望郷の作品情報・感想・評価

望郷2017年製作の映画)

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:112分

3.6

あらすじ

古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話しを耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任…

古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話しを耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

「望郷」に投稿された感想・評価

りお

りおの感想・評価

2.0
湊かなえの短編集の実写作品。原作は未読。
マイナーな映画館で上映されてたので危うく見逃す所だった。
湊かなえ作品じゃなかったら観て後悔しそうな内容。
湊さんの作品はマゾな気分の時じゃないと受け付けないんですが、この日はそういう気分じゃなかったみたいで鑑賞後しばらく落ち込んだ。
湊かなえ節炸裂してましたね。
登場人物が不幸になっていく過程の毎回どうしてこうなるの感。
前世でこの人何やらかしたのかしらと思わずにはいられない。
人って他人からみたらしょうもないことに縛られたり傷ついたりしてるんだよね。
二本立てとは知らずに見始めた為、冒頭で登場した大東駿介君の出番がないことが気になっていましたが、二つのストーリーの繋ぎ方が絶妙でした。
AkariMas

AkariMasの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

船の沈水式を人間の誕生と重ね合わせて主人公の名前の由来を語るシーンがとても感動的だった。
しょうもない事で死にたくなるようなこともあるけど、自分を大切にしようと思えるいい映画だった。
何が言いたいんだかよく分からず、得るものもなく、ひたすら暗かった。
ミステリーかと思ってたら人間ドラマだった
光の航路の最後にあるセリフがとても心に響いた
Garu

Garuの感想・評価

3.6
やっぱり丁寧で好感。

話の内容よりまず「ハローグッバイ」同様とても好きな感じの菊地監督の作り。
今回原作の湊かなえさんイメージなのか、暗めの絵だった。

原作未読だが、あまりミステリー感はなくて、嫌な感じを醸しだしながらの人生と家族の話。
主人公の2人は幼なじみなのだが、原作では短編集の違う話?だからかそれ以上の接点はあまりない。

どちらかの回想シーンの時も子供時代のもう一方が出てくるのだが、ほとんどただのクラスメート的に出てくる。
だが映画を観てるこっち側はどちらも問題を抱えてることを知っているので、いろいろな事を感じてしまう。
そのこと自体を本作のテーマ的な事に結び付けていているのは上手い。

進水式のシーン素敵だった。下から観るカットが素晴らしい。やはり丁寧な作りが好みだ。
PerryNyan

PerryNyanの感想・評価

4.0
久しぶりに映画館をハシゴした2本目。話は良かったが、どうみてもちょっとした地方都市で、とても過疎の島には見えない。海際の過疎地なんていくらでもあるだろうに。
祝福された記憶こそを架け橋にして明るい未来を目指そう、などという論調は、抗い難い不条理な力で以て暗い穴蔵に押し込められている状況の只中に在る人間にとっては今の自分を全否定されたように聞こえるものだと、自分はそう思っているもので。

後半の、いじめ問題を扱ったエピソードは反吐が出るほど反感を覚えました。

直接対決はなかったけれども「Nothing's Gonna Change」と「ダンボール肉まん」のニアミスににやにやしつつ、四国を舞台にしているのならば観光映画としてもっと風光明媚な景色を見せて欲しかったところ、と。
二つの家族に起きた別々の家族の物語が上手く重なり合った映画でした。
家族って近いからコソ、すれ違うのかなぁ〜と感じました。
柊

柊の感想・評価

3.0
湊かなえだから明るくなるはずはないけど、瀬戸内海の架空の島が舞台の設定にしては、映像が暗いよ、暗すぎる。レモンがとれる日本の地中海と言われる瀬戸内海を舞台にした意味がないではないか。島の古い因習に抗えなさを演出したのだろうけど、瀬戸内海使わない方が良くない?
邦画で飽きずに見れました♪*
地味なのになんかよかった!短く感じた。
>|