長い長い殺人の作品情報・感想・評価・動画配信

「長い長い殺人」に投稿された感想・評価

Minayamane

Minayamaneの感想・評価

2.8
さすが13年前の映画、ちょい役のキャストがほとんど有名な俳優だった!

内容は事件ものでなかなか面白かったけど最後がな〜。結論までたどりついてない(笑)

平山あやが可愛い💕
平均評価の低さにビックリ!💦

そんな、悪くないと思いますが…自分がずれているのか…💦

まず、自分はこの様なシリアスな事件モノが好み!しかも本作のオモロい所は視点!!

いくつかのパートに別れた作りで視点が各パートの人物が持っている財布!
(と言ってもナレーションしてるぐらいですけど)(笑)
視点が人物でない一人称視点ってなかなか無い作り方で斬新って思いました(^-^)/

中身も深くて観ごたえあったのですが…

フィルマの評価は残念なかんじですね〰💦
ぽち

ぽちの感想・評価

3.6
オチの素晴らしさに驚いてしまった。

原作は未読なのでこれが宮部みゆきのセンスなのか監督の実力なのかは判断がつかないが、良い意味でモヤモヤ感を残し、希望も見せつつ余韻を満喫できる。

財布に語らせるなど突飛なアイディアだが、これもストーリーに馴染んでいて違和感は無い。と言うよりより引立たせている。

犯人の動機も原作が書かれた90年代に承認欲求を持ってくるなど先見の明がある。惜しいのが実行犯がさすがに唐突ではあったことか。

8章からなる今作だが、テーマが明確に出ていて緊張感があった「旧友の財布」が見所。

演出などは少し「日本のドラマ」的でチープ感はあるものの、ストーリーの素晴らしさと、落とし方の絶妙さで楽しめる作品だ。原作を読んで見たくなる。

はたして刑事が言った「悪人は必ず罰せられる」となったのか、子供が心配していた「あいつはずっとテレビの中で笑っているの?」となったのか・・・・
DVD📀所有、再鑑賞。麻生学監督作品。宮部みゆき原作。宮部みゆき、長塚京三、仲村トオル、谷原章介、平山あや主演映画。
ある晩、一人の男が車に轢き殺される事件が発生する。被害者の妻には愛人がおり、三億円もの多額の保険金がかけられていることから、世間ではたちまち疑惑の目がむけられ、連日マスコミらによってセンセーショナルに騒がれる。しかし、彼らにはアリバイがあり、捜査は難航する。
それぞれの出演者の財布がナレーションを務める形でお話しが進んでいきます。本当の犯人は誰なのか?
なちゅ

なちゅの感想・評価

2.5
凝った演出なのだろうけどそういうのなしでやってたらそれなりに面白そうではある
gonza

gonzaの感想・評価

4.0
WOWOWでやっていたドラマのDVD。何気に仲村トオル好きだし、
大森南朋も出てるんでじゃあみようかと。
原作も宮部みゆきとこれまた好きな作家さんだしね。(あ~でもアナザーヘブンは嫌い)

物語は6章くらいに分かれていて、各章の主人公の財布の目線が語り部として物語は進む。

ある事故が殺人事件と判断されてから、物語は始まる。
進むにつれて事件の関係者が浮き彫りになってゆき、
犯人にたどり着く物語の流れは流暢且つ圧巻!
そして、そこから犯行に及ぶ動機、罠、トリック、
事件に関わった人達が負った不必要な傷などが、膨大なキャストの量で紡がれていく。

いや、これムチャクチャ面白かったです!
追う側の刑事と探偵、協力者の子供や女子大生の犯人を追い詰める為の連携プレーや、
犯人側の歪んだ動機からなる狡猾な心理や、異常な凶行も目を離せませんでした!

ちょと油断しようものなら、置いて行かれて物語を見失う。(笑)

犯人が明らかになる中盤まで鮮やかなロジックで目を奪い、
後半は登場人物たちの切ない心情が明らかになる様は、
なんとも心苦しくもどこか希望を含ませる。

ラストも爽快には程遠いけど、
残された人間達の哀しみを癒すための『まだまだ捜査は続く』的な
希望を匂わせるラストは胸にグッときました。

それにしても西田尚美…可愛すぎるぜッ!(爆)
あみ

あみの感想・評価

3.1
新しい視点で面白かった。
内容を忘れて二度見てしまったが
二回とも楽しく見れた。
人間ドラマと言うのだろうか?

いろんな登場人物が出てくるが演技力なのか演出なのか脚本なのかどうも入り込めない。

それが狙いなのかもしれないがなぜそこを狙ったのかがわからない。

的を外して、そこを狙ったんだという感じ。

長くて眠くなった。
1344本目。原作未読。小説として読めばそれなりにサスペンスがあったんでしょうが、映像化には向かない作品かと感じました。特にラストのすっきりしない感じがピンときません。俳優陣は懐かしいのですが、谷原さんは本人がいい人なのでしょう、裏の怖さがあまり伝わりませんでした。
年代を感じるキャスト。
脇役の俳優陣は今は有名になっている人も多いのでそういった意味では面白いかも。
>|