十二人の怒れる男の作品情報・感想・評価

「十二人の怒れる男」に投稿された感想・評価

脚本が素晴らしく、友人達に一番、お勧めしている名作。子供の頃、深夜TVで何の予備知識もなく観てみると、たった一人の頑張りで、一人また一人と意見が変わっていく面白さに驚いた。大人になった今、改めて観てみると、現在の日本でそれなりの立場でいる人達が11対1から、ひっくり返ることはあるだろうか?ほとんどの大人は多数派に流され、妥協しながら物事を進めていく。正義を貫き、偏見を打破した主人公の姿に民主主義のすばらしさと人が人を裁く難しさを痛感させられる。特殊効果などを多用した映像が無くとも、人を魅了させることができる素晴らしい映画。
612aki

612akiの感想・評価

5.0
白黒だし、蒸し暑い部屋でおじさん十二人が机囲んでひたすら議論してるだけ。かっこいいヒーローもいないし、心惹かれる悪役もいない。なのに、びっくりするぐらいおもしろい。

#guilty #notguilty #十二人の怒れる男 #12angrymen #movie #映画
りょ

りょの感想・評価

-
かっこよすぎた

思い込みの怖さをこんな上手く描ける映画ある??
命の判断を委ねられる責任の重さやばい
司法のあり方って、そっか、こういうものかって納得させられる
まごうことなき名作すぎたし永遠に色褪せんだうなぁってよく分かる


有罪派のあのおじさんの演技ーーー!
よかったーー!

よくできとるほんとに


96
何度観ても面白い!
同じ場所で言葉だけでここまで楽しませてくれるのは本当にすごいなー、登場人物の癖ある感じかたまらない笑笑

普通に弁護士が相当やる気なくて無能なのが悪いんだけど人が人を裁くことって改めて怖いと思った。もし一人も反対がいなかったら死刑か、、、人間が表面的なことしか考えないのがよく分かる


白黒で伝わる汗の感じとか一人一人の仕草とかリアルな雰囲気がたまらない!
yk

ykの感想・評価

3.9
記録
ほぼ1時間半おっさんたちが部屋で議論してるだけなのに、全然飽きなかった。
miyu

miyuの感想・評価

4.4
以前、1997年のジャック レモンのリメイク版を見たが、やっとオリジナル版を拝見。。。

本当に面白い!

陪審員が、一室で、犯人が有罪か無罪かを話あう。。。

証言や、その場にある証拠からは、有罪と思われ、陪審員は簡単に有罪を信じて疑わなかった…
ただ、一人を除いて…

ジャック レモンの役をオリジナルでは
ヘンリー フォンダが演じている。

ヘンリー フォンダの冴え渡る推理や彼があらゆる可能性を提示することにより、陪審員達は次々に裁判の証拠に疑問を感じ始める…

ほとんど 密室が舞台であるのに
見るものを惹き込み…
今、なお、名作だと言われるのは
頷ける作品だ…

ヒトのココロのどこかに巣食う偏見や弱いココロなども炙りだされ…
見事な脚本だと思えた。。。

次々に、証拠を弁護士まがいに実証して無効にする様は、サスペンスの醍醐味…

年月が経っても素晴らしい映画🎬
赤鬼

赤鬼の感想・評価

1.0
胸糞の悪さ天下一品の映画。三谷幸喜さんの「12人の優しい日本人」の方が遥かに名作。
最初は回想シーンから始まった!やから白黒のシーンなんか!!
と思っていると最後まで白黒で疲れた
真実がどうであれ証拠が不確実だった、だから無罪になった。それが司法の在り方。

偏見や客観性の欠如も恐ろしいが、それ以上に無関心や思考停止こそが民主主義の敵なのだと感じた。
裁判だけの話ではない。
分からない、どうでもいいではなく私達は真剣に考えるべきなのだ。
>|