女の子ものがたりの作品情報・感想・評価

「女の子ものがたり」に投稿された感想・評価

RISA

RISAの感想・評価

3.6
これは、かっこいい女の友情。羨ましくもなるけど、もう子どもには戻れないし、過去のことを糧に、強く生きたくなった。
ayumi

ayumiの感想・評価

3.8
西原理恵子さんの本が好きで鑑賞しましたが、彼女の価値観、世界観がぐっと入ってきてじーんとしました。”男に殴られて言いなりになって、なんで幸せなん!?”って台詞が辛かった、、、友だちの幸せを願っているのに気持ちがすれ違うって切ない。観てから西原さんの本を読むとちゃんと生きよう、って思えます。
ayn

aynの感想・評価

3.2
タイトル通り女の子の物語。
なんでも言い合えるけど、心の中ではつながってるんだなって、そんな友情が羨ましい。
エマ

エマの感想・評価

3.1
「どこかにわたしのことを全部好きな子がきっとおりますようにー!」という台詞がよかった。
好きというのも友人という意味で言ってたのが更に良くて、頭に残った。

幼少期と思春期の演技がちょっと舞台的というか学芸会的だけど、言いたい事を何でも言いながら友人で居られる関係は見ていてうらやましくなる。
子供の時はそうだったなぁ、と思った。
ぷりん

ぷりんの感想・評価

2.9
漫画家の西原理恵子さんの「女の子ものがたり」が原作。
「王子様を待たないで お寿司も指輪も自分で買おう」という帯がついている 西原さんの本を見つけ いったいどんな方なんだろうと思って DVDを手に取りました。
幸せの形は いろいろあると思うけれど、誰かに幸せにしてもらおうと考えるのではなく 自分でまず自分のために幸せになろうと思うことって 大事なことだよね。  
YasakaChan

YasakaChanの感想・評価

2.6
みんなの若い頃役の子たちが可愛かったです。
k

kの感想・評価

3.3
友だちってこういうとこある。でも表には出してない。それを見た感じ。
゙女の子゙による゙お友だぢ物語
…あなたにもあったあったみたいな

スランプ女性漫画家…ある日、編集者とのやりとりの中で、小学時代からの仲良し三人組のことが蘇ります
゙女の子゙…としたところがラストの展開へとつながるのですね(ガッテン)

深津絵里…『一歩引いた演技』において、彼女の右に出る者はいないでしょう わかるかな?
なんか心に残った映画。母になった私が今見るとたぶん、この子たちがどうかしあわせになってくれますようにとただた願うばかりな気がする。
かな

かなの感想・評価

3.4
女の子版スタンドバイミーですって。オトコがおったら幸せか?おらんかったら不幸か?夢があったら幸せか?なかったら不幸か?というせりふ。西原理恵子の漫画読みたい。深津絵里かわいい。
>|