十二人の怒れる男の作品情報・感想・評価

「十二人の怒れる男」に投稿された感想・評価

脚本が素晴らしく、友人達に一番、お勧めしている名作。子供の頃、深夜TVで何の予備知識もなく観てみると、たった一人の頑張りで、一人また一人と意見が変わっていく面白さに驚いた。大人になった今、改めて観てみると、現在の日本でそれなりの立場でいる人達が11対1から、ひっくり返ることはあるだろうか?ほとんどの大人は多数派に流され、妥協しながら物事を進めていく。正義を貫き、偏見を打破した主人公の姿に民主主義のすばらしさと人が人を裁く難しさを痛感させられる。特殊効果などを多用した映像が無くとも、人を魅了させることができる素晴らしい映画。
真実は必ずしも正しいとは限らない。何事にも疑問を持つことが大切であることを教えてくれた素晴らしい映画であった。
どんどん映画の中に引きずり込まれる内容は名作中の名作だと思う。

このレビューはネタバレを含みます

最後まではじめから無罪を主張してた人がみんなを扇動して、ラストカメラ目線で「ちょろいわ〜」みたいなことを言うようなサイコな話だと思ってたけどちがった このラストで本当によかった 誠実で真摯な話じゃなかったら心が折れてたやぁ
最近の映画マイブームの中に部屋の中だけの会話劇あるこうゆうののオススメあったら教えてほしいです
とてもよかった
愛しのジャック・レモン🍋の方も見なければ!!!8番さんなんでしょ?!たのしみ
傑作。ワンシチュエーションの会話劇でここまで面白くなるのかという感じ。
朝野

朝野の感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

これはいい。
回想もなしにほぼ1つの部屋の中だけで繰り広げられる会話劇。
全く飽きずにのめり込めた。

大事な場面での顔アップはとても印象に残る。個人的に好きなのは主人公が最後に名乗るところ。
拓人

拓人の感想・評価

4.0
映画は制作費じゃ語れない
Sanae

Sanaeの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

陪審員8番と9番が自己紹介して握手して終わり
エドガー・ライトが選んだ[2017年発表/1000本]
人の生死を委ねられることの重さにクラクラしながらも、目耳は画面に釘付けに。
父親殺しの第1級殺人事件。
12人の陪審員たちが、蒸し暑い陪審員室で、多大な緊張感の中[全員一致の評決]を下すまでのドラマ。
気の短い者、主体性の無い者、洞察力に長けた者、人種や階級による偏見を持つ者、秩序立てて考える者、記憶力の良い者、最初から[有罪]と決めている者など様々な陪審員。
言論闘争の中で、12人それぞれの性格や人柄、個人的に抱える問題も浮き彫りになってくる。脚本の勝利p(^^)q
1つ1つ検討されていく状況証拠や証言。回を重ねる度に逆転していく投票。あわや[陪審不一致]で振り出しに戻りかけたところで、ナイフ(凶器)の!Σ(×_×;)!ここが1番ビックリした。
「個人的な偏見を排除するのは難しい。偏見は真実を曇らせる。私は真実を知らないし、誰にも分からないだろう」陪審員8番のデービスの言葉が胸を打つ。
細野

細野の感想・評価

5.0
陪審員に選ばれた12人が部屋で討論するだけ。

それなのに全く退屈する事無くスリリングで引きこまれます。
>|