17才 旅立ちのふたりの作品情報・感想・評価

「17才 旅立ちのふたり」に投稿された感想・評価

今では広く世間に認知されているオタ芸はそもそもミキティから始まったものとされるが、なぜミキティなのか。その理由が分かる。美貴様美貴様お仕置きキボンヌ。カウント数えてるみたいなリズム感の話し方。
わ

わの感想・評価

-
大事な人がわかってくれた
感動的な出来事となりました

ずっと「いとしいあの人、お昼ごはん、なに食べたんだろう?」の喋り方してる梨華ちゃんが大好き。
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

5.0
2回目 2020.10.28
涙なしに見られない。まず、こんなにまともな映画を作る人たちがいた事実に感動してしまう。
フツーにオモロい。
川崎の工業地帯を舞台に石川梨華と藤本美貴の家族絡みの話が繰り広げられる訳だが、2人の演技がマジでヤバイ。
カタコトの外国人みたいですよ。
画面とか光とかは最高なのに、写っている人間がそんな感じだもんで「俺が見ているこれは何だ」という不安感にかられる。

あとラストの曲、安倍なつみの『22才のわたし』って、なんなんだよ!今は安倍なつみ関係ねぇじゃん!
シネマリンで観たあと向かいのドンキ寄り道してから午後4時頃の長者橋を渡って根岸線に揺られたいという気持ちが強い。
しを

しをの感想・評価

-
母ちゃんの卵の割り方よかった
がまくんとかえるくん出てきたらもう百合じゃん!って思ったらそうでもなかった イサムちゃんみたいな子どもがでてくる
ck

ckの感想・評価

5.0
オープニングで、工業地帯が映る映画に外れ無し。アイドル映画の体で撮った人間ドラマの傑作。
マイクD

マイクDの感想・評価

3.6
1985年1月19日生まれ、神奈川県横須賀市出身。愛称はチャーミー。吉澤ひとみ、加護亜依、辻希美とともにモーニング娘。4期メンバーとして加入。教育係は保田圭。モーニング娘。のシングル「ハッピーサマーウェディング」でめでたくデビュー。多くのユニットにも参加しており、タンポポ、カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)、ROMANS、美勇伝、DEF.DIVAなど、ハロプロには欠かせない存在に。「うたばん」出演当初はあまり弄ってもらえず、鳥嫌い、科学くんというヲタクっぽい見た目の人に好かれるというキャラを確立。また、『関口宏の東京フレンドパークⅡ』に出演した時に『1990年以降、オールスターファン投票で選ばれた、阪神タイガースの選手を4人挙げよ』という問題に「新庄、亀山、オマリー、パチョレック」と即座に答え阪神ファンであることを見せつける。阪神ファンであったが、なぜか埼玉西武ライオンズ投手の野上亮磨と結婚した石川梨華と、1985年2月26日生まれ、北海道滝川市の出身。愛称はミキティ。『会えない長い日曜日』でソロ歌手としてデビュー。ソロで活動していたが、道重さゆみ、亀井絵里、田中れいなとともにモーニング娘。6期メンバーとして加入。助っ人としてのカントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)に参加や、松浦亜弥とGAMという美脚ユニットを結成し活躍。「ロマンティック 浮かれモード」という曲はイントロが流れるとともに観客が行う土下座、サビ前の「美貴様美貴様お仕置きキボンヌ!」のコールなどヲタ芸を打つ代表曲で皆さんもコールしましたよね。フライデーで品川庄司の庄司智春との交際が報じられモーニング娘。を脱退、のちに結婚した藤本美貴とのダブル主演作品です。後藤真希主演の『青春ばかちん料理塾』と同時上映された作品。内容は意外とちゃんとしてて、4歳で父と生き別れた過去を持つ真衣子と、小料理屋を切り盛りする母と暮らす理沙の友情物語。里親に預けられる、母親が男を連れ込む、絵本作家になりたいという夢を打ち砕かれるなど、結構重い内容でした。やっぱこの年齢は将来のことを考え、いろいろ悩む時期なのかな。なぜかエンディング曲は出演していない、なっちとこと安倍なつみの「22歳の私」という曲。石川梨華と藤本美貴のユニットでも作って曲を歌って欲しかったな。歌手力には雲泥の差がありますが、気にしない!今後も二人の活躍を願うばかりです。
ササキ

ササキの感想・評価

3.2
石川梨華と藤本美貴のW主演。本編60分でありながら二時間の映画を見たような重厚感がある。工場の煙突群のショットが良い。
アイドルものの映画で有りながらベテラン俳優、女優が出て居るなど脇役が立てている作品です。17歳と言う人間として曖昧な年頃を描き、石川梨華や藤本美貴の心の揺れ動きを観て行く映画です。

あなたにおすすめの記事