホを見たときに蘇ってきてまた泣けた。
ポスターはソン・ガンホの満面の笑み(ホント誰かわかんないほど)なのに、あらすじは光州事件…すごく気になって待っていて、近隣での公開がやっとやっと始まりました。

さて当然ながらソン・ガンホの満面の笑みはごくごく序盤です。泣いたり笑ったり怒ったり情けなかったりするフツーのちょっと知恵が足りなさげな韓国のおっさんソン・ガンホ。個人タクシー運転手で日銭を稼ぎ、家賃も滞納気味。大家の息子に娘がイジメられるのを気に病み、取材に訪れたドイツ人記者を事情も知らずに乗せていざ光州へ。
ソウルに住み新聞も読まなければ国の事情を知る機会も術もないいちタクシーの運ちゃんである。光州への入口で軍に車を止められても何のことかわからない。それでも光州に入ると彼の顔から笑顔も顔色もどんどん消えていき、目的は光州を抜けて己の正義を貫くこと、仲間の遺志を継ぐことに変わり、帰り道はハンドルを握る手にアクセルを踏む足に一層力が込められるのです。
光州のタクシーと軍のSUVの山道カーチェイスからのラストにかけて多少湿っぽい演出なのは残念でしたが、事件の凄惨さを容赦なく描かれた映像には圧倒され息を呑みました。

ペンの力なんて言いながら結局は都合のいい情報しか忖度せず国民に真実など報道しないのがマスコミであり、それは当時の韓国はもちろん今の日本だって同じだよと思わざるを得ません。正義とはなんだろうと考えるきっかけは、こんな物語にも隠されています。映画から学ぶことは実に多いと心から思う次第です。
Hana

Hanaの感想・評価

3.9
オープニングから中盤迄緩い感じに
進んでいたので失敗したかなぁ…
と思ってたら終盤にかけてやられました!

もう ファンさんやジェシクの
最後のくだりは泣きます。
軍隊の容赦ない弾圧の間でも
ファンさん宅でのつかの間の団欒に
救われました。
>|