タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜の作品情報・感想・評価・動画配信

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜2017年製作の映画)

택시운전사/A Taxi Driver

上映日:2018年04月21日

製作国:

上映時間:137分

4.1

あらすじ

「タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜」に投稿された感想・評価

はる

はるの感想・評価

5.0
とてもよかった
ソン・ガンホさんのファンになりそう
現地の人皆とてもいいひとたち
riina

riinaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

元恋人の勧めで鑑賞。

実際にあった事件を元にした、歴史的背景が濃い映画。
とりあえず韓国映画はこの人が主演のやつ見ておけば間違いないな。
韓国人×ドイツ人の意思疎通できない感じ、ずるい。感情移入してしまう
辛いシーンもたくさんあってみるのがきつかったけれど、見てよかった。
morimoto

morimotoの感想・評価

3.7
これ実話なのね。。。
ジャケ写とタイトルのチープさで離れる人たくさんいそうだからすぐさま変えた方がいいよ。

私たちは世界的な事件だったり問題を報道でしか手に入れることができないけど、どごまでが正しいのかわからない。報道されるものはあくまでも"情報"でしかなくて事実ではないんだよね。
ロシアウクライナ問題も、どこまで隠蔽されてるんだろうか。。

やっぱソンガンホに幸薄キャラやらせたら右にでるものはいないね!
良き作品でした。



ラストのカーアクションはめちゃくちゃ冷めたけど。
Maak

Maakの感想・評価

4.3
事実を報道する為に、これだけの人の命がかかってることに衝撃やった。人情に触れて、主人公が変わっていく姿に涙止まらんし、ソン・ガンホの演技力が凄い。ほんとに。
頭痛くなる程泣いた。実話で、真実やと思うと、居た堪れない気持ちになった。
ナ

ナの感想・評価

4.3
出てくる人がとっても温かいからより感情移入して辛い
みんなで繋いだ真実が公開されて本当に良かった
R

Rの感想・評価

3.6
「1987、ある闘いの真実」を観た時からいつかこの作品も観なければと思っていた。作中の時期は7年ほど異なるが、どちらも韓国の軍事政権を描いている点は同じ。

コミカルな序盤に比べて、後半の光州での惨劇は暗澹たる気持ちになる。

こういった作品を見るたびに「仮にこの状況下で、自分は民主主義のために立ち上がることが出来るか?」と自分に問いかける。

Yesと即答できる自信はない。ならば、現在の日本の民主主義を維持していくために(もちろん不完全なところもあるが)、自分ができることだけでも微力ながらやるしかないと思う。

あと、光州のタクシードライバーの方々は優しい方々ばっかで良いなぁと思った。初めて会った見ず知らずの人間にあそこまで親切にできる点、見習いたい。
310

310の感想・評価

4.0
光州事件、悲惨な事件でした。
目を伏せたくなるような事が起きても、
諦めない姿勢が、凄くかっこよかった。
ラストのタクシードライバー達のシーンは、
特攻隊のようで辛かった。
ピーターが、タクシーにキムさんの家族写真を飾るシーンが印象的。
momonomama

momonomamaの感想・評価

3.5
2017年 韓国
監督 チャン・フン
ソン・ガンホ、トーマス・クレッチマン、リュ・ジュンヨル

1980年に韓国であった光州事件を描いています。
実際にタクシー運転手たちがタクシーでデモ行進していたらしい。

映画の中ではソウルのタクシー運転手がドイツ人記者を光州までタクシーで連れてくってお話。
ソウルのタクシー運転手(ソン・ガンホ)もドイツ人記者(トーマス・クレッチマン)も実在の人物をモデルとしているけど、タクシー運転手の方は最後にピーター(記者)に偽名を伝えて二度と連絡できなくなっていたとか。

何で偽名を伝えたのかなぁ?
わからない、超謎。

光州事件そのものはすごいよね、日本ではあまり報道されてなかったのかなぁ?韓国でもリアルタイムには情報統制でちゃんと報道されていなかったみたいですもんね。この頃から本格的な民主化が始まるのよね、民主化できてよかったよね。
中国はダメだったし、ウクライナのマイダン革命もその後、8年くすぶりが続いてて、平和に民主化できていないし、アラブの春とかはもうわけわかんない。
たけ

たけの感想・評価

4.0
ベイビーブローカー見る前に見とこうかと。
タクシードライバー達の行動に不覚にも泣けました。
菅谷

菅谷の感想・評価

4.1
軍部による弾圧を描いた辛いシーンが多いけど、良い人がたくさん出てきて観終わった後の感情は温かい。
>|

あなたにおすすめの記事