ロープの作品情報・感想・評価・動画配信

みんなの反応
  • ワンカットの繋ぎが良く、緊張感が持続する
  • 限られた場所での撮影方法が驚きを与える
  • 殺人犯の心理描写が秀逸で、犯人目線で話が進む
  • 長回しのおかげで映画というより舞台を観ているような気分になる
  • 細かい演出がすごく、画面に釘付けになる
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『ロープ』に投稿された感想・評価

20240301-066
1940年代、ニューヨーク、マンハッタン
原題:Rope (1948)
原作:パトリック・ハミルトン”Rope”(戯曲)
監督:アルフレッド・ヒッチコック
美術:ペリー・フ…

>>続きを読む
“犯人が誰か”じゃなくて”バレるかバレないか”のまた違ったドキドキサスペンス
いろは

いろはの感想・評価

3.5
死人入りのチェストをテーブルとして使っちゃうの狂ってて好き。
「殺人は芸術」って考え方この時代もあったのか…。
あるま

あるまの感想・評価

5.0
素晴らしかった😭名作!

ストーリーに酔いしれた!
セリフにも痺れた!
レーコ

レーコの感想・評価

4.2

大好きです、ヒッチコック作品。
観ながら白飯だけ食べれるくらいは好きです。ですが「ロープ」はもう生米でバクバクいけちゃうくらい、個人的には最高の作品なんですよね。史上初のワンカット映画と言われていて…

>>続きを読む
湯

湯の感想・評価

4.0

1948年に全編擬似ワンカットで観せてくれる映画があったなんて...。

2人の男が同級生を殺害後、チェストの中に死体がある状態で被害者の家族や恋人、大学時代の先生達を招いてパーティを開くが、その内…

>>続きを読む
最早エンタメというよりも歴史的な芸術作品という目線で見た。いくつも見てきたサスペンス作品の原点だ。
あおい

あおいの感想・評価

5.0
サイコパス殺人のおはなし

実話ベースで舞台を映画化とな…

日付適当

このレビューはネタバレを含みます

「毒薬と老嬢」に似ていた。
犯人たちの罪の意識の薄さやその箱の中には…というハラハラ感。そして、殺害現場にそぐわない社交。
コメディにさえ見えてくるけど、実におそろしい状況。
ジェームズ・ステュアー…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

殺害後に遺体を隠しパーティを。

しかも その父親や恋人まで招待。

いつバレんのか やたら緊張する💦

ヒッチ・コック初カラー作品。
>|

あなたにおすすめの記事