悪の教典の作品情報・感想・評価

悪の教典2012年製作の映画)

上映日:2012年11月10日

製作国:

上映時間:129分

3.1

あらすじ

「悪の教典」に投稿された感想・評価

ま

まの感想・評価

-
前半は面白いかも?と思ったけど結局久しぶりに面白さの分からない映画を見たな、って感じ。。
染谷のキャラとか表情がめちゃくちゃにかっこいいのと音楽がいい、くらいで
初めからハスミンがサイコって分かりきってるし後半の射殺シーンあたりから早く終わらないかなしか頭になかった…。コメディとしてみれば良かったのかな???

はてな?と思うところもめちゃくちゃあったし全然ハスミンに立ち向かわないで殺されるだけだし、、、うん、、
生徒視点じゃなくてハスミン視点だからこうな訳で、サイコキラーものが別に好きじゃないだけかもしれない。それか伊藤英明が好きじゃないのか?笑
山田孝之がパンツの匂いを嗅いでから殺されるシーンが一番良かったです
ユウゴ

ユウゴの感想・評価

2.9
伊藤英明がよく合っているしカッコいい。
僕もハスミンになりたい。\
すみれ

すみれの感想・評価

4.0

一人でネトフリで鑑賞 (∩´。•×•。`∩)♡。

サイコパスなひと好きだから面白かった
冷淡な感じたまらん〜
山田孝之くんのドラム良き良き
すぺー

すぺーの感想・評価

3.4
この時期の日本映画、なんとなく「舞台は学校」「悪意」みたいなの多かった印象。そんな中、本作は教師や親も絡めた三池節の濃いめ味付け学園サイコモノ。

伊藤英明さんはこういうサイコパスな役で伸びてほしい。和製ヒース・レジャーを期待しています。
あと女生徒役は粒ぞろいでした。二階堂ふみさん、山崎紘菜さんなどなど。もっと生徒一人一人にもフォーカスできたらなぁという思い。
tak8

tak8の感想・評価

3.4
マンガを読んで、気になって観てみたけど、映画のが厚みがなかった。伊藤英明のイっちゃってる顔と裸に評価。
ダイナ

ダイナの感想・評価

3.0
小説がトラウマ級に
怖かったこの作品。
原作がかなり面白いだけに
ちょっと残念…

ハスミンがただの
サイコキラーになっていた。
あの小説を2時間に
まとめるのは難しいと思いつつ、
ハスミンの心理描写もっと
深く見せることできなかったのか
とも思う。

生徒を殺す動機薄っ!!
映画だけ観た人は
話わからないよね。きっと…

圭介のかっこよさ
釣井の不気味さ
なんといっても柴原が…
原作と違う〜。悲しい〜。
みなさんには原作読んでほしいです!!

ただ、一つ面白かったのは、
生徒たちに今人気若手俳優が
たくさん使われているところ。
彼、彼女たちの演技は
楽しめると思います。
のり

のりの感想・評価

3.2
有名作。

想像していたよりグロさは無かったです。

本人なりの動機があって、イメージ通りのサイコキラーでした。

ライトながらにスリルがあって楽しめました。もう一度観ても楽しめると思います。
ShunItoh

ShunItohの感想・評価

4.0
サイコパスについてよく理解できる映画ではないでしょうか。
サイコパスは喜んで殺しを行う者という勘違いをしている人が多いと思うが、喜んで殺しを行うのは快楽殺人犯であって、サイコパスと完全に一致はしない。
サイコパスとは、良心が欠如し、他者に対して冷淡な者を指す。決して殺しを喜ぶ者をサイコパスと呼ぶわけではない。
劇中には2人のサイコパスが登場する。蓮見とその相棒である。
蓮見は自分の目的のためならば殺人も厭わないというだけで、殺人に喜びを感じているわけではない。それが同じ連続殺人犯の相棒との対比で描かれている。
ラストシーンでは蓮見が精神異常者を演じ責任能力に問われないよう振る舞うシーンで終わる。サイコパスの恐ろしさを存分に描けており、よくできていると思った。
しかし、卒業おめでとうというセリフや明るい音楽は快楽殺人犯の相棒の影響だろうが、個人的には最後まで冷徹で自己中心的なサイコパスを描くべきだったのではないかと思う。せっかく2人のサイコパスを比較したのにそれが無駄になる気がした。
ゆきあ

ゆきあの感想・評価

2.8
そういえば観てなかった〜!と思い立ち急に鑑賞。

何の情報も入れずに観たこととはたぶん関係なく、ことの展開が唐突すぎて理解出来ず違和感。
個人的にはがつがつ殺してくの自体は大好きだけど、主人公の背景描写がなさ過ぎて理由なきサイコヤローの話になってしまってたのが残念。

役者さんたちの演技は、それぞれが自分の持ち場をしっかりと演じ切っていて、観ていて楽しかった!
伊藤英明が全裸なのが最後までよくわからなかった映画。山田孝之の使い方がニッペグ作品のマーティンフリーマンみたいでよかった。
>|