劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。の作品情報・感想・評価

「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」に投稿された感想・評価

Shin

Shinの感想・評価

3.6
きっと何年経っても夏の終わりには観たくなるしラストシーンで涙を流してしまう
ARATAKI

ARATAKIの感想・評価

3.6
アニメファンなので完全に贔屓目だけど、やっぱり泣けちゃう。三度目でも。

めんまが可愛すぎて。。

映画だけでなくアニメも見て欲しい!作品。
みー

みーの感想・評価

3.5
もういいかーい

まーだだよ

知り合いからコレはやばいから観て!と言われて、まーそこまで言うなら…とTV版を借りてきて観てみたら…
本当にやば過ぎる。・゜・(ノД`)・゜・。

後にも先にもこんなに泣いたアニメはないですw

この劇場版も悪くはないですが、ほぼTV版のダイジェストなのでTV版を観た人は物足りなく感じたと思います。

スコアはTV版は5.0★w

小学生の頃に事故で亡くなってしまった、めんまが高校生に成長した4人の前に幽霊となって突然現れて彼女自身もなぜこのタイミングなのかわからない。事故をきっかけに心に傷を負った4人のめんまに対するそれぞれの思い…めんまの心残りとは…

めんまだけでなく4人のストーリーも凄くイイのでぜひTV版を観てほしいです。

あとやっぱりこのアニメは歌がイイ☆
ZONEのsecret base〜君がくれた物〜をこのアニメの声優さん達がカバーしたものが使われているんですが…歌詞がストーリーと合いすぎてもう…涙腺崩壊ヽ(;▽;)ノ

最終回は始まってからずっと泣いてましたw

超平和バスターズはずっと仲良し☆

このレビューはネタバレを含みます

「風立ちぬ」より断然面白くて、感動する。なんで話題作ではないのか不思議なくらい。

この作品の登場人物「めんま」、彼女の生前の願いを叶えるために主人公の男の子とその友達のグループ「超平和バスターズ」が様々な行動を起こしていくんだけど…。めんまの「願い」、これは観客の誰にも予想つかないと思う。でも終わってみると「これしかない」という気分になる。で、それを頭に入れてもう一度最初のシーンから観ると…もう涙が止まらなくなる。

超平和バスターズのメンバーそれぞれの視点を通じて、「友情とは何か?」、「思い遣りとは何か?」を上手く描いてる。一番印象に残っているのは、めんまの台詞「『のけもの』と『外国人』は同じ意味」。自覚してなくても相手を傷つけていること、結構あるよな…と考えさせられた。

ラストでそれぞれのメンバーの「止まっていた時間」が動き出す瞬間は、今年の、いや日本の映画の歴史に残る名シーンだと思う。
オタキ

オタキの感想・評価

3.3
総集編に少しシーンを足した感じ
これだったらアニメだけでも十分だったなあと思った
ただ、大画面大音量でedが流れたときに泣いた
青春❣めんまかわゆし(-´∀`-)
涙腺壊れるぅ~感動です❣

このレビューはネタバレを含みます

岡田麿里さんが脚本だと誰か死ぬんじゃ無いかととてもハラハラしましたがそんなことなかったです。
キャラの成長した姿や、あのときと今を対比させながらメンマへの変わらない思い、今だから言えることは、視聴していて重なるところが多く、グッときて涙が出ました。
アニメのダイジェスト+α
9割ダイジェスト

アニメ観てない人には良いかもしれないけど、アニメ経由しないで映画観る人いるかな…
TV シリーズ未視聴です。期待の割に拍子抜けでした。感動したシーンの暴力の様。目頭が熱くなるタイミングで、感動話の数々に畳み掛けられた。ストーリーを理解するのに必死で泪が引いてしまった。
テレビシリーズ見ようかな。
844

844の感想・評価

3.5
この映画をどっかで見てあれなんだったんだろうって探してて見っけたやつ。
死んだ女の子と同級生の話
女装
>|