砂時計の作品情報・感想・評価

「砂時計」に投稿された感想・評価

砂の様にサラサラとして内容で記憶に残らない一本。主人公の婚約者だが、こんな男いるわけないやん。映画とはいえ、いくらなんでも不自然。持っていきたい話の方向を優先し過ぎる余り人物造形が結果的に不自然になった印象を受けた。むしろウケた。ワロタ。
Kana

Kanaの感想・評価

1.0
心に傷を抱えてしまった1人の女性の恋と人生を描く物語。
高校時代に流行った3大メンヘラ恋愛漫画の1つ。
ちなみに残りは僕等がいた。とNANAです。
原作漫画が大好きなので期待はしてませんでしたが、まぁ予想通りのダイジェスト感。
これで1つの映画として成り立ってるのかなぁ。
あと大人になった大吾の演技が下手すぎて、若かりし天才池松壮亮との差が顕著でした。。。

下記原作の感想と混ざってしまうので興味のない方はごめんなさい。

少女漫画なのでどうしても恋愛面に重きを置きがちだけど、
原作の良いところは人がどうやってトラウマを抱え、その重みに気付き、向き合い、生きていくかを小学生から20後半までの心の成長の中で少しずつ丁寧に描いているところ。
藤や椎香、美和子のサイドストーリーも悲しいけど好きです。
心に傷を抱えてるからって、別にいつもアンニュイなわけではないし、普通に笑って泣いて恋をして日常を送って、それでも弱った時にふと闇にとらわれそうになることがある。
元々繊細な人もいるし、太陽みたいに明るい人でも心を病むこともある。
誰にでも弱さはある。
でもそのせいで他の誰かに迷惑をかけていいことにはならないから、婚約者の言うことは真っ当だなぁと。
みんな原作良いっていうから今度ツタヤで読んでみる

夏帆可愛すぎるし池松もヒゲまだ生えてへんかって可愛かった(ヒゲ生えてる池松の方が個人的には好き)
でもダイゴ大人になってから急にブサイクなっててちょっと笑ってしまった。あと、松下奈緒と婚約する予定やった人が武田鉄矢に見えて年の差すごいなってなった
しょうもない感想しか出てこうへんくてごめんやで
私の中で、アンは松下奈緒じゃないんや。夏帆はあってるけど、夏帆の大人バージョンは松下奈緒じゃないんや。これもマンガが1番
ただ、話の内容は良き。マンガで読んでほしい。
maruko

marukoの感想・評価

2.8
やはり小生、池壮くんの声が好きと再確認。
漫画ファンのため突っ込み満載。原作を知らないで観た人の感想が気になる。
島根に行きたくはなる。

相手の幸せだけを思い、自分より相手が大切だと思える二人が結ばれたとしたら、お互いの存在が重荷になる。自分の存在で相手を押し潰してしまう。
二人が幸せじゃなきゃ、幸せなんかじゃないよ、というメッセージ性。
「あたしといると幸せになれるよ、だってあたしが幸せなんだもん!」
というto heart〜恋して死にたい〜の透子の言葉を思い出した。
過去の備忘録。
長根山

長根山の感想・評価

2.6
よくある話なんだけど、

一ついいなって思うのが、砂時計の下は過去 入るところを現在 上を未来っていいね

反対にすると、過去が未来になるっていうセリフが、深いなぁ深い深い深いなぁって、そこは天才ちっく
N

Nの感想・評価

2.0
夏帆が好きなので見ました。相手の男の子の役はすごく良かったです。なんとかして杏を救ってあげたいという気持ちが伝わってきました。ラストは無理やりすぎ?
はる

はるの感想・評価

3.0
原作が大好きで、やっと映画を観た。
漫画13巻に対して映画2時間でまとめるのは難しいことは分かるけれども、一つ一つのエピソードが薄くぽんぽん展開が進んでしまって残念。

子供時代を演じた夏帆と池松壮亮の演技力はとても良い。母親を自殺で失った少女と、そんな少女を支えたいけれどもその方法が見いだせずにいる少年の役にはまりこんでいた。
tiyo

tiyoの感想・評価

3.1
昔から知ってはいたんですが
最近ようやく観ました。

子供時代は良かったけど
大人のところはイマイチでした。

あと展開がちょっと雑かなと
感じました。
るみこ

るみこの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

かっこいい!!若い池松君、かっこかわいくてよい!!大人になっただいご役の人も猿みたいで男らしくて最高!!
ストーリーは王道でちょくちょく飛ばしてみた。けど一つ違うのは親の死。心の傷は深いよね、そりゃね。大人になっても消えないよね。辛いだろうな〜ほんとに生きてて辛いだろうな〜そんなに大きい傷だとなあ〜
だいごの俺を幸せにしてくれってセリフも最高に良かった
>|