砂時計の作品情報・感想・評価

「砂時計」に投稿された感想・評価

MikiSato

MikiSatoの感想・評価

4.2
久しぶりに観た。かなり。
前に観たのはたしか高校生の頃とか。
そのときは、あーんまりよくわかんないなあ、だったけど、今回、10年ぶりくらいに観て、よくわかった。
いい映画だった。
原作は読んだことないけれど。

相手のことを思うことって、難しい。
相手の幸せを考えるけれど、実はそれは相手にとっては幸せではなかったり。
すれ違い。
S極とS極、的な。

大悟の一途さ。
人はあんなにも、自分ではない誰かのために生きられるものなのか。
大悟は、心の底から、杏の幸せだけを考えていられた。どんなに時が経とうとも、距離が離れようとも。
会えなくて寂しかっただろうし、杏の気持ちをわかりたくてもわかりきれなくて苦しかっただろうし。
それでも人は、本当に大切だと思える人のためには何も苦にならないのだろうか。
自分の気持ちに正直で、行動に正直で、そんな大悟は、強いと思った。
私は、強くなれるだろうか。
強くいられるだろうか。

それにしても、ファッションも髪型も、古い。
でも、ビジュアル面が気になっても、それが気にならないくらい、杏や大悟の思いや葛藤がひしひしと伝わってくる演技と演出で、よかった。

池松くん、やっぱりかっこいい。
Yuji

Yujiの感想・評価

2.5
池松くんと夏帆さんの演技が自然すぎてとても感情移入がスムーズにできた。
ただ映画の内容は薄く、「自分だけ傷ついたいたつもりが、それが周りをも傷つけている」と映画のシーンでいくつか出て来ているのにもかかわらず、終盤のシーンでお母さんの虚像にのって自殺未遂を起こしてしまった展開は、、、だった。
自殺は自殺を呼ぶとはいうが、結局それに撃ち勝てなかったのが残念。
えり

えりの感想・評価

3.1
一緒に落ちちゃるのシーン
切なくてたまらない。

子供時代の杏と大吾に
感情移入してしまい
大人になったシーンと
あまり繋がらなかった。
まい

まいの感想・評価

2.6
原作と比べると大悟がビジュアル的に違うのに、それを埋めてくれる池松壮亮の演技


少年少女パートと大人パートで役者が変わる映画にトラウマを植え付けられた映画です
ひらめ

ひらめの感想・評価

3.2
原作の大ファン。仁摩サンドミュージアムにも行ったし、鳴き砂の砂浜も行った。(大吾は居なかった
この原作で一番好きなのはやっぱり杏のお婆ちゃんの言う、「杏はおばあちゃんに似てしぶといけん」と涙ながらに杏に『弱さは遺伝しない』を伝えるところ。
映画は時間的な縛りもあり原作の名台詞、名シーンを盛り込めてないけど、やっぱりおばあちゃんが杏に抱きついて泣崩れるシーンは泣いた
約10年ぶりに観た。
主人公は夏帆ちゃんや池松壮亮くんだったんだ!
久しぶりに観たけど、やっぱりこの二人がめちゃくちゃ良い!!
(⬆️こっちだけだと評価4.0くらいにしたい)
それにしても大人期の影が薄い😅
ラストシーンの…返事が…いきなり過ぎて💧あんなに自信満々に言う?ってなって(苦笑)


当時、私はドラマを途中から観始め見事にハマって、その後すぐ漫画を読んで大号泣、満を持して映画館へだったような…
やっぱり漫画がいちばん好き!!(←そりゃそうだw)
萌香

萌香の感想・評価

3.1
原作を読んでから観ると物足りなく感じます、、!中高生時代の2人に少し違和感

漫画読み返したくなりました◎
yokomuto

yokomutoの感想・評価

2.8
夏帆が成長して松下奈緒になるのは…?笑
いやしかし池松壮亮の良さ。
若き日の(今も若いけど)池松壮亮がステキ。内容はTVの2時間ドラマです。夏帆ちゃんが大大大好きなので、夏帆ちゃん堪能ポイント1点プラス。しかし、夏帆ちゃんが成長して松下奈緒になる違和感すごい。
Y

Yの感想・評価

2.6
漫画も見てたけどどうしても感情移入してしまう、、、
映画はちょっと退屈だった
>|