大混乱の作品情報・感想・評価・動画配信

「大混乱」に投稿された感想・評価

ar1shi

ar1shiの感想・評価

3.4
ジョンキャンディ見れば見るほど
すっぴんのレベルウィルソンに見えてくる
ジョン・キャンディとダン・エイクロイドによる、どたばた大自然コメディ♪

80年代のゆるっとしたコメディって、いいですよねぇ~

そこへさらに大自然のモフモフ達も加わり、癒し度満点な良作でした☆



シカゴから大自然を満喫にやって来た、チェット(ジョン・キャンディ)と妻と息子2人。

父子の絆を深めるぞ…

と思っていたのに、突然義兄弟のローマン(ダン・エイクロイド)一家がやって来る!

成金で嫌味なローマンのせいで、チェットの眉間のシワは深くなるばかり…

こいつらと1週間も一緒に過ごさなければならないなんて?!



Blow it out your ass !!!!

アライグマ、コウモリ、馬、さらにはでっかい熊♪

色んな動物に癒やされますよ~

アライグマにだけ何故か字幕付き(笑)

CGでも着ぐるみでもない、みんな本物なのが凄い☆
熊なんてもう大迫力!!

そこに長男の初恋、66回雷に打たれたおっさん、3kgステーキチャレンジ、そして大嵐…

と、どたばた要素が加わり、ハッピーエンドで笑顔で終了~

EDは
Land of a thousand dances
Wilson Picket
で、みんなノリノリです( ´∀`)

なんてことないストーリィなのですが、頭を使わずフフッと笑える、良作ゆるコメでした!
犬

犬の感想・評価

3.4
クマ

夏のリゾートキャンプで巻きおこる騒動を描くコメディ映画

父親として

愉快
色んなことがありすぎ

喧騒を離れて
自然がいいですね

アクテビティもあり

2人が面白い
あと子どもたちも良かった
アライグマ笑
Nina

Ninaの感想・評価

-
ダンエイクロイドとジョンキャンディの神共演、しかもジョンヒューズが脚本した作品!!!
やっぱり80年代のドタバタコメディは最高ですな!
長男くんと女の子の恋はいちいちキュンキュンしてました笑 てか一番気になるので二人だけのストーリーが観たいぃいいというのが本音
にしてもめちゃくちゃ面白かった〜
今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
レンタル屋で『大逆転』の隣に並んでおり、ジョン・ヒューズ × ダン・エイクロイドということで鑑賞。

個人的にはこちらの方が好み。
ドタバタあり、甘酸っぱい青春あり、親父の頑張りあり、家族の絆ありなのに、詰め込み過ぎず、飽きさせず。
特にJ. ヒューズ絡みの “一夏の恋” が、良いアクセントになっていた。

そして本作の舞台はキャンプ場。
動物にマリンスポーツ、釣りにゴルフ、バーベキューと、アウトドアという無限の引き出し × ジョン・キャンディというある意味兵器の破壊力はズルい笑
ご機嫌な「Land of 1000 Dances」も後味の良さに磨きをかける。

終盤、急にモンスター・パニック映画になるけど、これも中々よくできてる。クマ、禿げてるけど笑
しかもあの作り物感 “丸出し” の尻と泣き声で、笑わない人がいるのだろうか笑

D.エイクロイドの『大逆転』、J.キャンディの『大災難P.T.A.』の流れを踏んだだけの、この時代お得意の適当な邦題も愛おしい。
『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』、『恋しくて』のジョン・ヒューズ脚本、ハワード・ドゥイッチ監督による、ゆるーいコメディ映画。
お人よしのチェット・リプリー(ジョン・キャンディ)と攻撃的な義理の兄、ローマン・グレイク(ダン・エクロイド)、この対照的な二人のやりとりはまあまあ面白い。並行してチェットの長男の恋愛模様が描かれるのも悪くない。クライマックスではローマンが実は仕事で失敗してドン底であることがわかったり、嵐の中、 ローマンの双子の姉妹が行方不明になったり、大熊が現れたりと盛り上げてもくれる。それに安っぽいドタバタギャグを繰り返しながらもしっかりと「家族の絆の大切さ」を訴えているのはさすがだ。
決してお薦めはしないけど、TVでやっていたら観てみるのもいいだろう。家族や親せきと親しい方なら少しだけ心に沁みることと思う。
ジョン・ヒューズ監督作品祭り。またまたジョン・キャンディ主演。

多忙な大都会の喧噪から逃れるべく、湖畔キャンプで夏のリゾートを満喫しようと、自動車部品セールスマンのチェットとその家族はカナダまでやって来るが、そこに招いてもいない義理の兄弟ローマンの一家が突然現れる。とにかく調子が良く、悪ふざけが大好きなローマンたちのせいで次第にチェットのフラストレーションは最高潮になり...。

またまたヒューズ監督らしい、ザ・アメリカンなコメディでした。ジョン・キャンディと、ダン・エイクロイドという80年代を代表する大柄コメディアンコンビが、それぞれの一家の大黒柱を好演。
まるで『トムとジェリー』のようなドタバタ喧嘩が、美しい湖沿いのキャンプ地で繰り広げられます。
時折、チェットの息子の恋愛模様が挟まったり、同じく結構ブッ飛んだ奥さんたちのシーンもあったり。ダン・エイクロイド扮するローマンの奥さん役は、なんと大女優アネット・ベニングが演じていて、めちゃめちゃ若くて可愛らしい!!

笑える場面は多々ありつつ、個人的には何回も登場するアライグマのシーンがツボでした(笑)。アライグマ語で人間たちをディスり、出てくるたびに人を小馬鹿にしたような笑えるBGMが流れるのが何回も続くのが最高でした!!
ジョンヒューズ脚本のパパvsパパ的なものだが、キャラクターも普通にむかつくやついるしギャグもそこまで面白くなく割と退屈だったが1個良かったのがあった。

ジョンキャンディ側の息子の恋物語がなんか良かった。相手の【ちょっとツッパってる女の子】もとても可愛いし2人とも純粋な感じが溢れてて良かった。正直ニヤけた。この2人には上手くいってほしい。この2人で1本見たい。(あ、プリティインピンクの監督だからここ最高なのか。)

ああとラストの熊は映像すごかった。ここも良かった。
琉太

琉太の感想・評価

3.5
ダンエイクロイドとジョンキャンディ共演とくればコテコテのアメリカンB級コメディ確定です。馬鹿馬鹿しさを笑い飛ばして終わるストレス発散映画です
>|