秘祭の作品情報・感想・評価

「秘祭」に投稿された感想・評価

石原慎太郎の小説が原作。小説の舞台は、八重島諸島の新城島と言われているが、Wikiにも「豊年祭が開催される時期(前後の準備期間を含む)は、祭関係者以外の上地島への入島・桟橋への接近接岸・海岸への接近・接岸は、住民に拒否されている。従って石垣島・黒島等から開催されているツアーでも上地島への上陸はできない。また、島唯一の宿泊施設である新城島民宿も観光客に対しては休業する。」と書かれているが、新城島の豊年祭は現在でも秘密のベールに包まれたものとなっていることから、実話系の雑誌ではアカマタ・クロマタや人魚伝説のこと、(セクシャルなことなど)あることないことが面白おかしく書かれたり、今もタブー視されている。映画の方は石原慎太郎自身が脚本を手掛けていることもあり、原作に忠実か。故・川島なお美主演で舞台化されたのも記憶に新しい。