アメリカン・ヒストリーXの作品情報・感想・評価・動画配信

「アメリカン・ヒストリーX」に投稿された感想・評価

rheon

rheonの感想・評価

3.8
非常に評価が高く、友人からもお勧めされていた作品だったので期待値も高かったのだが…。

アメリカにいまだに残ると言われる「人種差別」の問題を切り取った作品。

白人至上主義のデレクが3年の服役期間を通じて改心し、同じくデレクの意思を継いで白人至上主義の道を進んでいた弟・デニーの心も変わっていくのだが…というストーリー。

----------ーーーーーー
★ここから少し「ネタバレ」を含みます
ーーーーーーーーーーーーーーーー

気になった点は以下の通り。
・あれだけの差別意識が改心したエピソードが少し弱いのでは?
・同じくデニーもたった1、2日で改心しているのは早すぎないか?
・黒人教師が2人の改心に影響を与えたというエピソードが少なかった
・白人至上主義のリーダーがもう少し何かすると思ったが何もなかった

アメリカの時代背景などを理解した上で見ればこの映画が評価されている理由がわかるのだと感じた。
エドワード・ファンロング、かっこ良すぎる
内容は救われなかったけど、今も続く争いの風刺だからしょうがない。
sai

saiの感想・評価

4.3
面白かった
幸せな終わり方はしないんだろうなって思ってたけど普通に悲しいな
Shin

Shinの感想・評価

4.0
2020-117

デレク(エドワード・ノートン)は、ナチズムの信仰者で、有色人種への差別をあからさまに、グループのリーダーとなり暴動も先導していた。その極端な思想は、父親を黒人に殺害されたことに対する怒りで作られている。そして、弟のダニーはそんな兄を崇拝している。
ある深夜、デレクの車を盗もうとする黒人に対して、過剰に防衛し二人を殺害したことで、三年の服役をする。刑務所での経験はデレクの考え方を大きく変え、出所してから自らの行動を変え、弟にも考えを改めるように説得する。

もちろん、黒人には良い人もいれば悪い人もいる。白人も同じ。しかし、黒人の犯罪率が高いことは事実で、それは差別され不当な扱いを受けていることも大きな理由です。デレクは刑務所でそれに気づきます。そして、怒りは連鎖し何も解決しないということも。

映画製作は1998年ということですが、現在の犯罪率はどうなんでしょうか?気になってネットで調べても簡単には出てこないようです。

デレクとダニーは頭が良く、自分で考え、信念に基づいて行動をしています。一方でグループに属するその他多数の人たちは、人の意見に同調して、ただ騒ぐことを目的にしている人がほとんどです。
彼らは、他人を蔑めることで、自分の価値を高められると勘違いしています。
学校でのイジメやネットでの誹謗中傷も同じメンタリティーなのではないでしょうか?いつの世にもどこの社会にでも形を変えて出現する、無くならないものなのでしょうか・・。
前半は人種差別を差別する側からの視点、
この視点の映画は見たことなかった。

ダニーやデレクにとって苦しい過去の映像は白黒でフラッシュバックされる。しかも白黒で表すことで白人と黒人を分けている思考も表している。なるほど、、
ダニーの表情的にはずっと人種差別に対して違和感があるみたいに見えた。デレクがやっていたから自分もやるんだみたいな感じ。

まあまあ衝撃のラスト。
デレクがまいた種はそう簡単になくなってなかった。

このあとにデレクや家族がどのような人生を送っていんだろうか。。。負の連鎖が繰り返されるのか、それともデレクは逃げずに立ち向かうんだろうか。
過大評価では。
公開当時、期待外れだった作品。

そんなに人の幹は変わらないと思うのですが、
劇的な事態で変わるというお話。
NAO

NAOの感想・評価

4.0
白黒部分が多くてちょい疲れてしまった。
でも白黒なのは、彼ら(主にデレク)の分類が白黒脳だった時だから。
しかし若かりし頃演じるのが別人?!てくらいちゃんと違ってて魅せ方の違いに拍手👏

怒りは人を幸せにしない。

身をもって感じたことは何よりも響く。
だからこそ、デレクはつらかったろうな。

エドワードノートンの演技と入り込み方は相変わらず深くストイック。
素敵スーツもタンクトップも大胸筋のおかげでさらに素晴らしい★

弟ダニーの昔を思い出して泣くところは美しい。
そもそも中性的な顔が美しい。

新しい世界の始まり。

音楽と車の音とハイスピードにドキドキさせられてたのに…まさかの。
…なんでこうなる涙
邦

邦の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

怒りに任せて暴れまわってるデレクよりも家族に優しいデレクの方がずっとかっこよかった。未公開シーンの黒人の赤ちゃんに優しいデレクもよかった。
シンプルで分かりやすいがインパクトのある映画だった。エドワード・ノートンの演技が光った。映画が終わるまで、ファイトクラブと同じ人だと全く気づかなかった。それぐらい演技が上手かったと思う。この映画で描かれたアメリカに根強く残る人種差別問題は現代社会でも深刻な問題の一つだと思う。また後から調べて分かったが、白黒とカラーの使い分けまでされていて、最初と最後の波打ち際のシーンから、弟を殺されても復讐には走らなかったのかなぁと個人的には思う。
中二病的俺強エエ映画
ヤンチャしてたけどほんとはいい人
でも犯した罪には謝罪も反省も賠償もしない
そういう人向け映画かなと
>|