木更津キャッツアイ ワールドシリーズの作品情報・感想・評価

「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」に投稿された感想・評価

ワールドシリーズは少し落ちたかな?
キル・ビル栗山千明が味変でしたが、それくらいが変わり種じゃ前作落ちやむ無し。
酒井若菜❤️
映画だけ見てハマったから見た二作目。
割と蛇足だった。

ラスト、ちょっと主人公がかわいそうだった。そんな皆で言わなくてもさあ…
まあ蛇足だった。

このレビューはネタバレを含みます

親子の関係って人それぞれで、
一見歪に見えても当人たちが分かり合えてるならそれでいいんやな
と思わされたけど決してそれは主軸じゃない気がする。
ぶっさんだけ22才のまま。
ばいばいを言いに来たんだね。
寂しい気持ちになっちったよ、ぶっさん。。

オジーが試合に出て、しかもホームラン❣️うれしかった。

ぶっさんも結婚していて、よかった。
おハム

おハムの感想・評価

4.5
日本シリーズがハチャメチャすぎてあまり好みでは無かったので期待値を下げていたが今作は思いの外ちゃんと面白かった。
ゾンビが登場するなど前作と変わらずハチャメチャをやっているが、許容範囲内だったと思う。

テレビシリーズに引き続きギャグと切なさのバランスが良い。テレビシリーズの「余命半年」という切なさ要素が今作では「別れ」に代わる。
大人になったキャッツアイメンバーと22歳のまま時が止まっているぶっさんとの別れが人気シリーズの完結編というメタ要素と重なり、グッとくる。
「シーサイドばいばい」、良曲です。

キャッツアイメンバーのわちゃわちゃ感など、オタクなら絶対好きだろうな〜という感じのドラマでしたし実際オタクなので好きでした。観て良かった。
nemui

nemuiの感想・評価

4.0
泣いた。終わっちゃった、、、。エモすぎだろ。今の私と同い年なの胸熱
キヨ

キヨの感想・評価

4.3
久々にまたみたけどやっぱりクドカンは天才だし木更津キャッツアイは不滅
木更津キャッツアイシリーズ最終章。笑いあり涙ありだけども、あの頃みんな大人に見えたのにキャラクター設定年齢が今の自分と同じことにゾッとした
seri

seriの感想・評価

2.5
宮藤官九郎脚本の大人気ドラマシリーズ劇場版第二作
前作と同じくドラマシリーズから考えると若干失速気味
挿入歌で使われる元KICKのMCUが手掛けている楽曲が当時の中学校で大流行しました、やっさいもっさい
こちらも、日本シリーズと一緒に何十回と見てる。ぼくの体が!ぼくの体が!はしじゅん、魅力的!
>|