タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2016年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

あらすじ

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める…

ソウルのタクシー運転⼿マンソプは「通⾏禁⽌時間までに光州に⾏ったら⼤⾦を⽀払う」という⾔葉につられ、ドイツ⼈記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま⼀路、光州を⽬指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に⼊る。“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの⾔葉に⽿を貸さず、ピーターは⼤学⽣のジェシクとファン運転⼿の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1⼈で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

ド傑作。
超号泣。
みんなシネマート新宿に駆け込んだ方が良い。これ観ないで2018年の映画ベストランキングつけちゃダメ。

一生忘れることのない一度きりの旅路、ってこれだけなら普通は若者のお話なんだろうけど、おじさん達の話なのがまた沁みる。もちろん実話ってのも震えますけど。

映画の面白さだけじゃなくて、この映画を作る志も凄まじいと思った。光州の街とか俯瞰とかもちゃんとやって金かけてる。映画の国が作ってるって感じがする。エンターテイメントの仕方が上手いから脚色だろってのが気にならない。とにかくすご過ぎ。

ただ本当に一個だけ。これだけやってたらあらゆる脚色も素晴らしいと思うのだが、23年後のソン・ガンホのシーンはいらなかった。なんだよあの雪降ってるシーン、いらねぇって。。。単純な話だけど、別れ間際辺りからドイツ人記者視点にしてやればエンドロール前の映像もっと涙腺崩壊したと思う。でもその脚色のやり過ぎ感が韓国映画の良さだったりするから一長一短なのかも。。。

とはいえ、ド傑作。

このレビューはネタバレを含みます

ソン・ガンホが太った坂上忍にしか見えないし、よくあるヒューマン系かと思って不安をおぼえたのだけど、想像以上の傑作でした。
脚色しすぎな面もあるけど、本当に胸熱なシーンが多くて少し泣いていました。後々考えるとこんなベタなシーンで泣かされるのは映画としての実力があるのかも。

ソン・ガンホが最初からヒーローではなくて、悩みながら闘うことを選んでいく過程が良かった。
(2018年劇場55本目)
(2018年通算104本目)
kaneyannnn

kaneyannnnの感想・評価

3.5
光州事件のこと初めて知った
他のいろんな国の民主化運動の裏にもこうゆう人達がいるんだろうな
今年劇場鑑賞した韓国映画で個人的に一番良かったです。

映画“反則王”以来、韓国の役者で一番大好きな
ソン・ガンホ主演だったので以前から楽しみにしていました。
勿論、ソン・ガンホ出演による加点評価もありますが
それだけでは無く作品自体も良かったです♪
その上での今年公開の韓国映画で一番評価。

本作のソン・ガンホの名演を観て
更にソン・ガンホが好きになりました♪

2018年4月に映画館で鑑賞
軽快にトロットを歌っているシーンから一変、まさかこんなことが起きるなんて。場所を光州に移してからは、どうかお願い!と手に汗握りながら観ました。切ない場面も多かったけれど緊急時でありながらもみんなで食卓を囲むシーンが温かくて印象的。「光州5.18」を観てみたいと思いました。
ごく普通の気のいいタクシー運転手のソン・ガンホが、壮絶な事件に巻き込まれ、右往左往しながらも勇気を振り絞って立ち向かっていく様に涙が止まらない。実話がベースとは言え、どこまでが史実でどこからが脚色なのかわからないが、WEBで調べた限りでは、ガンホと同じようにごく普通の市民が、目の前の凄惨を極める出来事に意を決して立ち向かっていくあたりは実際に起こった出来事のようで、その勇気と行動力に驚かされる。ポスターの屈託のない笑顔から決意の表情まで、ソン・ガンホの演技から目が離せない。やっぱりこの人只者でない。
この作品の前に「光州5.18」を観ておいて本当に良かった…
もし、ご覧になる前に余裕があれば是非お勧めしたい。

ソンガンホ案件にハズレなしと思っているので何気なく鑑賞して、ああ、これは光州事件を扱ったものなのだと。
ソンガンホ、冒頭から中盤まではいつもの調子良くて、人間こそ悪くないけれど、小心で面倒なことには関わりたくない、という、どこにでもいる一市民。

その彼が、ドイツ人ジャーナリスト、光州の市民たちと触れ合い、気持ちが変容してゆく姿が丁寧に描かれていて、素晴らしい。

どんな人の心にあるもの、繋がり、そして、ジャーナリズムの在り方、人のあたたかさ。
全てが画面の全てを使って描かれています。
光州事件の描き方もかってないスケール、どれだけの尊い命が失われたのか、胸に迫るものがありました…

主人公も含めて演技達者な俳優陣、カーチェイスシーン、こんな人情味のあるシーンもありません、みんな、みんな本当に…

時間が長いと引かずに是非観ていただきたい。今の日本にはこんな映画は作れないでしょうね…

実話ベースです。すごいものを観ました…
ai

aiの感想・評価

3.5
人情に厚く、ユーモラスで憎めない、どこにでもいそうなタクシー運転手を演じたソン・ガンホがさすがに上手い。道路を封鎖され、電話も不通になった光州で実際に何が起きていたか。ドイツ人記者を乗せたために巻き込まれた運転手が、現場を目撃し、どう反応し、何をすべきか決意するまでの過程が丁寧に描かれていて良かった。
hayashi

hayashiの感想・評価

4.5
ソンガンホの演技が凄くいい。この演技のおかげで、主人公の魅力が120%以上になってる感じ。
はるま

はるまの感想・評価

4.0
光州事件を知れてよかったと思いました。
ドイツ人記者のトーマス・クレッチマン、自身若くして東ドイツから亡命した方ですから、本来ご本人と役とは離して見なくてはならないものの、彼がこの役を引き受けてくれた心意気を感じました。よくぞ、監督オファーしてくださいました
>|