実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)の作品情報・感想・評価・動画配信

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」に投稿された感想・評価

知欠

知欠の感想・評価

4.4
勇気がなかったんだよ
全共闘の実態。
我々は
この出来事を総括し
自己批判しなければならない。
実話だよ。
とんでもねえな。
あさま山荘の事件自体は知ってるし、
頭のおかしな奴らがいるなあぐらいの認識で、
15年ほど前にテレビの特集を見た記憶がある。
しかしこの作品の肝は、あさま山荘の事件の詳細ではない。赤軍の実録である。実態である。
道程である。
あさま山荘の事件は単なるゴールであって、行き着くまでの幾重もの物語が肝だから、めちゃくちゃいいです。
その上で、あの時思った、こいつら頭おかしいな。という感覚が、解きほぐされていく。
実際、完全なる頭おかしい奴らになってたわけだが、ここに至るまでの経緯は恐ろしいものでしかない。
そこに向けて今作は、全共闘、赤軍という活動の成り立ちからして痺れるナレーションで丁寧に可視化してくれるのよ。
最初はおしゃれ気分で始めた人もたくさんいるような気がするのさ。革命の気分ってさ。流行みたいなノリで、TikTokとかタピオカみたいなノリで、それが全共だったというだけの話でさ。それこそ、あの坂井真紀の演じた女は最初は自信なげに、胸を張り、行進に参加していたわけだが、
山荘へ行くことによって、世界が変わる。
人によっては、些細なこと。としよう。些細な運動から、集団が個を飲み込んで、エスカレートの先にあるのは、一見統率された集団とそれを構成する個による言い訳ばっかりだ。
社会主義、共産主義のためにってね。
反権威主義が、党結成の中でほとんど独裁政権へと姿を変えていく。反米、日本の権利主張、国民としての意識、プロレタリアがどうしたよ。
彼らの働きのおかげで今の日本もあるにはあるはずだけどさ。
世界に革命を。って。
世界で革命が起きてるって。
革命にはなにが必要なんだよ。
思想の統一か。
理想を掲げることか。
裏切り者を出さないことか。
罰を与えることか。
そもそもが思想を動かすなんて大層なことに対して、革命って何なんだ。
エロティシズムの議論から出発してみるに、
倒すべき相手がいるときに
反発が発生するときに
暴力は革命に変わるらしい。
なのに、
俺たちはなにと闘ってたんだ。
警察、国家権力と。だったはずだ。
しかし、自分たちの思想的統一との戦いが最も苦しそうだったよ。
やはり、観念なき行動は革命へは至らない。
ぱっと見、階級闘争のようでもあり、
反米を掲げた話ですが。
実際、左翼共が何故このようなことになったのか。確かに、世界に革命が必要だったからです。
是正が必要だったんだし。
おかしいことにおかしいということが。
それでも罷り通ることもありますし、
覆せることもありますよ。
地球の中ではいろんなことが起きた。
なら彼らの叫ぶ世界と俺らのこの国は何か違うのか?
そこにいたるにはあまりにも
当事者意識が低い社会なんじゃないの。
自分を持ってんだか、無思考、無指向なのか、わかんないけどさ。
この作品から思うに、彼らの敗北、自滅はオウムのような教祖がいなかった。オウムをポジティブに捉えるわけではないが、それでも、カリスマが欠けていた。ように思う。
やはり強い組織にはリーダーが必要だわ。
数が多けりゃ多いほどね。
というか、神やルールが必要だ。
そして何よりも、誰かにとって、
希望や居場所になりきれなかったんだと思う。
この辺もオウムとは別物。
そもそも、目指したものが違うんだろうけどさ。
この世にはルールというものがたくさんあって、競技や場所、集団によってそれは様々なのです。
とりわけ日本では、みんなバラバラの競技をやってます。その度、その都度に、神がいる可能性もある。残念ながら、少なくとも日本において、人生という競技のルールはまったくもって整備されてないです。思想の統一がなされておらん。
悲しい個人主義なんだよ。
民主ってなんだよって言いたくなる。
声を上げることは不可能なのか。
民主主義では変えられなかったのか。
強行採決。民の衝突。
実際何割の人が動いたのだろう。
日本にはあまりにも個人の中に顕著で細やかな内と外という関係性があって、
内の意識が非常に広いし、外の意識が狭い感じがするのよ、日本以外と比べてね、国として団結する前に、一個人としての幸福の保障を優先する。みたいな。
個に対して、外という概念が広過ぎる国。
が故に、国内でも争いすぎてるし。
人々が小さ過ぎる。
例えば、お客様は神様だってやつよ。
みんな同じ国の人で、同じ人間である、なんちゅう意識が低すぎる気がするんだよなあ。
民主主義の経済格差。よりも、
盲目的な幸福格差が問題だと思うし、
ようは、幸福社会主義の国なんだよ。
ほかの国のことまで語るには時間も文量も惜しいので、自粛しますが、
ここで、資本が幸福に直結してしまう現象が問題となる。
が故に、階級の壊れた、匿名性を帯びたソーシャルな世界ではより顕著になる感じだわ。
これは20年でも40年でもかけて、考えていかないとダメだと思う。
その頃には別の問題になってると思うけどさ。
いつのまにか、自衛のためのルールになってるじゃないか。
自由ってなんだろうな。
革命は結構だが、その先に何を見てるんだ。
どうしたもんなのかなあ。

この映画の中では、
どんな小さな役でも
実名、年齢、大学、所属
みんな生きてるんで。
個人を大事にした映画だ。
もちろん事実に則した話だから。
所属、集団で括ってしまいそうな姿勢を優しくお説教していただくみたいな。
そんなつもりはねえ、当たり前の話だって馬鹿呼ばわりされるだろうけど。
もうすぐ、だれも、戦争も暴動も知らない国になる。
めちゃくちゃ良いことですね。

役者もみんな、素晴らしい。
潮見から、森へ。高校生へ。
熱を完全に憑依させている。

正義と正義がぶつかってんのかなあ。
正義と信じるものが。だな。
やっぱやめたって言えないかなあ。
意地かね。
勇気がなかったんだ!!
大きな流れに逆らう個人の勇気が!
どんだけ正論垂れた社会だろうが、
そんなところに正解なんてあるわけがない。
と思いたいよ。

これをみて思い返す、三島が説得に向かった姿勢がかっこよくて仕方ない。

えらく長いんだけど、見れるね。
面白いっす。

結局、個人を捨てきれないから、
集団で大きくなったつもりで、
個人を主張し切る
俺たちは勇気がなかったんだよ。
相手のためになる思想はあるが、
相手のためになる暴力は存在しない。
と信じています。
若松孝二はいいよなあ。
MAENOLI

MAENOLIの感想・評価

3.8
2020 36

山岳ベース事件からあさま山荘事件までの顛末の映画化。あさま山荘事件は有名だけど、その前に起こった山岳ベース事件が凄惨すぎる。

この人たち、最初は世界を少しでも良くするための革命を目指していた筈なのに、どこでこうなっちゃったんでしょうね…これ死んでいったメンバーたちも、なんで自分が死なないといけないのか最後までわからないままだったと思う。

他人を見下して口先だけで高い理想を語って、なんだかんだ理由を付けて気に食わない人間への暴力や殺人に正当性を持たせる森、永田のやり方、心底軽蔑します。
彼らの言ってることって、ただの難しげな言葉を繋げてそれっぽく見せかけてるだけで実質中身は空っぽ、全然自分の言葉で喋ってないんです。
殺人を"総括"と自分に責任がない様に言い換えるなんて本当に本当に最っ低。狂ってるんじゃなくて、ただただひたすら卑劣で姑息で臆病なだけ。何が敗北死だよ、ふざけるな。
こんな風に仲間を殺しまくって、この人たちが何か世界のために達成出来たことが、たった一つでもあったのか?

ただこういう空気に呑まれると人は簡単に流されてしまうのかと思うと気が滅入ります。自分をしっかり持っていないと、きっとすぐに引き込まれてしまうんだろうな。
この場にいて自分が暴力に加担することを断れるか、断ったその先に自身の凄惨な死が待っているとわかっていても、他の誰かへの暴力にやめろって言えるのか。きっと物凄く怖いだろうし、難しいかもしれない。それでも、それをやってはいけないって言えるような人間でありたいし、そういう人間であろうとすることをやめたくない。どんな状況でも自分の頭で考えることを放棄したくない。

3時間近くある映画だけど、熱量が凄くて長さを感じません。事件の全容がかなり詳細に描かれていて直視できないようなシーンもかなり多いので、軽くオススメはできませんが、この国で起こった歴史のひとつとして知っておくべき事件だと思います。 
mmmman

mmmmanの感想・評価

4.2
熱情と共に孕む狂気

あくまでもものすごく人間的で根源的な残酷さが滲んでいるからこそ目が離せない。

革命だったのか、反乱だったのか、犯罪だったのか、もしくはどれでもなかったのか資本主義の恩恵で完全に鈍っている私にはわからない。
しかし、ここまでの行動力となお突き動かされる何か、そして良くも悪くも社会を変えようとした勇気と覚悟は絶対に真似できない。

語弊があるのは重々承知だかが、完全に負けた。これでしか表せない。
うさぎ

うさぎの感想・評価

4.5
監督や演じてる人の熱量が伝わってくるようなすごい映画だった。
いろいろ考えさせられる。

このレビューはネタバレを含みます

世紀に残る傑作 
後世にまで語り継がれるべきこの作品に心からの敬意を表します。
3時間10分のすべてに若松監督の血肉、命が宿っていて、決して生半可な覚悟で望んではならないのだと思う。

前半…学生運動の過激化(新聞記事や過去の映像を挟み、中立・解説気味に進行)
中盤…山岳ベースにおける惨い総括 
ラスト…あさま山荘立てこもり(中盤〜後半は完全にドラマ。赤軍側に偏った視点で進行)
こんな具合の三部構成で成り立っている。

序盤は自分がこれから入学する大学で、半世紀ほど前までゲバ棒と赤ヘルを持って叫んでいる学生たちがいたという紛れもない事実に愕然とした。1960年代特有の付け入る隙もない学生たちの焦燥感、切迫感はいまを生きる私たち若者には知りえないけれど、どうにかそれをなぞりたいという気持ちがずっとあった。革命の二文字が持つ甘美なイメージと大衆の力に流されて、自国で何が起こったかも知らないまま過去を美化するなんて、馬鹿のすることだから。だけど実際にそうやって便乗しては自己陶酔する、本質を見失っていた学生もいっぱい居たんじゃないかな。それと逮捕されて懲りた人たちも大勢居ただろう。(デモの度に毎回千人単位で捕まっていたんだから…すごい時代だ)大学を卒業した後も人生は続くから、同胞に白けた見方をするようになり、次第に縁を切る。こうして学生主体の革命運動は下火になっていった。

警察の目を逃れて山岳ベースに逃げるあたりからがこの映画の本領発揮。吐き気を催す邪悪な事実は新井英樹のザ・ワールド・イズ・マインに大きな影響を与えたに違いない。特に銃の略奪、爆弾開発、マリアの同級生訪問(あのシーン、無理だ…人道的にアウト。)その他諸々。
人間が人間としての心を失ってゆく描写が痛々しいほど克明に描かれている。総括の名の下に行われる集団リンチ。連合赤軍の主要メンバーは総括と自己批判により自己を共産化するという意味不明かつ無茶な大義名分を振りかざしては仲間を殺し、当然だって顔でケロっとしている。
森恒夫役の地曵豪(独裁者としての雰囲気を余すことなく放つ圧倒的存在)坂口弘役の井浦新(美しい男。好きだ。今作では純粋なクズ。実力者として、その沈黙が力を表すような存在。森が逮捕された後の狼狽具合に人間味と弱さを感じる)永田洋子役の並木愛枝(一番凄みのある人。その演技をとくとご覧あれ。彼女に嫌悪感を抱かない人はいない。役者です…)の殺気には全身が粟立った。
「殴り気絶させることによって、新しい人間として生まれ変わり総括が可能になる」「(殴り続け半殺しにしながら)がんばれ!革命戦士に生まれ変わるんだ!」紛れもない事実であることがほんとうに胸糞悪くて、観念的総括に対して、あり得ねえ、クソ食らえって思った。自分で殺しといて、「こいつが死んだのは共産主義に敗北したからだ」なんて吐き捨てるか?
そして永田の遠山さんへの精神的追い込み、総括シーンが非常に堪えた。言葉悪いけど、醜女の美女へ対する劣等感、嫉妬がどんどんエスカレートしていく。私情を挟んだ個人的怨恨だ。「あんた、軍事訓練を何だと思ってるの?!山で化粧する必要あるの?服を着替える必要があるの?総括しなさいよ!」可愛い娘を自分で殴らせて、結果きれいな顔面はただの肉塊になり、その姿を鏡で見せつける。お手洗いに行くことも禁止して汚い女と罵り、お母さんと何度も呟く彼女を放置して死に至らせる。その時初めて他のメンバーは心に傷を負ったように見えた。誰にだって親族がいることは想像し得たはずなのに。そうだよな、このことがあったからラストで5人も意固地になったんだろうな。
だけど、そのことに対する想像力を完全に無下にすることがターニングポイントになって、書くことも憚られるその後の惨劇に繋がってゆく。
そういや永田が男女関係云々と他者を責めるわりにはこっそり浮気して森と寝てるなんて。何が内側からの共産化だよ。ずるくて、理想論の破綻を感じられる、どこまでも人間くさい重要な場面だった。

最後三十分を充てたあさま山荘立てこもりのシーン。意識改革を嫌でも迫られてひどく面食らったけれど、「勇気がなかったんだよ」あの言葉があってよかった。
組織のトップが狂っていると思想は純化し、トップの意見に異を唱えるものは粛正される。自分が殺されないために、仲間の殺人に手を染める。集団狂気の怖さを臨場感たっぷりに見せてくれる作品。
リンチ殺人を連合赤軍は総括と呼び、オウム真理教はポアと呼んだ。ああいう狂った集団は人殺しになぜか名前を付ける。
衝撃と恐怖とショックで眠れなくなります。
あの時代のあの運動について深く考えさせる始末。。浅間山荘事件は有名ですが、その前にまさかあんな展開があったとは。。
何なんだアレ?ごっこ?
衝撃的という意味で4.0
スクリーンから直接伝わってくる迫力!
しかしその迫力をなぜ組織の外に向けて発揮できなかったか、というのは誰もが判っている皮肉だろう。
勇気って大事。
大学のときに授業で見た映画。
本当にこれはキツい。実際に起きたことなんだけど、受け止めきれない…。集団狂気は本当に怖い
徐々におかしくなっていく人の様を描くノンフィクション作品。

ハイライトは最後の立てこもりだけど、未だに胸くそ悪く記憶に残ってるのは自己批判強要の修行の日々シーン。
正気でいることに耐えられなくなる、狂ってしまった方がどれだけ楽か…と沈んだ気持ちになる。

山本直樹のレッドと併せて観たい。
>|