望郷の作品情報・感想・評価

望郷2017年製作の映画)

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:112分

あらすじ

古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話しを耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任…

古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話しを耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

「望郷」に投稿された感想・評価

Blanc

Blancの感想・評価

4.0
原作未読。
全く内容を知らずに観ました。

ふたつの親子の話。

お父さんの進水式で語った話が泣けました。

が、現実問題、離島でいじめに遭ってしまったら、簡単に転校とかできないし、絶望的なんだろうな…と思ってしまいました。
Rei

Reiの感想・評価

3.5
ハローグッバイで触れた菊地監督の第三作。
重苦しいテーマ、息の詰まるような展開も無駄のない描写で流れていく。
希望の話。
すかい

すかいの感想・評価

4.0
今年の邦画の中でも特に素晴らしかった「ハローグッバイ」の菊池監督ということで興味を持ち鑑賞。いやー今作も素晴らしい!やっぱり菊池監督作品とは好みの相性が良い。

ある島を舞台に2人の男女のそれぞれの親との物語を描き、2人が故郷である島に想いを馳せるといった感じの内容を三部構成で上手く纏められてる作品。「ハローグッバイ」の葵とはづきを思い出すような夢都子と航のラストカットには菊池監督らしさが感じられて嬉しい。そして何よりタイトルの出し方がもう完璧!拍手を贈りたい。

生きていれば何らかの呪縛や確執を背負うこともあると思う。でもいつかは向き合ったり、あるいは思わぬきっかけで真実を知ったりしながら解き放たれ、また一歩ずつ歩んでいく。それが人生なんだろうなって。

流石に「ハローグッバイ」超えはなかったとはいえ、今後の菊池監督作品からも目が離せないなと思わされた一作になった。あと婆ちゃんの演出がちょっとホラーチックで怖かった 笑
Yuki

Yukiの感想・評価

4.0
原作を読まず、前知識ゼロで観た


予告やあらすじからうけた、かなりつまらなそうな印象よりは10倍良かった


さすが湊かなえのベストセラー。
ストーリーがいい。
その短編集からふたつを選び、うまく絡めた脚本で映像化したのも、菊地監督の手腕。


最初からずっと重いトーンで、
彩度の低い色彩で映し出される因島と
何かを抱えてそうな 暗いふたり。
セリフはくさく感じられて入り込むのにはけっこう時間がかかったけど、


前半、貫地谷しほり主演
『夢の国』がかなり怖くなってきて
ホラーかと思うほど
憎しみに取り返しがつかなくなってきたあたりからグッと引き込まれた。
木村多江の不幸感はすごい。


後半、大東駿介主演
『光の航路』いい話だった
死にたいほど辛い思いをかかえた人になんと言葉をかけていいかわからない時
ひとつの美しい答えを見た
自分は素直に感動した。

その2つが交わる最後
なぜ『望郷』なのか
すっと腑に落ちる やりすぎていないラストシーン

派手でなくこじんまりとしつつもよかったです
泣きましたがこの涙は好きなタイプの涙
原作と違う展開もあるらしいので原作もすぐ読みたい。
みね

みねの感想・評価

3.5
原作は読まずに見ると決めていました。
ちょっと報われる様なストーリーに変更がかかっているんだろうと思いながら見ました。
進水式を知っている世代だとより気持ちが持っていかれる映画ではないかと思いました。
地元が映画のスクリーンで見れるっていいね。
チェ

チェの感想・評価

3.0
原作読んでいないのでなんとも言えないのですが湊かなえ原作てこんなに浅〜いとは思ってもいませんでした。田舎の閉塞感が台詞で語るほど感じられない、登場人物全員が標準語話すってちょっとどうなのかなー。ジャンル的には好きなはずなんですけどね。『ハローグッバイ』は、良かったのに何度も何度も出てくるavexの文字にもうんざり、監督〜期待してたのに!!!

あ、あといっこ思い出しました。
あそこにあんな登場で使ったら笑っちゃうよ...ハマケン...。笑うシーンではないのにさ。
kyoko

kyokoの感想・評価

2.9
湊かなえ原作ものは基本観ないが、菊地健雄監督だから観た。

びっくりするほど刺さるセリフがひとつもなかった。
そもそも地元育ちなのに皆さん綺麗な標準語で、緒形直人にいたっては声色も含めてほぼ「世界遺産」
あんなに会いたかったフローラ姫をあっさりスルーとかはどうでもいいとして、おばあちゃんが死んだのは私のせいよ〜〜って泣いてるかと思ったら木村多江下向いて笑いを堪えてたっていう展開のほうがまだマシ。
いや、そんなことより、いじめた側になんのお咎めもないのが一番腹が立つ。結局長い物に巻かれた上で自殺未遂したほうを諭すわけだ。ずっと見てるよ、って何じゃそりゃ。

破綻しているのが原作なのか脚本なのかは分からないが、これが「ハローグッバイ」や「ディアーディアー」と同じ監督とは信じ難いなあ。期待し過ぎたかなあ。
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

2.3
原作未読の為、皆様とは評価はことなるが、映画としては、いかにも、「普通の邦画」との印象。同監督の前作が気にいっていたので何だかガックリしてしまった。。全然ミステリーじゃないし。。単なる島の話しを2話作ってみましたみたいな?
湊かなえの望郷
島に住む二組の親子の長年の関係を描く。

夢の国
よくわからなんだ。
もう一回見ようと思います。

光の航路
とっても風景に力があって
進水式は迫力があって行ってみたいとさえ思った。
地元の一大イベントっていつまでもみんなの記憶に残るし
そのときの思い出ってああやってつきまとってくる。
でもセリフがくさくて
人生そう簡単にはいかなくないか、と。
ごてふ

ごてふの感想・評価

3.5
新宿・武蔵野館にて。都下単館上映のマイナーな邦画には休日にも拘らず客席4割程度。湊かなえの連作短編は読了。「夢の国」と「光の航路」ふたつのエピソードを繋いでいるが、小説と違いミステリーというよりは閉鎖的な島に住む家族の因習をメインに据えていた。佐藤泰志の原作を熊切和嘉で映画化した「海炭市叙景」に近いテイストを感じた。少し暗いが抒情的、つまりは如何にも邦画らしい。こうした演目に感じ入るのも自身に流れる土着性や血脈から来る葛藤などがあるからか、と暫し自問。片岡礼子を久し振りに観た気がする。河井青葉や石橋けいなどのキャスティングが渋い。
>|