白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

上映日:2014年03月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    中村義洋
    脚本
    林民夫
    原作
    湊かなえ
    キャスト
    井上真央
    綾野剛
    菜々緒
    金子ノブアキ
    小野恵令奈
    谷村美月
    染谷将太
    蓮佛美沙子
    貫地谷しほり
    生瀬勝久
    秋野暢子
    ダンカン
    TSUKEMEN
    宮地真緒
    朝倉あき
    大東俊介
    あらすじ
    誰もが認める美人OLが惨殺された。この不可解な殺人事件を巡って、一人の女に疑惑の目が集まる。同期入社の地味な女性【城野美姫】。テレビのワイドショー取材により、美姫の同僚・同級生・家族・故郷の人々がさまざまな【噂】を語り始める。過熱するテレビ報道、炎上するネット、噂が噂を呼ぶ口コミの恐怖。果たして彼女は残忍な魔女なのか、それとも…!? 原作は『告白』『北のカナリアたち』と映画化が続く湊かなえによる傑作長編。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』など複雑な物語を巧みに描く名手・中村義洋。映画独自の表現を盛り込み、誰も見たことがない重層的なサスペンスが誕生した。 疑惑を集める主人公【城野美姫】を演じるのは、井上真央。ワイドショーのディレクター【赤星雄治】役に、綾野剛。美姫の後輩で、旧知の赤星に情報を与える【里沙子】役に蓮佛美沙子。謎の死を遂げる美人OL【典子】役に、映画初出演となる菜々緒。さらに、貫地谷しほり、金子ノブアキ、谷村美月、小野恵令奈、染谷将太、生瀬勝久ら、個性溢れる豪華キャストが適材適所に散りばめられた。 膨らむ妄想、ねつ造される記憶、拡散する悪意。動機は嫉妬か?恨みか?凶器は?はたして容疑者【城野美姫】はクロか、シロか!?

    「白ゆき姫殺人事件」に投稿された感想・レビュー

    MA
    MAの感想・レビュー
    2時間
    2.3
    記録
    ポン太
    ポン太の感想・レビュー
    10時間
    2.8
    記録
    MaiTaira
    MaiTairaの感想・レビュー
    21時間
    2.1
    記録
    ごっち
    ごっちの感想・レビュー
    22時間
    3.1
    原作を読んで内容は知っていたため気持ち低め。
    知らなかったらもっと楽しめたと思う!
    井上真央の演技に脱帽です、、
    弓
    の感想・レビュー
    23時間
    3.4
    ラストのアンとダイアナが窓辺で灯火で合図を交換するシーンは原作になかった。あれはいらない。あのシーンをつけることによってほのぼのとした「後味の良い映画」になってしまった。原作はもっと性悪説でありそこが深みがあって良いと思ったのに。残念。
    貫地谷しほりが美少女設定なのも…なんか違う。
    井上真央の演技は素晴らしかった。
    地味な女の表情が巧い。
    とうふ
    とうふの感想・レビュー
    1日
    3.5
    「人の記憶は捏造される」「人は自分の都合の良いようにしか記憶を語らない」という夕子ちゃんの発言が非常に印象に残った作品。
    同じ出来事でも、誰の視点によって語られるかで聞こえ方が大きく変わってくるという事に恐怖を感じる。
    ゆうな
    ゆうなの感想・レビュー
    1日
    2.2
    小説を2時間程の映画にする事に無理があった感。
    謎がたくさん残ったままのエンドに消化不良な気分になった。
    才繰
    才繰の感想・レビュー
    1日
    4.1
    鑑賞記録失礼します。
    >|