悪の教典の作品情報・感想・評価・動画配信

悪の教典2012年製作の映画)

上映日:2012年11月10日

製作国:

上映時間:129分

3.2

あらすじ

「悪の教典」に投稿された感想・評価

tama

tamaの感想・評価

3.2
ただただ殺しまくる映画でそれ以外は特に何もないけど、面白かった。
moco

mocoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

昔から気になってたタイトルだったのに鑑賞まで時間かかったー

バイオレンス映画として良い映画と思った。非現実を味わうにはとても良い映画。
クオリティとしては、ショットガンでふっ飛ぶシーンに動きのラグがあったり安っぽいとこがあったのが少し残念。
銃には詳しくないけど散弾銃だけであれだけの殺人が可能かは定かでない。
特にアーチェリーの男の子を狙うシーン。あれけっこう距離あるように見えたけど届くもんなの?校庭にいた二人も助かってほしかったもんだ。
サイコキラーはけっこう好きなジャンルだけど、頭の良い生徒ともっと頭脳戦とか妙なリスペクトし合うシーンとかあればこの映画は傑作だったw
かのバトルロワイヤルを彷彿とさせる映画だけど、やっぱたけちゃんまんのサイコ感には誰も叶わんな。
けど、他ではみられないこの伊藤英明はけっこう好きだ。
山田孝之が死ぬシーンは笑ったw
また気が向いたときみたい。おもしろかった!
低評化されるのは惜しい。
ほっC

ほっCの感想・評価

3.1
伊藤英明の演技は良かった。
でも見所がわからん。サイコパスを楽しむ映画なんかな?
すずめ

すずめの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

グロいけどテンポ良く人が死ぬので見れる。生徒役の人達が今活躍している人ばっかりなので見つけるのが楽しい。
ユ

ユの感想・評価

3.5
おもしろいけどグロサイコすぎなのよね、、、、こっわい
けどまたみたくなる、、、
なぜハスミンがサイコパスになったのか、
背景を丁寧に描いていたら深みがでただろうけど、
なんのひねりもなく、ひたすら殺戮を楽しむ エンターテイメント要素強めの映画。
ハーバード出なのに下手くそな発音の英語入れてきたり、要所要所ネタ要素で、興ざめしてしまった。
2回と観ない。
「Happy,Graduation」
STORY
絶大な人気を誇る、高校教師 蓮見聖司。彼は、学校やPTAでの評価も高く、まさに「教師の鑑」という言葉がふさわしい高校教師だったがそれは、表の顔に過ぎなかった…。彼は、生まれながらの 反社会性人格障害(サイコパス)であり、自らの目的のためには、例え人殺しでも構わないという考えを持ち、学校のトラブルや、自らの 障害を取り除くために、どんどん人を殺していくのだが、小さなほころびから自らの失敗が自分のクラスの生徒にバレてしまう。それをもみ消すために考えた最善の対策、それは自らの失敗がクラスに広がるうちに、クラス全員を猟銃で殲滅させることだった…。
---------------------------------------
貫志祐介の同名長編小説を伊藤英明 主演、監督・脚本 三池崇史で実写化。R15+指定。逃げる側ではなく、殺す側で描いた珍しいバイオレンス・サイコ・スリラー映画の傑作。ラストの 殲滅シーンでは、軽快な音楽とともに三池流バイオレンスが炸裂する。
runa99

runa99の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

設定からして微妙。
明るい人気のある先生が実はサイコパスでした〜ってシナリオが甘すぎる。
せっかく頭良い設定を設けたのに殺り方に知的さを全く感じない。
結局、たかが生徒2人殺し損ねるってもう全然大したことないやんって思ったし、サイコパスには到底見えない。
ただのちょっと気の短い変わった裸族なだけ。
pun

punの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

もう少し尺が長ければ、最後の展開に至るまでの蓮実の思考の論理を詳しく描写できたのかなと思った

にしても蓮実役ハマってたな

胸糞!
マジックマッシュルーム。ちょっと凄惨な場面多いが最後まで飽きずに見れた。
>|