エレクトリック・チルドレンの作品情報・感想・評価

「エレクトリック・チルドレン」に投稿された感想・評価

閉ざされた世界で生きてきた少女の
純粋さゆえの振る舞いが
奇行的ではあるものの
一本のカセットテープから流れたロックとの出会いにより
繰り広げられる少女の世界。
彼女の世界が徐々に広がってゆく感じと
描かれる出会いが良かった。
r

rの感想・評価

3.5
多々、突っ込みたくなる。
ラスト、某有名映画ラストシーン4人版か!と突っ込みたくなる。
s

sの感想・評価

2.5
GYAO!【字幕】
・旅は楽しかったけど結局妊娠の原因が謎のまま…まさかのファンタジー展開か妄想妊娠オチか医学的に何かあるのかとか色々考えてたのにw
・クライド良い奴すぎる
tone2tone

tone2toneの感想・評価

3.7
2018 1 2
宗教とロック、田舎町と都会のネオン、対比的な存在が交錯する不思議な映像美。
へんてこな組み合わせがへんてこな世界観を生み出してるキャッチーな逸品。
marieru

marieruの感想・評価

4.0
謎なまま終わったけど好きだな。
主人公レイチェルがとにかくかわいい。
懐かしい色に包まれてて、ギャップが良くて、とてもガーリー。
k

kの感想・評価

3.4
主人公が可愛かった
謎過ぎな部分もあったけどストーリー自体にも可愛らしさがあった
マコーレー・カルキンに似てるなぁと思ったら兄弟だった
食塩

食塩の感想・評価

3.5
宗教とロケンロー
完全なる異空間
不良少年のロマンチシズム
兄妹で真逆の存在
ちかこ

ちかこの感想・評価

3.6
「テープを通して神から子供を授かったみたい」不思議な話だった
なっつ

なっつの感想・評価

3.3
主人公の女の子がマジで可愛いし、
主要の登場人物がみんな愛おしい。
処女懐妊っていうなかなかありえない話だけど、この映画の伝えたいことはそこではないと思う。自分の赤ちゃんの父親を探す旅に出るけれど、結果的にそれは自分探しの旅であって彼女の成長物語なんじゃないかな
彼女の住むコミュニティのあるユタと彼女が旅に出たネバダ(ラスベガス)の対比がとても良かった。特にラスベガスのネオンの中に田舎ワンピースの彼女がいるっていう違和感が観ていて面白かった。
rose

roseの感想・評価

4.2

不思議だけど、自分的に好きな映画。

ボーイフレンドの、イマイチ不良になりきれてない感が良かった。

不思議だけどリアルで、でもふわふわした不思議な話。
これはこれで好きだなぁ。

レイチェルのふわふわの頭に、ギンガムチェックの服は可愛かった。
つんつるてんのパジャマも。
怖いぐらい純粋で、好奇心いっぱいで、突っ走るレイチェル。
だけど、知らない世界を体験するときは、なんてワクワクするんだろう。

宗教が悪いわけではないけれど、自分で選択する意思はあるよね。
知り合いにもこの宗教の子がいるけれど、やっぱり、みんなと違う。と悩んだり、あれもしたいこれもしたい。と反発することはあると言っていたし、それもすごくわかる。
こんなに狭いコミュニティは、あるんだ。。時が止まったような暮らし。
羨ましい気もするし、なんだか怖い気もする。

1番お兄ちゃんが、かわいそう笑。。

閉ざされた世界から新しい世界へと自分を探して、飛び出して行くレイチェルがかわいい。自分が踏み出せばなんだってできるんだ。と思えた。本当の自分を見つけたい。
クラウド、めちゃめちゃ好きなタイプ
ダメ男で、でもどっか可愛い。
レイチェルのために、走って来るところなんて。。

エレクトリックシティ
LAを、素朴な姿で歩き回るレイチェルの好奇心と、ドキドキが伝わってきた。
若者のストリートと、ネオンと朝焼けと、草原と全ての世界が、若々しくて。

赤いマスタングを、譲り受けるシーン。
海辺の2人のシーンが美しい。