アメリカン・ヒストリーXの作品情報・感想・評価・動画配信

「アメリカン・ヒストリーX」に投稿された感想・評価

corouigle

corouigleの感想・評価

4.7
いきがっていたので。。。
当時は「革命思想」を持っていた

要は「エコゲリラ」的なものを起こそうとしていた

世の不条理にたいして
実力行使したいと思っていたことは事実

だから
有名な環境団体でありながら
たまに暴走する
シーシェパード
グリーンピース
などには暴走前は共感していたし

グレタさんには今も
着目している

今はもうありませんけどね!!!

人に迷惑をかけたいという
そういう思想は
きっぱり

~~

赤と黒の映画には「革命的なもの」を感じる

Vフォーヴェンデッタや
本作にはどんな内容なんだろうと
ワクワクするところはあった

ネオナチ
世の不条理
漢は必見
(→当時の偏見。。。)

ダブルエドワード

エドワードノートン
エドワードファーロング(ターミネーター2)

ノートン怪優。。

怖い

2000年鑑賞89本中
13位
fmgyumi

fmgyumiの感想・評価

3.8
観てよかった!かなり重いテーマな上に結末の後味も良くないので面白かったと人に勧めにくいが、今も続くアメリカの人種差別問題を正面から扱った骨太な作品。エドワードノートン全盛期ともいえる鬼気迫るシリアスな演技、加えて弟役のエドワードファーロングも素晴らしい。
問題提起の題材としては素晴らしいと思うが、映画として素敵かと言われると、、、と個人的に思いました。
MANAMI

MANAMIの感想・評価

4.0
すごく考えさせられる映画
社会に訴えかけてる感じ

ドリスの口から出てくる言葉はヒトラーの演説みたいで圧倒された
刑務所での洗濯の人と出会えてよかった

ラストは衝撃的だったしこれからって時にって感じだったけど、してしまったことって例え心改めたとしても残ってしまうんだなって思った
筆舌に尽くし難いとはこのこと。
バッキバキの人種問題ないしレイシズムがテーマの作品。白人至上主義に傾倒する青年をエドワードノートンが怪演。
髪が心理表現の特徴となっていると思っていて、スキンヘッドでないことが主義がどこにも傾倒しないことの表現なのかなと思いました。だからこそ、スキンヘッドだとイカツく見えるけど髪が伸びると急に柔和な雰囲気の人間に見えるノートンが演じて然るべきだと思いました。
大事にしたい金言がたくさんあります。
ラストシーンの衝撃がとにかく凄い。これは中々忘れないと思います。
代償なのかな…どれだけしないと誓っても主義思想を変えても、したことは変わらない。シャワーのシーンがいくつかありましたが、それでも罪は洗い流し切れない、背負い続けるということなのかなと思いました。
作品のテーマは差別と偏見‼️
とても重たく深い映画でした💦

エドワード・ノートンの演技に圧倒され引き込まれて観てしまいました😂✨‼️

こういうテーマの作品を何本か観てるけど…間違いなくいちばん良かった‼️✨

どこかの誰かさんが見たら…
「もっともっと高い壁を作れ」とか言いそう😂 w w💦
……って❗️ちょっと思った😅💧

これはまた絶対に観る映画です✨‼️
本筋と関係無いけど、あのファイトクラブでブヨブヨだったエドワード・ノートンがたった3ヶ月でこのムキムキになったんですか…演技はカメレオンだけど肉体もそれに追いつかせるの半端ないって。
映画は面白かったけど、監督今作後殆ど映画撮っていなくて残念。
モノクロとカラーの使い分けはあざといけど効果的で、人種差別云々抜きにして脚本の面白さを際立たせてた。
若い時、ハードコアにハマっている時に観た。
すごく考えさせられた作品。
n

nの感想・評価

5.0
白人至上主義のグループでカリスマ的な存在の兄、兄を崇拝する弟。

2人ともポテンシャルあって頭良いのにワルしてる感じがいいんだけど、人種差別は良くないわ

怒りの感情って本当に無駄だなぁ、って普段から思うけど殺し合いまで行くとまた話変わってくるよな

刑務所で出会った黒人、本当にいい奴ですき

このレビューはネタバレを含みます

うーむ。言葉で語るには余りにも難しい人種差別。良い映画でした。ラストは何となく想像ついたのでいつ殺されるかヒヤヒヤした。
>|

あなたにおすすめの記事