オールド・ドッグの作品情報・感想・評価・動画配信

「オールド・ドッグ」に投稿された感想・評価

親友であり、敏腕ビジネスマンである年配おじさん二人組が突如子守りをすることに。

かたや遊び人、かたや子供嫌い。

はたして、良いパパと良い叔父さんになれるのか?

トラボルタの部屋、クセが強い(笑)

困った時、ナチュラルに助けを求められる友達がいるって素敵よね。
腐れ縁っていいなぁと思わせてくれる映画だった。
コメディだからいいけど、現実だとゾッとすることもちらほら…。
日焼けはダメよ、ファイナルデッド系列になってしまう(笑)

ロビン・ウィリアムズはさすがに手慣れてる感あったけど、トラボルタはこういうノリ新鮮味あって良かったな。
ニヤっとしてしまう部分は多かったけど、ジョーカーばりの魅力的スマイルに吹き出したわ(笑)
そこそこ面白かったです
フルハウスのレベッカが出てました
懐かしい気持ちになりました
ジョン・トラボルタのあの笑顔最高です
ジョン・トラボルタもこういう作品に出演するとはね。

ロビン・ウィリアムズと子供と犬が出てくる映画なら悪いことは起こらない。ドタバタコメディでほっこりするはず。

トラボルタの実の奥さんケリー・プレストンがお亡くなりに。シュワちゃんの「ツインズ」とか。ご冥福をお祈りします。
ろっち

ろっちの感想・評価

3.6
仕事か子供か?の話
ダンとチャーリー。親友で共同経営者。日本企業と契約を結ぶ大チャンスの中、過去に関係を持った女性ヴィッキーが現れる。何とダンのとの間に双子がいて、色々あって(笑)2週間、預かる事になってしまう。忙しい仕事の中、子供が苦手なダンは?……ってあらすじ。
終始感じるディズニーっぽさ、深刻にならないトラブル、子供でも分かる演出でのドタバタコメディ。最後はほっこり。ファミリーコメディはこうじゃないとね。な作品でした。
まぁ多くは語るまい(笑)
kazuya

kazuyaの感想・評価

3.0

割と楽しめた。

ディズニーが関わっているからかコメディにしては下ネタなどがなく家族で安心して観れるタイプの作品。ただ、映画としてみるとそこら辺のパンチがないので少し退屈。
おの

おのの感想・評価

2.5
ほっこりする家族愛のお話。ディズニーものなのにあまり面白くない。日本人が取り引き役として出てくるのだけどとにかく全員頭弱い感じになってるのが悲しい。唯一ロビン・ウィリアムズのお茶目な演技は安定してるし素敵。
こるり

こるりの感想・評価

1.0
一時期流行った「実は子供がいた」という話。今観ると珍しさはない。いきすぎ、やりすぎ、すべてに大袈裟。マット・ディロンはボーイスカウトのリーダー役。
ジョントラボルタとロビンウィリアムズでもってるだけ!?

トラボルタとウィリアムズがとぼけた仲良しおじさん役のコメディ。

いくらディズニーだからって無難にまとめようとしたとしても、お話が陳腐すぎて退屈。

仕事より家族ってことがいいたいのはわかる。

トラボルタの顔筋ひきつりは笑えたものの、
その他はスベッてる感じがする。

2大俳優主演だからとりあえず最後まで観たものの、ハズレだったな。
昔の覚え書きです。

劇場未公開作品ってだけあってか、まぁ在り来りなストーリーで、そんなにコメディ部分も面白いってわけではなかったけどこんなもんでしょって感じでした笑

出演者的に期待してましたけど、う~ん…全く面白くないわけではないかな笑
ChieP

ChiePの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ロビン・ウィリアムズ&ジョン・トラボルタなので観てみた。
中年男2人組が、双子の子供を
面倒をみる話。
コメディ映画なんだけど。。
日サロで閉じ込められて真っ黒焦げ
とか、薬がすり替わってて副作用とか
手タレの友人の「手」に重傷
負わせちゃうとか。
笑えないんですけどーー(|| ゚Д゚)

パパ奮闘。家族大事。って所は
好感でした。日本の企業との
仕事で取り引き、、も面白く。
最後に「後日談」みたいなオマケ
がついてたのが良かった◎
ディズニー映画だったのは
見終わってから気づいた(^ー^;)

フリーやブライアンアダムスなど。
音楽がイイね♪
>|