スワロウテイルの作品情報・感想・評価・動画配信

スワロウテイル1996年製作の映画)

SWALLOWTAIL BUTTERFLY/燕尾蝶

上映日:1996年09月14日

製作国:

上映時間:149分

3.9

あらすじ

「スワロウテイル」に投稿された感想・評価

T

Tの感想・評価

4.2
まずYen TOWNっていう設定が性癖に刺さってめっちゃひさしぶりに映画観たいと思って観た。戦後の日本のもう一つの形ってのも刺さった。

2時間半本当にあっという間だった、こんなに集中して観たの久しぶりだ。

結構刺激の強いシーンもあったがそれも含めて圧倒された。撮り方とかもすごく良かった。

×→後半少しチンケに感じた

フェイホンが途中で88risingのショーンミヤシロに見えた。
CHARAがめちゃくちゃかわいかった。今も変わらなく可愛いってすげえ演技もうまかった。

あなたはまだ芋虫ね、からアゲハになったよ。とか、フェイホンがアゲハのでかいポスター見た時とかライブハウスでみんなで盛り上がるとことか、リョウリャンキがグリコのことを回想するとことか印象的なシーン挙げたらキリがない。良かった。
アヤノ

アヤノの感想・評価

4.2
なにこれ、めっちゃ好き
ボブ

ボブの感想・評価

4.6
雰囲気が良すぎて気持ち悪い
時代感がすごく良くて、アジアンカオスなちょい現実離れした日本の描写
岩井俊二監督の名作と言われつつも、食わず嫌いをしてましたが観てよかった‼︎
YENTOWNというアーティストの事を調べると必ずスワロウテイルとyentownbandが引っかかってたので知ってたのですが、ここからのサンプリングもあって2倍楽しめました。

汚さ、切なさ、嬉しさが複雑に混ざり合ったアジアカオスな名作
ぺい

ぺいの感想・評価

3.3
期待以上の部分とハズレの部分があったかな。90年代を感じました。charaいいね。
換気

換気の感想・評価

-
設定もキャラクターも見たことない独特な世界観なのに、その世界観がチープに映ることも嘘っぽく見えることもなくイェンタウンをイェンタウンとして作品で表現しきっているからすごい。
90年代の雰囲気や当時の才能の集結がなせる技なのだろうな。

というかこんな時代が日本にあったのか〜
岩井俊二監督の独特の世界観が149分の映像に真空パックにされて25年たってもその世界観と儚さと余韻を鮮やかに共有できてるって最高にエモい。
岩井俊二監督初期の代表作。
英語・中国語・日本語が入り乱れる架空の移民街で巻き起こる物語。
邦画でこの世界観が作れるなんて‼️2020年代の今見ても唯一無二で独特な設定に感動。
そ豪華キャストによって演じられる深堀したくなるようなキャラ達の魅力も爆発。ずっと見ていたい…
わんこ

わんこの感想・評価

3.2
途中、グリコがヘルタースケルターみたいに
なっていくのかななんて考えたけど、
そんなことじゃなく。

スリランカ人の方が最近、入管施設で亡くなった事件を思い出したり。

何より山口智子がイカしてる。
三上博史、渡部篤郎、江口洋介
かっこよくて、若くて、個性的で素晴らしい!!今の若い子たちがみんな同じに見えちゃうおばちゃんとしては、これなのよ!とぐっときてしまいました。
演技のイメージが無いcharaちゃんもとっても上手だったし、伊藤歩も体張ってたし、全ての役者さんが素晴らしかった。
(てかみんな英語・中国語流暢すぎじゃない??)
ずっと気になってた作品やっと観れて感無量
数日はスワロウテイルの世界が頭から離れなかった
ルーツなんて関係ない
イェンタウンに暮らすイェンタウンたちの生き様
>|

あなたにおすすめの記事