ディセンバー・ボーイズの作品情報・感想・評価

「ディセンバー・ボーイズ」に投稿された感想・評価

YUMI

YUMIの感想・評価

3.5
みんな子どもらしく可愛い。
自分に正直で、お互いぶつかったり、自分だけ違うとヤケになったり。それでも、最後はみんながみんなを思った決断をして、ディセンバーボーイズは友だちでもあり、家族。自然も綺麗な映画だった。
ミスティーのレトロなメガネ!
でもやっぱハリーポッター
夕日に向かって4人で立ちション
marni

marniの感想・評価

2.5
観てる最中、ずっとゾワゾワした。
なんか洗脳されそうな感じがした。

海が綺麗。
黒馬の登場シーン、空の青さとのコントラストが最高。
側転は卑怯。
Miyu

Miyuの感想・評価

3.9
孤児院で育つ4人の12月生まれの男の子たちが夏休みに暖かい海沿いの家でお世話になる話。
ポスターもダニエル・ラドクリフ推しだけど主人公は違う少年、ミスティー。最初は孤児院から仲良し4人組だけ離れ、海やビーチや丘で毎日を楽しく過ごす。しかし、隣の若い夫婦が一番良い子を養子にもらうかもと聞き、4人の仲がギスギスしていく。
孤児達が主役の話だけれど、重すぎず見やすい。綺麗なオーストラリアのビーチに、純粋に美しく育った少年たち、豊かな自然に本物の動物、とても綺麗な映像が続くので永遠に観ていられそうだった。想像の中でのマリア様やシスターたちがとてもチープでポップなんだけれど、それも子供の想像らしくてなんだか良い。
momo

momoの感想・評価

3.5
いたずら好きな孤児院の少年たちの夏休み
休暇にビーチに行けるなんて素敵だなぁ☺︎
出てくる人みんな魅力的でした
テリーサが可愛い!
よしお

よしおの感想・評価

3.6
共通点は1つ、12月生まれ!!
そう、ディッセンバーボーイズ!!

フィルマの、評価めちゃくちゃ低いけど僕は好きでした😌

修道院で暮らしているディッセンバーボーイズのとある夏休み。
優しい家族が欲しいと願っていた彼らの青春と友情と甘酸っぱい物語だ。

1人だけ年取ってるダニエル・ラドクリフの年上っていう葛藤も何だか理解出来てしみじみ出来ました。

ラスト、みんなが歳をとって集まるシーンすごく良かった🙋🏻🙋🏻
ゆか

ゆかの感想・評価

2.8
あんまり面白くなかった。
海はきれいだった。
ダニエルラドクリフが主演なの?
karayu

karayuの感想・評価

3.9
切なくて美しい物語だったなあ
演出も偉観で世界は壮観

色んな家族の形があって夫々が思う愛の形があって。だから家族や愛は定義する事が困難だなあと。

CCRの挿入歌がいい味わいを出している。

マリア様の演出がちょっとなあ、、宗教的な事だから神々しい演出は良いんだけど、尚更控えめにした方が讃えられてる感あるような
犬

犬の感想・評価

3.2


1960年代のオーストラリア
孤児院で育てられた4人は、いつか優しい家族に引き取られることを夢見ていた
12月の夏休みを海辺の村で過ごすことを許された彼らは、そこで子供のいない夫婦と親しくなり……

ダニエル・ラドクリフ主演による青春ドラマ

もらわれていくということ

人生ってなかなか

少年たちがそれぞれ印象的

ラストは良かった

海がキレイ
テリッサ・パーマーが可愛らしかった
ダニエルくん目当てで鑑賞。

なんとなく爽やかで、
ほんとに青春映画だなあという感想。

幼さが残る自分にはしっくりハマってたし、スッキリまとまっててよかったかな!
>|